f0374041_10562252.jpg



大山崎山荘美術館



「谷崎潤一郎文学の着物」はアンティーク着物だけではありません。
小説の挿絵をもとに再現された着物もあります。
『細雪』のために小倉遊亀が描いた着物はもみじの絵柄。
帯には さみどりの蝶々が飛んでいます。

This exhibition includes the reproduced kimono also
based on novels of Junichiro Tanizaki or their illustrations.
For example, the below kimono and obi sash
were born from this illustration by Yuki Ogura
for The Makioka Sisters of Junichiro Tanizaki.



f0374041_10524632.jpg


展覧会図録より


こちらは、谷崎の『夏菊』そのままの昭和初期の着物です。
菊五郎演出の「保名」の菜の花から思いついて
小説のヒロインが画家に特別注文した、春の訪問着。
このアンティーク着物の持ち主は
歌舞伎ファンだったのか、文学少女だったのか…

Here is kimono in the early Showa period
that might have been inspired by the kabuki at that time or
by Tanizaki's novel whose heroine ordered an original kimono
with mustard flower pattern after having seen the above kabuki.


f0374041_15165733.jpg




蝶の帯や蝶の着物に見とれて庭へ出れば、
おや、山茶花にも蝶がとまっていました。

We found a butterfly on a sasanqua camellia
just like the one on the above kimono.


f0374041_15034648.jpg




谷崎が撮影した、妻松子のポートレートが忘れられません。
蘭(ろう)たけた美女とは、こういう人を指すのでしょう。

「眼でも、鼻でも、口でも、うすものを一枚かぶったようにぼやけていて(…)
じいっとみているとこっちの眼のまえがもやもやと翳ってくるようで
その人の身のまわりにだけ霞がたなびいているようにおもえる(…)」
― 谷崎潤一郎『蘆刈』

Here is a portrait photograph of Junichiro Tanizaki's wife
taken by the writer himself. How graceful and refined !



f0374041_15173441.jpg




この展覧会は12月2日で終わりましたが
まもなく櫛とかんざしの展覧会が始まります。
優雅な喫茶室でいただいた、作家好みのモカ・ロール。
テラスに出れば、『蘆刈』に綴られた山崎の風景がひろがります。

A mocha roll is the original cake for this exhibition.
The author liked this type of cake in the Showa period.


f0374041_10462511.jpg




明治時代以降、化学染料が普及しました
The chemical dyes have become popular since the Meiji period.
The mauvaine was discovered by William Perkin (1838–1907).





モガといふ言葉も知らぬヒロインにぴつたりもつちりモカ・ロールかな

a mocha roll
reminds me of a heroine
of his novel
who was a forerunner of
the "moga (modern girl) "


f0374041_10421859.jpg




f0374041_10445543.jpg














































またの名は“スイス・ロール”(Swiss roll)

(All Rights Reserved)

色とりどりの紅葉&お気に入り秋ショット2018!




by snowdrop-uta | 2018-12-10 15:45 | 本棚から(book) | Comments(7)

f0374041_10273122.jpg

大山崎山荘美術館


マッサンこと竹鶴正孝はNHKドラマ(2014年後期)の主人公。
このマッサンとおなじくヨーロッパに遊学して帰国後山崎に住み、
マッサンによるニッカヰスキー創業に参画した人物がいます。
実業家、加賀正太郎(1888-1954)。彼の別荘が大山崎山荘です。
加賀は晩年、ニッカヰスキー社の株を
朝日麦酒株式会社(アサヒビール株式会社)の社長に託しました。
この縁から、アサヒビール大山崎山荘美術館が誕生しました。
ウィスキーとビール、二つの琥珀の夢が一つになりました。

Snowdrop and her friend visited Asahi Beer Oyamazaki Villa Museum.
Here is the history of the museum in English →



f0374041_17190015.jpg

「マッサン 鳥居 琥珀の夢」の画像検索結果


山本耕史演じる「マッサン」も登場(左)(google search)


なお、テレビ東京系の4Kドラマ「琥珀の夢」の主人公のモデルは、
寿屋(サントリーウィスキー)創業者の鳥井信治郎です。原作の
伊集院静『琥珀の夢 小説 鳥井信治郎』は日本経済新聞に連載されました。

Amber Dream is the title of the TV drama in 2018
whose original is a serial story in NIKKEI.



f0374041_10520162.jpg




大山崎山荘美術館を久しぶりに訪ねました。お目当てはアンティーク着物の展覧会です。
着物姿の観客もちらほら。ミレーの「落穂ひろい」の帯を締めた女性も!(写真は無し)

We enjoyed the exhibition of kimono
in the novels of Junichiro Tanizaki.
There were several visitors in kimono.
(e.g. obi-sash with Millet's Gleaning-design! no photo…)



f0374041_10261118.jpg




美術館というより、山荘の紅葉の宴に招待された気分です。
加賀正太郎はウィンザー城を訪れた際に眺めたテムズ川を偲び、
木津、宇治、桂の三川が合流する大山崎に土地を求め、1912年に着工。
二度の工事を経て、完成したのは1932年頃とされます。

木骨を見せるハーフティンバー方式、イギリスでもよく見かけました。

We felt as if we had visited a villa in Tudor style rather than a museum.
(My friend and I have traveled in England and Scotland in 1990s.)

On the architecture of the museum →


「ももさへづり チェルトナム村」の画像検索結果


ロンドン近郊、チェルトナム村の木組の家(Cheltenham, England, 1997)



こちらは庭園から見た山荘です。
広い庭に紅葉があふれ、オブジェが置かれて、野外美術館の趣きです。

The villa seen from the garden.
The garden is like an open-air museum.


f0374041_10350466.jpg



バリー・フラナガン《ボールをつかむ鉤爪(かぎづめ)の上の野兎》
Barry Flanagan “Hare on Ball and Claw”


f0374041_10412068.jpg



フランソワ=グザヴィエ・ラランヌ《新しい羊たち》
François-Xavier Lalanne “Les Nouveaux Moutons”



f0374041_10385602.jpg




邸内からは、秀吉が一夜で建てたという宝積寺三重塔が見えます。
そして、広々としたテラス!
木津、宇治、桂の三川が合流する山崎の大パノラマを一望できます。
気分は山荘の招待客から、陣を構える戦国武将へ!

From the inside of the villa, you see
the pagoda of Hoshaku-ji Temple related to Toyotomi Hideyoshi.
And from the wide terrace, you enjoy
the panorama of Yamazaki where three rivers join.
We now feel as if we had been samurai taking up our positions!


f0374041_10425601.jpg




はるか背割の堤に並んだ桜紅葉が見えるでしょうか。
今年の台風で倒れた木もあるそうですが…
手前に広がるのは山荘の庭園の紅葉です。
どこにピントと色を合わせたらいいか、迷ってしまいますね!

Here is a scarlet panorama…

f0374041_10433816.jpg




この眺めが楽しめるテラス席の佇まいとお菓子、そして
展覧会の着物については12月10日にお話しします。
安藤忠雄設計の「夢の箱」(新棟)はこの記事の中ほどに。↓




(To be continued)

(All Rights Reserved)

色とりどりの紅葉&お気に入り秋ショット2018!








by snowdrop-uta | 2018-12-06 20:03 | 美術に寄す(fine art) | Comments(2)

f0374041_11082252.jpg


Bokusui's Love by Machi Tawara
Wakayama Bokusui is a tanka poet (wiki)


白鳥(しらとり)は哀しからずや空の青海のあをにも染まずただよふ 若山牧水


この短歌を翻訳するとき、まず迷うのは「白鳥」が単数形か複数形か、という問題である。
『近現代短歌アンソロジー』(仏語短歌出版、佐佐木幸綱序文)では、仏訳、英訳ともに単数形になっている。

Those who translate the below tanka must consider first whether "a white bird" or "white birds".
Both French and English translations use the plural form (Anthologie de tanka japonais modernes).



f0374041_11123188.jpg

Anthologie de tanka japonais modernes / An anthology of modern Japanese tanka



けれども、俵万智はなんとなく二、三羽であると感じていたという。
彼女の恩師、佐佐木幸綱も講義のなかで、一羽ではむしろ端的すぎる、
牧水の孤独はカオスを持った猥雑なもので、二、三羽いた方が牧水らしいと述べた。

But the author had felt in her school days that Bokusui sang a few birds.
Her professor Yukitsuna Sasaki also interpreted in his lecture that
Bokusui's solitude includes vulgar chaos and a few birds fit this tanka.



f0374041_11090592.jpg





『牧水の恋』の表紙には白い鳥が二羽が描かれている。まるで牧水とその恋人のような番(つがい)の鳥。
けれど、裏表紙を見ればもう一羽…この恋は三角関係であった。いや、正しくは四角関係であったのだ。

Two white birds are seen on the front cover of this book like Bokusui and his lover.
But there is another bird on the back cover…Bokusui's love was a love triangle or quadrangle.



f0374041_09532939.jpg





なお、この「白鳥」は「はくちょう」とは限らない。
雑誌発表時には「はくてう」というルビが打たれていたが、
これは活版印刷の活字上のミスで、後に「しらとり」と改められたという。
表紙の絵の鳥も、白鳥よりはユリカモメのように見える。

The white birds are not necessarily swans. The illustrated birds look like hooded gulls.



c0345705_10173291.jpg


狩野山雪筆「雪汀小禽図屏風」のユリカモメ*hooded gulls painted by Kano Sansetsu


鳥の目は下から閉ぢる大粒の涙をまぶたに閉ぢこめるため (2015年)

Les yeux d’ oiseau ferment de bas,
c’est pour enfermer de grosses larmes dans les paupières.




f0374041_14532218.jpg

同上 * idem.



「染まずただよふ」というゆったり感は、飛んでいる鳥というより
海に浮かぶ鳥を眺めている感じである、と佐佐木幸綱は説く。
けれども、牧水の気性やこの恋の顛末といった背景知識のない読者は
むしろ一羽の鳥の飛翔をイメージするのではなかろうか。
とりわけ若人は、孤高 ― 孤独なる高み ― にあこがれるものだから。

According to the professor, Yukitsuna Sasaki,
the depiction "float(s) without being dyed" suggests
the bird(s) floating on the sea rather than the flying bird(s).
But a reader who has no background knowledge of Bokusui's character and of his love
might imagine a single flying bird.
Especially a young reader, who often longs for the solitude and aloofness.



c0345705_04583874.jpg


礼文島のカモメ(2014年)


時間には「クロノス時間」と「カイロス時間」があるという。
前者は直線的に流れる客観的時間、後者はときにたゆたい、ときに瞬間的な主観的時間。
この短歌にながれている時間は、じつはカイロス時間ではないだろうか。
飛んでいる白い鳥は、見る者の心の中でたゆたい、その一瞬は永遠に静止する。
まるで一葉の写真のように。あるいは連続イメージのフィルムのように。

It is said that there are two kinds of times: the Chronos time and the Kairos time.
While the former is objective and linear, the latter subjective and sometimes momentary.
I think this tanka is in the Kairos time. In a reader's mind,
a moment of a flying white bird can be cut and rest eternally like a photograph.




f0374041_14251518.jpg




といふ時の襲(かさね)をまとふとき夕べはやきを人はとまどふ

en mettant
la gradation du temps de l' automne
on est embarrassé
par les crépuscules si courts



f0374041_14384825.jpg





もっとも佐佐木幸綱は、孤独な白い鳥に憧れる若人の心を承知していて
逆説によって学生たちに揺さぶりをかけたのかもしれない。そして
俵万智はやわらかで鋭い鑑賞眼をそなえた女子大生だったのだろう。

Yukitsuna Sasaki knew the young mind's preference for the solitary white bird
and might have tried to upset them by his paradox.
And his pupil, Machi Tawara must have been a university student with a flexible way of thinking.


青つながりのおまけ * Blue Bonus in my archives


c0345705_16515277.jpg





みづうみの光あつめて白鳥は空のかなたの星とかがやく☆彡

gathering
sparkling lihgts on a lake
a white bird
change to a star
in a distance

みづうみの光あつめて白鳥はまひるの空の星となるらむ


f0374041_20100914.jpg





























フィンランドの紙幣とフィヨルド(1997年)


(All Rights Reserved)


色とりどりの紅葉&お気に入り秋ショット2018!
















by snowdrop-uta | 2018-11-25 17:07 | 本棚から(book) | Comments(9)

f0374041_14323995.jpg





永田のイラストで飾られた電車を見つけたのは青楓の季節でした。
これぞ本物の「
車」!おそらく京都方面行きだったのでしょうね。
あっというまに日は過ぎて……また紅葉の季節がめぐってきました。

I have seen a train decorated by the illustration of Moe Nagata in May.
It might be bound for Kyoto, the best-known maple leaves viewing spot.





f0374041_18005895.jpg



























うすもみぢの反物ひろげ神無月いづこにゐます吾が竜田姫

octobre,
le mois quand les dieux sont absents

il déroule kimono
de feuilles vertes et rouges
où est tu, ma Princesse Tatsuta?



f0374041_14402493.jpg



























永田萌は学生時代に京都で友禅染のアルバイトをしていて
職人を目指さないか、と誘われたことがあるとか。
むかし、原画展を見たことが一度だけあります。
印刷される前のいっそう繊細な色づかい、みずみずしく丁寧なタッチ。
友禅染職人さんに嘱望されたのも頷けます。

One of the most popular illustrator Moe Nagata
has been scouted for a yūzen artisan in her youth.
I have seen once an exhibition of her original illustrations.
Far more fine colours and fresh brushwork than the printed ones' !
That yūzen artisan had an eye for the talented young painter!



f0374041_14492824.jpg




真ん中の一枚が、原画展で選んだポストカード。
渋い色調と絶妙なかすれが日本の秋を思わせます。
次は、まばゆいばかりのスウェーデンの黄葉の秋。
(北欧でこんな日は少ないでしょうけれど…)
永田萌はエッセイの名手でもあります。


I chose the above postcard in her exhibition.
The cool green tone represents Japanese autumn.
The below pages show us golden Swedish autumn.
Such a sunny autumn day is rare there, isn't it?


f0374041_14503833.jpg



Moe 1987年11月号

pippipippipippipippiPippiLångstrump




永田萌の絵が愛されるのは、何十年描き続けても
まっさらの感動が絵筆にこめられているからだと思います。
たとえば、空のスケッチ。
こんな何気ない空の表情を、あふれるような喜びで描くことは、或いは
写真に撮ることは、年を重ねるほど意義深いことだと思うのです…

The illustration of Nagata Moe has been always filled with
the fresh excitement like that of children who has just begun painting.
For example, these beautiful sky sketches.



f0374041_15035663.jpg


Moe 1992年8月号



おまけ * Moe 1992年8月号に、東直子さんの投歌を見つけました。
東さんは現在、小説『とりつくしま』でも知られる第一線の歌人です。


雨のつぶ 光のつぶで刹那つぶ  傘さして行く傘さして来る  東 直子

raindrops lightdrops and momentdrops
going under an umbrella and coming under an umbrella
Higashi Naoko(Moe, August in 1992)
trans. by snowdrop


f0374041_14375539.jpg



もひとつ、おまけ * Bonus

自室のオーディオセットのスペースには
18才の誕生日に友達から贈られた永田萌の絵皿が…
いちばん下のFMチューナーは昭和40年代のPIONEER製です。

Do you find a dish illustrated by Moe Nagata?
Three friends gave me this as a gift for my eighteenth birthday.
And Wedgwood blue clock which has been discontinued in humid Japan…



f0374041_09553116.jpg





秋色の絵皿をくれし友の母へあした供へむ菊屋のお菓子



(google search)      (万聖節~万霊節の菊、2009年)


「tutti santi」の画像検索結果Img_0680_596x800_2


万聖(霊)節のヴァカンスは日本のお盆休みにあたります。

色とりどりの紅葉&お気に入り秋ショット2018!


(All Rights Reserved)









by snowdrop-uta | 2018-11-01 18:01 | イラスト(illustration) | Comments(13)

初冬の竜田川は、青と白の片身替りの着物のよう。紅葉を挿頭(かざし、かんざし)にした竜田姫をイメージして…

La Tatsuta d' hiver est comme kimono en deux tons. Portant une tiare de feuilles rouges, Princesse Tatsuta danse.



f0374041_10465367.jpg




みづいろと薄墨の襟乱しつつ紅葉の川を舞ふ竜田姫


「宮原 知子」の画像検索結果

宮原知子選手のコスチュームも片身替りのデザインです* MIYAHARA Satoko (NHK Trophy*11,11)(google search)



散紅葉にはまだ早い霜月下旬。紅葉を仰ぐ川がきらめく光で落葉を誘っている気がした。

Vers la fin du mois de novermbe, la Tatsuta argentée, elle séduisait des feuilles rouges vers l' eau, vers l' abîme, vers Cotito?....



f0374041_10502112.jpg




くれなゐを見上ぐる銀の水鏡ひかりの綾で落葉(らくえふ)さそふ



silver water mirror

looking up the red leaves

with his glittering pattern,
dazzling twill weave,

lures them into the abyss




f0374041_10481474.jpg


あら美しや色々の紅葉襲(がさね)の薄氷 渡らば 紅葉も氷も 重ねて中絶ゆべしや(能「龍田」より)



紅葉(もみぢば)()ふる川面は水銀(みづかね)のひかりの綾で奈落へさそふ



f0374041_17260896.jpg


しづく紅葉(生駒)


露に濡れた紅葉を、竜田姫の挿頭(かざし、かんざし)に見立てた和歌を見つけた。


竜田姫かざしの玉の緒をよわみ乱れにけりと見ゆる白露 藤原清輔



(『千載和歌集』所収。後白河院が藤原俊成に編ませた和歌集)



a0332314_16343810.jpg

竜田姫*『能 花の風姿』 三一書房


Dscn0204_2Dscn0208_3
稚児装束の天冠(1970年代)

かんむりは重たし口紅ここち悪(あ)竜田姫児(ひめこ)の鬱憂なる日
the crown is heavy the rouge is unpleasant…  it was a melanholic day in September,1970s for Little Princess Tatsuta(?)



竜田川の光紅葉をもう一度…霜の朝、赤く染まった童の手のひらのよう。あるいは、稚児装束の童の口紅のよう。

Des feuilles rouges de Tatsuta, elles sont comme la gelure aux mains d' enfants, ou la rouge à lèvres d' enfant en costume de chigo…elle n' aime pas le rouge!


f0374041_10583182.jpg

(All Rights Reserved)


竜田姫と竜田川について知りたい方はこちらへどうぞ。↓




きれいな紅葉、黄葉への扉…

色とりどりの秋!お気に入りの紅葉ショット!with ことりっぷ#紅葉と実り












by snowdrop-uta | 2017-11-30 20:35 | 花草木に寄す(plant) | Comments(7)


a0332314_10230324.jpg



(右)が晴れると むら紅葉(左)が見えてきます。

brouillard matinal (droit)  *** érable tachetée (gauche)



Img_1676


朝霧(2015年、2017年11月27日)
brume matinale (le 27 nov.)

a0332314_07073669.jpg




ふぢいろさみどりにじむ朝霧はまひるのひかりのをもたらす

le brouillard matinal

couleur de glycine et vert clair,

il apportera

la lumière d’or
de la journée



f0374041_10594897.jpg



(All Rights Reserved)





by snowdrop-uta | 2017-11-27 15:00 | 四季の食卓(table) | Comments(7)

f0374041_16561560.jpg




風の木が結婚式をあげていた小(さ)枝が受ける
果実のリング

楓(ふう)の木の華燭の典に立ちあへり風に震へる実りの指環


j' assistait
au mariage de
Liquidambar formosana
dont la bague de fruit
tremblait dans le vent



f0374041_16583504.jpg


唐楓(三角葉楓)の実



雪白のレエスのカーテンかむるだけで幼ごころは花嫁となる


seulement portant
une voile blanche
de rideau en dentelle
une fillette se transforme
en une mariée blanche




a0332314_10082535.jpg


1960-70年代の結婚式(右は『須賀敦子 霧のむこうに』より)snowdrop ou SUGA Atsuko au mariage 
(1960-70s)


f0374041_14535418.jpg


のような花嫁 * 池の楓(かえで)の木の下で
une épousée comme un aigrette au bord d' Etang d' Aigrette


おまけ*初夏のかえでの実(種)

bonus * maple seeds (May in 2017)



c0345705_20502944.jpg

(All Rights Reserved)




by snowdrop-uta | 2017-11-25 20:35 | 奈良めぐり(Nara) | Comments(4)

しずく紅葉はsnowdropのこさえた言葉です。

La goutte-feuille d' automne (raindrop-maple-leave), elle est un mot nouveau par snowdrop.


f0374041_16594125.jpg





遠い日の少女の涙のひとしずく秋の光にあずけてみたら…


とほき日のをとめのひとしづく秋のひかりに消なば消えまし

(
)




f0374041_16591541.jpg




une larme
d' une fillette
d' autrefois
laissée à la lumière d'automne
à s'évaporer



「竹久 夢 二 立田姫 pinterest」の画像検索結果

竹久夢二の立田姫(竜田姫)(pinterest)

Princess Tatsuta by TAKEHISA Yumeji

(All Rights Reserved)





by snowdrop-uta | 2017-11-19 17:37 | 鳥獣虫魚に寄す(animal) | Comments(10)

f0374041_14523556.jpg






みどり葉をほんのり染めて薄もみじルージュをきらう少女のように




さみどりの ほのかに匂ふ うす紅葉 くれなゐ厭ふ をとめのや
うに






f0374041_14521563.jpg



des feuilles vertes
teintées rouge
comme des jeunes filles
qui n
aiment pas
le rouge à lèvres



「能 龍田 面」の画像検索結果

龍田姫(google search)
Bonus Princess Tatsuta
Illustration of Elsa Bescow

「elsa beskow autumn pinterest」の画像検索結果

 (pinterest×2)

「シャルロット  アンテノール」の画像検索結果

シャルロットは「帽子」を意味します。
La charlotte, ça veut dire le chapeau.

(All Rights Reserved)






by snowdrop-uta | 2017-11-14 05:21 | 花草木に寄す(plant) | Comments(9)

f0374041_10403974.jpg


幼くして亡くなった秀吉の愛児のために建てられたお寺に、美しい紅葉の絵があります。描いたのは長谷川等伯。この絵をなつかしみ、訪ねてみると、絵から抜け出てきたような薄紅葉が迎えてくれました。


In the temple for praying for the peace of TOYOTOMI Hideyoshi’ s child who died at the age of three, there is a beautiful painting of a maple tree. HASEGAWA T
ōhaku painted it. I visited Chishakuin Temple in order to see the painting for the first time in several years, when slightly-tinted maple leaves greeted me like the ones in the painting.



f0374041_10421780.jpg


f0374041_15053016.jpg

「楓図屏風」(部分)『長谷川等伯』京都国立博物館Maple by HASEGAWA Tohaku(detail)



利休好みの庭は秋の深山の趣き。日当たりのいい縁側に腰を下ろせば、足の下に緑の水面が広がります。ふり返れば、等伯の楓図や息子久蔵の桜図が並んでいます(原物は宝物館)。庭と絵に囲まれた、美しい時空間 ―


The garden is said to be
a favourite of Sen no Rikyū, and a farourite of snowdrop also. When you sit down on the sunny veranda, your feet are above the green water. When you turn back, you see Tōhaku's Maple and his son, Kyūzō's Cherry flowers, etc. (the original panels are in the Treasure room today). How beautiful and peaceful time and space between the paintings and garden !


f0374041_10371309.jpg

智積院境内

この絵が描かれたころ利休は自刃し、久蔵もほどなく26歳の若さで世を去ります。

Rikyū died around the time when the panels were painted, and soon later Kyūzō
was to die at the age of twenty-six.


f0374041_10434470.jpg


縁先の足ゆらゆらと水のうへ朝陽しづけき智積院の庭

日だまりの縁に腰かけ足ぶらぶら薄もみぢせる智積院の庭


(While sitting  on the sunny veranda,   swinging my legs,  I saw the garden of Chishaku-in Temple   with slightly-tinted leaves.)





f0374041_10443061.jpg


正面の庭は江戸時代に下ります
。水上の築山は陶淵明も愛した名山、盧山を表しています。


The middle part of the garden is made later, in the Edo period. The artificial hill represents Mount Lu, a mountain in southeastern China that Tao Yuanming (365–427) loved.


f0374041_10413001.jpg


雨上がりの朝、境内の石畳にも苔の上にも、紅葉がはらはらと散り、おりからの風に乾いてゆきます。


In the morning after a rain, on a stone pavement and on the moss, various-colored maple leaves were falling and soon became dry.


f0374041_10493568.jpg



青苔にくれなゐの葉を吹き寄せて桃山ごのみの毛氈ひとつ

(The red autumn leaves  falls on the green moss,   like a gorgeous carpet   that was loved by the nobles   in Azuchi-Momoyama period.)



f0374041_09441661.jpg
my handmade bookmark (1990s)

不堪紅葉青苔地又是涼風暮雨天 白

堪へず紅葉青苔の地またこれ涼風暮雨の天 白居易

地には青い苔の上に紅葉が散り敷き、感に堪えぬ眺めである。
天には冷ややかな風が吹き、暮れの時雨が一過して、さらに心にしみる景色である。
『白氏文集』(『和漢朗詠集』)

On the ground, red autumn leaves have fallen on the green moss, how touching!
In the sky, cool winds are blowing and an evening rain has passed, how moving!
Bai Juyi(772-846), translation of snowdrop.
This Chinese poem has been loved in Japan since the Heian period.

f0374041_14281996.jpg


五つ星のやうな紅葉が
星屑のやうな苔の上に散りぬる…
Star-like maple leaves on the stardust-like moss

(All Rights Reserved)






by snowdrop-uta | 2016-11-24 22:22 | 花草木に寄す(plant) | Comments(3)

*雪ごもりした小鳥がまねる百の鳥の歌…* (All Rights Reserved)