残り福 * Ebisu-financier

私の年末年始&新春の一枚2019!


f0374041_20172509.jpg

「lingot」の画像検索結果

フィナンシェ(financier)=金塊(lingot d'or)(google search)→ お金持ち



一月十日は十日戎(えびす)。今日、十一日は「残り福」とされます。
九日の「宵戎」も十日の「本戎」も、「残り福」すら出かけたことがありません。
スローなsnowdropですから!

Voici Ebisu-financier d' Henri Charpentier
Ebisu est la divinité des pêcheurs,
des marchands et de la prospérité,
souvent représentée transportant une morue ou un bar.



f0374041_14553462.jpg




戎さん(えべっさん)は七福神の一人。Ebisu, un des sept divinités du Bonheur→ 🐟

ふくろうのファサードの芦屋警察署(左奥)と「アンリ・シャルパンティエ」(手前)



f0374041_20464715.jpg



「阪神芦屋駅のすぐ近くにある、Aという名の洋菓子屋さん」
そこで見つけたのは、黒豆入りの「えびすフィナンシェ」
小川洋子の小説に出てくるミーナのお気に入りのマドレーヌも。

Snowdrop aime Ebisu-financier avec des haricots noirs
Mina aime la madeleine d'
Henri Charpentier.



f0374041_20264998.jpg




わうごんのポピイはゆれて業平橋かへり見すれば尖塔ほそし

pavots d'or
secouants
au Pont Narihira
je retourne
à voir l' église



f0374041_19531851.jpg


平安のドン・ファン、業平(日本経済新聞1月4日夕刊)
Notre Don Juan, Narihira est l' hero d' un feuilleton de NIKKEI (2018-)


業平橋の辺りには、在原業平の別荘があったという業平町が…
次こそ「芦屋の里」のおもかげを求めて散策してみましょう。

Narihira habitait au voisinage de ce pont, Ashiya-no-sato.



「布施明  シクラメンの」の画像検索結果


昭和のドン・ファン?(google search)
『ミーナの行進』には、二枚目の伯父さん(ミーナの父)が出てきます。
芦屋の邸宅はミーナの祖父が建てました。えべっさんのご加護?!
そうそう、フィナンシェはフランス語で「お金持ち」という意味もあります。

Don Juan de l'ère Showa? Comme le père de Mina?
Le grand-père de Mina a construit la maison d' Ashiya.
C'est dans l'ombre d' Ebisu, la divinité des marchands ?
Le financier évoque un lingot d'or !


f0374041_20342503.jpg























アンリ・シャルパンティエ*平成(上)と昭和(下)の外観


「アンリシャルパンティエ 芦屋本店 震災前」の画像検索結果
since 1969


「クレープ・シュゼットはワゴンに載って運ばれてきた。ハンカチのような薄い生地が三枚、扇形に折り畳まれ、お皿の中央に並んでいた。(…)ウェイターさんが一礼し、銀の壺を捧げ持った。(…)壺から何か液体が、ハンカチの上に恭しく注がれた。中身をすべて注ぎ終えると、ウエイターさんはポケットからマッチを取り出し、お皿の上で火を点けた。
 次の瞬間、青い炎が立ち上った。それは瞬きしている間に消えてしまいそうなほどはかなげなのに、いつまでも青い澄んだ光を放ちながら、伯父さんと私の間で揺らめき続けていた」(小川洋子『ミーナの行進』*舞台設定は1972年)


 Les crêpes Suzette sont arrivés sur une table roulante. Trois ronds de pâte aussi fins que des mouchoirs, étaient pliés en forme d’ éventail au milieu de l’ assiette. () Un liquid fut généreusement versé sur les mouchoirs. Quand il eut vidé le contenu du pot, le serveur sortit une allumette et mit le feu à l’ assiette.

L’ instant d’ après s’ élevaient des flames bleues. Ephémères, menaçant de s’ éteindre à tout moment, elle continuèrent à vaciller indéfiniment ()
La Marche de Mina, OGAWA Yoko, traduit par Rose-Marie Makino et al.



Img_0001_800x472_2






目の前でフランベしてもらったクレープ・シュゼット(2007年)

おまけ*Bonus*YEBISU Beer


「ヱビスビール」の画像検索結果


 (amazon)

(All Rights Reserved)










by snowdrop-uta | 2019-01-11 06:57 | 大阪兵庫めぐり(Osaka, Kobe) | Comments(2)

c0345705_07040682.jpg




晴れの日も雨の日もさす青い傘

mon parasol/parapluie bleu



c0345705_07033639.jpg




むかし友から贈られた小さな鐘のかたちの花、カンパニュラ。

Voici les campanula que mon amie m' a offert il y a quelques ans.





c0345705_09390320.jpg




宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』に出てくる友はカムパネルラ。
足元には竜胆(リンドウ*gentiane)。



Voilà Campanella, un ami de Giovanni



『銀河鉄道の夜』(C)朝日新聞社/テレビ朝日/KADOKAWA

「ももさへづり カンパネルラ」の画像検索結果





カンパニュラは「小さな鐘 (campanula)(イタリア語)」という意味。
傘のまるみをおびた部分は「釣鐘 (cloche) (フランス語)」といいます。



雨傘が釣鐘ならば雨の日の街に弾ける千の鐘の()


puisque le
parapluie

contient la cloche,

en ville

les jours de pluie

mille cloches sonnent

「parapluies à manche coloré cloche transparente」の画像検索結果
google search)

傘の縁どりはフランス語で「袖(manche)」


幼稚園の先生が着ているのはチョッキではなくジャンパー。つきですから。

Ces ne sont pas gilets jaunes mais blousons avec manches !



「gilet jaune ももさえずり」の画像検索結果


All Rights Reserved



by snowdrop-uta | 2019-01-05 07:37 | 花草木に寄す(plant) | Comments(3)

f0374041_11082252.jpg


Bokusui's Love by Machi Tawara
Wakayama Bokusui is a tanka poet (wiki)


白鳥(しらとり)は哀しからずや空の青海のあをにも染まずただよふ 若山牧水


この短歌を翻訳するとき、まず迷うのは「白鳥」が単数形か複数形か、という問題である。
『近現代短歌アンソロジー』(仏語短歌出版、佐佐木幸綱序文)では、仏訳、英訳ともに単数形になっている。

Those who translate the below tanka must consider first whether "a white bird" or "white birds".
Both French and English translations use the plural form (Anthologie de tanka japonais modernes).



f0374041_11123188.jpg

Anthologie de tanka japonais modernes / An anthology of modern Japanese tanka



けれども、俵万智はなんとなく二、三羽であると感じていたという。
彼女の恩師、佐佐木幸綱も講義のなかで、一羽ではむしろ端的すぎる、
牧水の孤独はカオスを持った猥雑なもので、二、三羽いた方が牧水らしいと述べた。

But the author had felt in her school days that Bokusui sang a few birds.
Her professor Yukitsuna Sasaki also interpreted in his lecture that
Bokusui's solitude includes vulgar chaos and a few birds fit this tanka.



f0374041_11090592.jpg





『牧水の恋』の表紙には白い鳥が二羽が描かれている。まるで牧水とその恋人のような番(つがい)の鳥。
けれど、裏表紙を見ればもう一羽…この恋は三角関係であった。いや、正しくは四角関係であったのだ。

Two white birds are seen on the front cover of this book like Bokusui and his lover.
But there is another bird on the back cover…Bokusui's love was a love triangle or quadrangle.



f0374041_14262028.jpg





なお、この「白鳥」は「はくちょう」とは限らない。
雑誌発表時には「はくてう」というルビが打たれていたが、
これは活版印刷の活字上のミスで、後に「しらとり」と改められたという。
表紙の絵の鳥も、白鳥よりはユリカモメのように見える。

The white birds are not necessarily swans. The illustrated birds look like hooded gulls.



c0345705_10173291.jpg


狩野山雪筆「雪汀小禽図屏風」のユリカモメ*hooded gulls painted by Kano Sansetsu


鳥の目は下から閉ぢる大粒の涙をまぶたに閉ぢこめるため (2015年)

Les yeux d’ oiseau ferment de bas,
c’est pour enfermer de grosses larmes dans les paupières.




f0374041_14532218.jpg

同上 * idem.



「染まずただよふ」というゆったり感は、飛んでいる鳥というより
海に浮かぶ鳥を眺めている感じである、と佐佐木幸綱は説く。
けれども、牧水の気性やこの恋の顛末といった背景知識のない読者は
むしろ一羽の鳥の飛翔をイメージするのではなかろうか。
とりわけ若人は、孤高 ― 孤独なる高み ― にあこがれるものだから。

According to the professor, Yukitsuna Sasaki,
the depiction "float(s) without being dyed" suggests
the bird(s) floating on the sea rather than the flying bird(s).
But a reader who has no background knowledge of Bokusui's character and of his love
might imagine a single flying bird.
Especially a young reader, who often longs for the solitude and aloofness.



c0345705_04583874.jpg


礼文島のカモメ(2014年)


時間には「クロノス時間」と「カイロス時間」があるという。
前者は直線的に流れる客観的時間、後者はときにたゆたい、ときに瞬間的な主観的時間。
この短歌にながれている時間は、じつはカイロス時間ではないだろうか。
飛んでいる白い鳥は、見る者の心の中でたゆたい、その一瞬は永遠に静止する。
まるで一葉の写真のように。あるいは連続イメージのフィルムのように。

It is said that there are two kinds of times: the Chronos time and the Kairos time.
While the former is objective and linear, the latter subjective and sometimes momentary.
I think this tanka is in the Kairos time. In a reader's mind,
a moment of a flying white bird can be cut and rest eternally like a photograph.




f0374041_14251518.jpg




といふ時の襲(かさね)をまとふとき夕べはやきを人はとまどふ

en mettant
la gradation du temps de l' automne
on est embarrassé
par les crépuscules si courts



f0374041_14384825.jpg





もっとも佐佐木幸綱は、孤独な白い鳥に憧れる若人の心を承知していて
逆説によって学生たちに揺さぶりをかけたのかもしれない。そして
俵万智はやわらかで鋭い鑑賞眼をそなえた女子大生だったのだろう。

Yukitsuna Sasaki knew the young mind's preference for the solitary white bird
and might have tried to upset them by his paradox.
And his pupil, Machi Tawara must have been a university student with a flexible way of thinking.







まるで水鳥のような…(Mai Mihara like a waterfowl, a university student)

Grand Prix of Figure Skating, Internationaux de France de Patinage 2018



青つながりのおまけ * Blue Bonus in my archives


c0345705_16515277.jpg





みづうみの光あつめて白鳥は空のかなたの星とかがやく☆彡

gathering
sparkling lihgts on a lake
a white bird
change to a star
in a distance

みづうみの光あつめて白鳥はまひるの空の星となるらむ


f0374041_20100914.jpg





























フィンランドの紙幣とフィヨルド(1997年)


(All Rights Reserved)


色とりどりの紅葉&お気に入り秋ショット2018!
















by snowdrop-uta | 2018-11-25 17:07 | 本棚から(book) | Comments(9)

f0374041_13535175.jpg





京都の寺町通には、古い洋菓子店があります。
どれくらい古いかって?これくらい … ^^ ↓
創業は明治40(1907)年にさかのぼります。

There is a long-established pastry shop at Teramachi Street (since 1907).
The below photo was taken in the early Showa period, around 1936.




f0374041_13551372.jpg






表は木造漆喰の白い洋館です。
まるみを帯びたショーケースと、セラドン・ブルーのタイルが洒落ていますね。
昔なつかしい風情の焼き菓子に誘われ、板硝子の扉を押して中へ…

The facade is a white European-style building's.
The rounded display case and the celadon blue tiles are chic!
Let's open the plate glass door…




f0374041_13530597.jpg






高い天井を見上げると、唐草文様の照明や
凝った字体の「開新堂」の書(明治三筆の一人、日下部鳴鶴の揮毫)
濃緑色の大理石の柱などが目を引きます。

The high ceiling and dark green marble columns,
the calligraphy (堂新開) of Kusakabe Meikaku
(one of three famous calligraphers in the Meiji period),
everything attract us.



f0374041_13581283.jpg






右側の通路を抜けると、モダンな和館に迎えられます。
ここで靴を脱いで、奥の喫茶室に入るのです。

The inner rooms are in modern-Japanese style.
We take off shoes to enter.




f0374041_14080950.jpg




























秋の坪庭と桔梗の生け花とを愛でながらお茶を…
ここのロシアケーキは、やわらかなクッキーのよう。
ぶどうのジャムを舌に残して飲む紅茶はロシアンティーの味わい。

A table with a view of the traditional inner garden.
Their Russian cake is like a soft cookie.
The grape jam inside goes well with a cup of tea,
like the Russian tea!




f0374041_14084133.jpg




























ふり返ると、洋間もありました。初代の奥様が茶室として用いていたとか。
聚楽壁と洋風のテーブルセットが調和してシックです。

There is a Western-style room also.
It used to be a tea room of the founder's wife.
The mud walls are Japanese juraku-kabe.



f0374041_14142445.jpg





このアーチ窓が表の店舗とつながっています。

Did she peek into the shop through these arc windows ?



f0374041_14164616.jpg




























  ゆるやかに垂れる二本のリボンもて
                束ねてください姫への菓子を


  avec deux rubans tombants du plafond
                  nouez ces gâteaux pour les princesses japonaises, s.v.p.!



f0374041_14181772.jpg




























宮中に納められた時期もある、すなおで深い味わいのお菓子。
家づと(おみやげ)には、カラフルなロシアケーキなどを選びました。

They used to be a purveyor to the Imperial Household.
I bought simple and nourishing cakes for my family.




テレマン「食卓の音楽」



お向かいの三月書房で求めた歌集『食卓の音楽』をひらけば、
BGMはテレマンのターフェルムジーク(食卓の音楽)で決まりですね♪
ソチ五輪のころ読みふけったロシアの本も久しぶりに出してきましょう。
ああ、これでサモワール(ロシアの湯沸)さえあれば…!

In our dining room,
I read a book that I bought at March Bookshop
Tafelmusik by Sugizaki Tsuneo.
With
Tafelmusik by Telemann,
with Russian cake and a cup of tea♪
I wish there was a samovar here!



f0374041_14193488.jpg





わが家の食卓 * our table


snowdropの友が手作りしてくれたドーナツ星雲の栞 ★
bookmark of Ring Nebura made by snowdrop's friend



f0374041_21384523.jpg


























↑「星の食卓」の章の扉には、歌人みずからが撮影した夢幻的な写真 ☆彡
 杉崎恒夫は自分の撮った写真と歌とをコラボさせた本を夢見ていました。

 http://prc.nao.ac.jp/museum/arc_news/arc_news384.pdf  (photo by Sugizaki Tsuneo)

原種のチューリップの写真(snowdrop)とコラボさせて頂きます。。。


Img_3028_800x600




チューリップの盃あげて寿ぎし<新春(ノールーズ)>とはいかなる祭
― 杉崎恒夫「星の食卓」より

What kind of festival Nowruz <نوروز> is,
where people celebrated the new year 
by making a toast with tulip glasses?
― Sugizaki Tsuneo, trans. by snowdrop
「杉崎恒夫」の画像検索結果

(google search)

(All Rights Reserved)




by snowdrop-uta | 2018-10-26 18:08 | 四季の食卓(table) | Comments(8)

わが家の暦。もうすぐフランスの林檎の日(10月22日ごろ)。


f0374041_08475873.jpg

painted by Peter Motz, Dutch (1934 - )


デコとデコ こっつんこして朱鷺林檎 ほっぺほんのり染めてゆく風

Le Jour de Pomme approche...(vers le 22 octobre)🍎


ふらんすの秋の川辺にすまふ朱鷺(とき:Nipponia nippon)
径(こみち)のさきの誰を待つらむ



f0374041_10144242.jpg



朱鷺(トキ)や黄王(キオウ)には、朱鷺の風切羽のような美しいうすくれないが入っています。
ひょっとして、この二つの林檎は、木の上ではこんな風に寄り添っていたのでしょうか。
お日さまの当たる外側から朱く染まって、おでことおでこは黄色いまんま…

There is an apple named Nipponia nippon.
Were they close to each other on the tree?
The sun dyes the apples in hue of Nipponia nippon.



f0374041_08195501.jpg





林檎から万有引力を発見したニュートンは、犬を飼っていました。
「神の考えを私が推し量ることは、私の犬が人間の私の考えを想像するのと同じようなものだ」(覚え書き)
犬と人間の思考の距離を、人間と神の距離にたとえたのですね。

Speaking of the apple, Isaac Newton had a dog. I remember he said,
"God's mind is too profound for the human intellect. Like the human's mind for a dog to speculate on".(snowdrop's memorandum)
He compared the distance between a dog and a man to that between God and a man.



f0374041_10090303.jpg


(4月)


「マルコによる福音書」によると、あるシリア人女性がイエス様に娘の悪霊払いを頼んで断られました。
「子供たちのパンを取って、小犬(キュナリオン)にやってはいけない」
女性はこう答えました。
「主よ、でも、食卓の下の小犬も、子供のパン屑はいただきます」
するとイエス様は彼女の娘の悪霊を去らせてくださいました。

「小犬」は、新約聖書の原典(希)では「キュナリオン(κυνάριον)」という単語です。
たんなる「犬」ではなくペットの「ワンコ」というニュアンスなのだそうです。
そのことを教わって、なんだかほっとしました。
きっとあたたかなお声で「キュナリオン」とおっしゃったのでしょうね。


「puppy table art history」の画像検索結果
(pinterest)


According to Marko 7:24, a Syro-Phoenician woman asked Jesus
to cast the demon out of her daughter. Jesus said,
"…it is not good to take the children's bread and throw it to the little dogs."
She answered,
”Yes, Lord, yet even the little dogs under the table eat from the children's crumbs.”
Jesus made the demon go out from her daughter.

"The little dog(s)" is "κυνάριον" in Greek.
It means not the mere dog but the puppy, pet-dog. I was relieved to hear that.



「ももさえずり 犬の物語 小林古径」の画像検索結果

England, 1997


そして、ニュートンの林檎について、小さな気づきがありました。
なぜニュートンは林檎によって万有引力を発見したのでしょうか。
林檎でなくても、梨でも、栗でも、柿?でもよかったのではないでしょうか。

I think of Newton's dog and Newton's apple.
Why did he discover the universal graviation through nothing but apple?
How about the pear, chestnut, kaki, etc.?




デューラー「アダムとイヴ」*Adam and Eve Albrecht Dürer(wiki)


敬虔なクリスチャンだったニュートンにとって、林檎はなにより
エデンの園の林檎、アダムとイヴの原罪の林檎だったと思われます。
頭上にさしかわす枝から落ちた林檎が大地に接吻する。―
原罪の林檎が、万有引力を啓示した瞬間!
万有引力とは、すべてのものが引きつけ合う力です。
ニュートンはそこにの力を見出し、心震わせたのでないでしょうか。
その愛は、おそらくは愛犬を見つめながら語ったであろう言葉にも滲み出ています。



「ももさえずり 犬の物語 小林古径」の画像検索結果

『小林古径』朝日新聞社


The apple was the fruit of Adam and Eve for a pious Christian, Newton.
An apple fell from a branch and kissed the ground.―
The moment when an apple of the original sin revealed the universal graviation!
It is a power to draw each other.
Did Newton find the love in this power and was deeply moved ?
We might find this love in his above statement, perhaps while watching his dog.


「ももさえずり 犬の物語」の画像検索結果

『小林古径』朝日新聞社*ザクロは受難のシンボルです


食卓の下でパンくづ待つてゐるキュナリオンよ けなげな犬よ
a puppy

expecting breadcrumbs
under the table
κυνάριον,
a pitiful puppy


「ももさえずり 犬の物語」の画像検索結果



さびしがりやだった愛犬フジMy Fuji (1970s)


万有引力とは ひき合う孤独の力である ― 谷川俊太郎「二十億光年の孤独」
"The universal graviation is the power of the solitude to draw each other."
from a poem by Tanikawa Shuntaro(1931-), tr. by snowdrop


原罪の果実りんごがもたらしたゆるしのしるし愛の引力

an apple,
the fruit of the original sin,
it brought
a bestow of the absolution and
the universal graviation of love



f0374041_16391430.jpg




広岡浅子ゆかりの大阪教会の樅の木にはフジりんごが…*apple named Fuji(2014)


おまけ(Bonus)*ニュートンの犬、ダイアモンド君は火事を引き起こしたことも!


「isaac newton dog」の画像検索結果

An 1874 engraving showing the probably apocryphal account of Newton's lab fire.(wiki)


色とりどりの紅葉&お気に入り秋ショット2018!






by snowdrop-uta | 2018-10-16 06:43 | 鳥獣虫魚に寄す(animal) | Comments(4)




f0374041_14585317.jpg





今年の金木犀の季節は、この曲を弾くことができました。
金木犀は水あげが良くないので、生けることは少ないのですが…
咲いたところへ台風が近づいてきたので、庭木の小枝を二本だけ。

A la saison d' Osmanthus fragrans cette année,
je joue ce morceau de Claude Debussy.
Avant le typhon, j' ai arrangé deux rameaux de notre jardin.



f0374041_14241126.jpg





ご近所にはこんな大木もありますが、花に近づけなくて…
まるで花の天蓋を仰ぐようです。

Il y a un grand arbre d' olivier odorant dans le quartier.



f0374041_14253246.jpg





金いろの香の天蓋につつまれて秋の幼の一日へかへる

きんいろの かの てんがいに つつまれて
あきの おさなの ひとひへ かえる




f0374041_06405038.jpg




















昭和の写真を背景モノクロポートレート+ソフトフォーカス加工

la uniforme et béret d' Ange Ecole Maternelle


envelopée
par un dais de la fragrance
d' olivier odorant

je retourne à un jour automnal
dans mon enfance




f0374041_14280320.jpg










 



















f0374041_14582368.jpg



















台風一過、金木犀は散り残りました。これは公園の一本(ひともと)。
けれどもまた週末に、また別の台風が…

Un autre olivier odorant dans le parc, après le typhon.
Mais un autre typhon approche ce week-end…



c0345705_20140258.jpg



(All Rights Reserved)


色とりどりの紅葉&お気に入り秋ショット2018!










by snowdrop-uta | 2018-10-06 06:50 | 音楽に寄す(music) | Comments(6)



ショーソンハチドリ


ショーソンといふ苹果麺麭(りんごパン)なつかしみ京の麺麭屋の扉を押しき

A la recherche des chaussons, je poussai la porte d' une boulangerie en Kyoto.



f0374041_08582915.jpg



(9月下旬 🍎 le 28 septembre au matin)



りんごの季節、ショーソンというアップルパンが食べたくなりました。
寺町通りのブーランジェリで見つけた、こんがりショーソン!
ショーソンとは、フランス語で「室内履き」という意味です。なるほど形が似ています。
ショーソンという名の作曲家がいれば、ブーダン(ソーセージ)という名の画家も…

左の絵本は、ドイツのボハッタおばあちゃんの描いたウサギさん。
日本でなくても、くつろぐ時はパントゥフル(室内履き:仏・独)がいちばん!

Au temps de pomme (pas "de terre"! ) nouvelle,
snowdrop a trouvé des chaussons à une boulangerie en Kyoto.
Le chausson, elle veut dire la pantoufle, n' est ce pas?
Chausson (compositeur), Boudin (peintre), etc...appétissants !
Voici un petit lièvre en Allemagne, par Ida Bohatta.
En Europe aussi, on met pantoufles au moment relax!



f0374041_08590300.jpg





右のミツバチさんも、赤いスリッパを履いています。
左のオーストリアの民族衣装の少女もチロル風スリッパを…
(独墺を旅行中のsnowdrop、友人の衣装を試着させてもらいました)

Cet abeille met des chaussons rouges.
Une jeune fille portante costume traditionnel d' Autriche aussi…
(snowdrop portante un costume de son amie, Autriche, 1990s)



c0345705_07024457.jpg



(イラストは1987年、サインと写真は2018年)


りんごといえば、姉妹ブログで宮沢賢治の短歌を紹介しました。

夏りんご
すこしならべてつゝましく
まなこをつむる露店のわかもの
 『宮澤賢治全集第3巻』


ネットでは「夏」ではなく「青」となっています。青りんごもいいですね。
賢治は和りんごを「林檎」、西洋りんごを「苹果」と表記し分けているとか。


Kenji Miyazawa aima la pomme verte
et la chouette (illsutration de Kenji ).



c0345705_15124061.jpg




賢治のフクロウのコースター 🍎 ガラスの青苹果

やまひ癒えまつさらさらのたましひに賢治のことば鮮やけく染む

この絵を描いたころはやみあがり、何もかもきらめいて見えましたっけ。

Snowdrop convalescente a peint la pomme ci-dessus, en 1987.






(All Rights Reserved)

おすすめグルメ!食欲の秋を楽しもう!








by snowdrop-uta | 2018-09-29 15:45 | 四季の食卓(table) | Comments(2)

あふぎの話 * Eventail

f0374041_18435356.jpg



母ゆずりの扇


「あふぎ」ってなあに?「おうぎ(扇)」の旧かなです。むかしは「あふき」でした。
「あふぐ(あおぐ)」という動詞からきた名詞です。
「仰ぐ」とではなく、「煽ぐ」と通じます。あおって風を起こすわけですね。

Avec comme pour langage Rien qu’un battement aux cieux
― Éventail de Madame Mallarmé, Stéphane Mallarmé
(photo ci-dessus* éventail de ma mère)



f0374041_20330357.jpg





瀟洒な西洋の扇。そのルーツは、室町時代の日本から伝わった扇にあるとか。
ヨーロッパの貴婦人がたは、扇を用いたジェスチャーで内緒話していました。
(左上から「私のこと好き?」「婚約しているの」「あなたが好き」「ついて来て」「お話したいわ…」


「langage de l'éventail」の画像検索結果


「銀杏 お干菓子 ももさえずり 帽子」の画像検索結果

銀杏のお干菓子(2016年)


Voici un éventail de l' Europe. Celui pliant a été importé du Japon de l'époque de Muromachi.
Des femmes de temps en temps parlaient avec du langage de l' éventail(google search).



a0332314_09133042.jpg


『能 花の風姿』




室町時代の扇といえば、お能の舞扇が思い浮かびます。
動きの少ないお能のなかで、扇はシテの心理を雄弁に物語ります。

L' éventail de danseur de l' époque de Muromachi, il est éloquent.



f0374041_11181739.jpg



























かのひとの透かし扇のひとところ欠けし隙よりかをる秋の風

un éventail

de ma mère défunte

qui est en partie ébréché,

d’ où se répand

le vent d’ automne




a0332314_09002241.jpg




こちらの白檀の扇は母が中国で求めたもので、春蘭の透かし彫りが入っています。
もっとも、中国古来の扇は円い団扇です。奈良の都でも団扇が使われていました。

Autre éventail est chinois, avec Cymbidium goeringii.
L'éventail chinois est originairement rond(fig. ci-dessous).



明 唐寅 画班姫団扇 軸 (New window)「ももさへづり 竜宮 看板 」の画像検索結果

明 唐寅「班
団扇図」(部分)(国立故宮博物院HP 昭和のプチ乙姫さま♡


f0374041_21215277.jpg












平成の采女(うねめ)たち。平城宮跡で出会った朝臣(あそん)さまと三人で(平城遷都1300年祭)

l 'éventail rond et le sceptre de l'époque de Nara(Le palais Heijō restauré, en 2010)



円い団扇(上)にたいし、折り畳み式の扇(下)は日本で創られたとか。

木簡から生まれた笏(上)をつなげたような檜扇(下)は冬扇。笏とおなじく備忘用にもなりました。
紙を骨に張った扇は夏扇。蝙蝠(こうもり)の羽めいた形から、蝙蝠(かわほり)扇と呼ばれました。

L' éventail pliant est né au Japon.
Celui en bois (dont l' origine est le sceptre) est hivernal, et celui en papier estival.



f0374041_20344831.jpg
























『王朝絵巻と装飾経』(以下同)



お雛さまが持つような檜扇。扇は宮中で欠かせないアイテムでした。
平家が厳島神社に奉納した扇には、紅い花の咲く松原や牛車、貴人らが描かれています。

L' éventail en bois est une garniture au palais.
Voici celui dedié aux dieux du sanctuaire d' Itsukushima par le clan Taira (fig. ci-dessus).




f0374041_20353017.jpg



























平家納経のお経の見返しに描かれた紙扇。蓮の絵柄ですね。もうすぐお彼岸…

Un éventail peint sur un soutra dedié aux dieux du sanctuaire d' Itsukushima par le clan Taira.



f0374041_20341060.jpg

























扇をお寺に納めることが多かったことから、扇形の写経冊子も造られました。おや、髪を束ねて洗濯物を干している女性が!

Le livre du soutra en forme d' éventail est né de la coutume de dédier l' éventail au temple. Une femme (droite) étend le linge !




a0332314_06510331.jpg


城南宮の白拍子(une danseuse au Jonan-gu)(2016年)



扇は日々の暮らしとともにありました。
扇で塵を払ったり(枕草子)、顔を隠したり、花を載せて差し出したり(源氏物語)。
貴族や僧侶だけが扇を使ったのではありません。庶民の田楽や白拍子の舞いにも扇が…
こんなところから、やがて幽玄な能が生まれることになるのです。

Selon Note de Chevet ou Le Dit du Genji,
l'
éventail époussete, cache le visage, met une fleur, etc.
Non seulement pour la noblesse mais aussi pour le peuple,
par exemple, qui danse Den-gaku(un origine de Noh!).




f0374041_20371423.jpg

























une grenouille dansante Den-gaku, 12s


おまけ*バレエ「ピーターラビットと仲間たち」

Bonus * Tales of Beatrix, ballet (pinterest)


「peter rabbit ballet potter」の画像検索結果「peter rabbit frog dance potter」の画像検索結果





光悦「月に兎」(もうすぐお月見…)(google search)
「扇 琳派」の画像検索結果



ちっちゃな、おまけ * 扇のような銀杏のお干菓子

Petit Bonus*friandise en forme de ginkgo-feuille


「銀杏 お干菓子 ももさえずり 帽子」の画像検索結果


(2016年)

(All Rights Reserved)







by snowdrop-uta | 2018-09-18 20:50 | 美術に寄す(fine art) | Comments(2)

f0374041_16203955.jpg





フランスには自然のめぐりに基づく暦があります。
実月(フリュクティドール)の月下香の日、
季節の実りをいっぱいに詰めた贈りものが届きました。
手作りのブルーベリーソース…炭酸水に落とせば
すみれ色の夕映えがコップの中に生まれます。
小鳥たちも巣に帰るのを忘れてしまいそう。


Le jour de tubéreuse au moi de fructidor,
un cadeau des fruits est arrivé de mon ami:
la confiture aux myrtilles à la main!
Versé dans l' eau gazeuse,
un crépuscule violet est né dans un verre.
Deux oiseaux oublieront de rentrer leur nid.



f0374041_13523654.jpg




今夜はロスビ(ローストビーフ)のバラ、ブルーベリー・ソースを添えて。
(薄切りにした一枚を横二つ折りし、巻いたものを芯にして
その周りを花弁のように囲みます。グラスに添わせれば楽♪)


Voici la rose de rosbif avec sauce aux myrtilles.



f0374041_07071258.jpg




朝ごはんのシリアルにもかけましょう。
葉ボタンみたいなレタスも食べなさいね。
― はい!ベリーソースがあるなら!

Voilà mon petit déjeuner de céréales avec sa confiture.
Snowdrop, mange de la laitue romaine aussi!
― Avec le sauce, avec plaisir!



f0374041_13555015.jpg



レタスはピーターにとって催眠効果が… * It is said that the effect of eating too much lettuce is “soporific.”
(B. Potter)




冷蔵庫で、蓋のゆるんだヨーグルトがジュレ状になっていました。
ヨーグルト・シャーベットにブルーベリー・ソースをふんわり混ぜこんで。

Dans le frigo, le yaourt est gelé!
Un sorbet au yaourt avec sauce aux myrtilles, s.v.p!



f0374041_07074899.jpg




ブルーベリーを食べるたび、思い出すのは青い湖の国、
フィンランドやスウェーデンの森のベリーです。

Chaque fois je mange des myrtilles,
je me souviens de la baie en Finlande, Suède, etc.
les pays du droit d'accès à la nature (allemansrätten).




f0374041_08122979.jpg





このブルーベリー・ジャムは30年来の友がこさえてくれました。
酷暑の八月、知人のブルーベリー園で摘んで、お家でことこと煮て、
大きなガラス瓶に真空密閉してくれて… おつかれさま!
今年も家族で感謝していただきましょう。

Les myrtilles livrées chez nous sont celles que
mon vrai ami avait ramassé dans le jardin de son ami,
mijoté chez lui, mis en bouteille sous-vide dans la CHALEUR.
Nous mangeons avec gratitude cette année aussi !!!!



c0345705_17311499.jpg


友の写真をトリミング * les myrtilles et rizières au Japon (2016)


稔り月を摘んで煮つめたブルーベリーすなおな甘さをてんこ盛りせむ

les myrtilles

que tu as cueilli
au mois de Fructidor
son douceur naturel
on goûte abondamment!



「Calendrier républicain Fructidor」の画像検索結果
(wikipedia)


snowdropがブログ・デビューした年に出会ったサロン・ブログは
この暦を一年にわたって用いていました(ふだんはフランス語)。
ロメイン・レタス(ローマのレタス)の日には、ラテン語で挨拶!まるでテルマエ・ロマエ!

Un salon-blogue utilisait ce calendrier pendant un an,
l' an du début de snowdrop dans le monde du blogue.
Ils parlaient latin au jour de la laitue romaine !

Voici une fausse inscription en romain...


「thermae romae」の画像検索結果

(google search)

(All Rights Reserved)

お気に入りの夏ショット&私の花火写真! 【PR】
おすすめグルメ!食欲の秋を楽しもう!【PR】













by snowdrop-uta | 2018-09-01 05:35 | 四季の食卓(table) | Comments(8)

f0374041_08512314.jpg



snowdropにとって、立葵は夏の欧州の旅の花でした。
ドイツ、デンマーク、スウェーデン…家の前に門番のように立つ花。
立葵の写った絵葉書を探してみましたが、出てきません。
フランスの作家、プルーストの本のなかで見つけました。

Pour snowdrop, la passe-rose était la fleur d' été en Europe.
Elles sont debout souvent devant la maison.
Je les ai trouvé dans un livre sur M. Proust aussi.



f0374041_18215035.jpg


立葵(6月撮影)



f0374041_06364677.jpg


芙蓉(2016年9月撮影)


立葵も芙蓉もアオイ科の植物です。
立ち姿や葉の形で見分けられますが、花だけ見ると…。↓
さて、どれが今年の立葵、どれが一昨年の芙蓉でしょう?


Althaea rosea et Hibiscus mutabilis sont des espèces de la famille des Malvaceae.
Est-ce que vous pouvez les distinguer des fleurs seulement ?



f0374041_18221175.jpgf0374041_11474779.jpg





















































うすべにの 紙風船に つつまれて おはじき遊びしてる子 だあれ

qui joue aux billes
dans un ballon rose
en papier ?
(le 20 août)


c0345705_17420319.jpg




赤いタチアオイをニワトリの鶏冠にみたてて 🐓
「コケコッコー花」遊びをする地方もあるそうです。

On compare la passe-rose rouge à la crête de coq.




「ももさえずり どことなく葡萄に似たる芙蓉の葉…酔いたまえ」の画像検索結果

これは赤い芙蓉(大和文華館)(2015年)* Hibiscus mutabilis



フランスのシンボルは雄鶏です。🐓

Le coq gaulois est un symbole national de la France.
Une sorte du chapeau de joker ?




「coq fifa 2018 supporter」の画像検索結果
(google search)



芙蓉によく似た花、木槿は朝鮮のシンボルです。
学名は Hibiscus syriacus(シリアのハイビスカス)
英語名は rose of Sharon(シャロンのバラ)

木槿(mukuge), Korean "
(Mugunghwa)"
Korean National flower
or the rose of Sharon (שָׁרוֹן) (forest in Hebrew)


a0332314_03340793.jpg



友達のお土産のチマ・チョゴリ人形(2015年撮影)

お気に入りの夏ショット&私の花火写真! 【PR】


おまけ*シャロン・フルーツ(柿)
Bonus*Sharon Fruit (kaki)



「ももさえずり 上村松 青柿」の画像検索結果


上村松篁「青柿」*blue kaki by Uemura Shoko

(All Rights Reserved)














by snowdrop-uta | 2018-08-27 06:46 | 花草木に寄す(plant) | Comments(3)

*雪ごもりした小鳥がまねる百の鳥の歌…* (All Rights Reserved)