(google search)


君知るや雅歌は地上の愛の歌やまとの歌をともに咲かせむ (2016年)


(Do you know The Song of Songs is the love song on the ground?
Let’s make bloom Japanese poems together! ) 

旧約聖書の雅歌はラブ・ソング集です ♡ もうすぐヴァレンタイン・デイ ♡ ♡


c0345705_10231827.jpg
























神戸ムスリムモスクから山の手へ数分歩くと、シナゴーグ(ユダヤ教礼拝所)があります。
キリスト教では日曜日が祝日ですが、
ユダヤ教では、金曜の日没から土曜日の日没が祝日です。
金曜の夜には会食が催されると、後から知りました。(全て撮影許可を頂いています)

A few minutes' walk from Kobe Muslim Mosque brings you to a synagogue.
While the Lord's Day in Christianity is generally Sunday,
the Sabbath in Judaism from Friday's sunset to Saturday's sunset.



c0345705_08260756.jpg










入口にはキッパと呼ばれる帽子とニンニクが用意されていました。なぜニンニクが?

By the entrance to the dining room, there were kippah and garlics.


「わたしたちにとっての特別のひとときは金曜日だった。<ヘデル>からの帰り、わたしは祖母の家に立ち寄った。祖母は窓際にいて、そこから私を呼んだ。『エリエゼルや…おいで、坊や、待っていたよ』祖母はかまどから出したばかりの、熱々の、編み上げて焼いた小型パンをわたしに差し出した」(エリ・ヴィーゼル著、村上光彦訳『そしてすべての川は海へ』)


f0374041_16483318.jpg
























厨房にはオーブンへ入れる前の三つ編みパン、ハラーが寝かされていました。酵母(たね)入りのパンです。
たね無しのパンは、ペサハ(過越祭)の土曜日に出されるのでしょうか。

They are "challah (loaves of white bread containing eggs and leavened with yeast)".
Unleavened breads will be served for Passover (pesach) ?



f0374041_16032922.jpg



宴まつ午後の窓べに光あふれシャローム(平和)といふ挨拶おもふ

a synagogue's window
on Friday afternoon
were filled with light
which reminds me of
a greeting, Shalom (Peace)




f0374041_16212488.jpg




旅先でも入ったことの無かったシナゴーグ。
「シナゴーグ」は、ギリシャ語の「シュナゴゲー(集会所)」に由来します。
一方、ギリシア語の「エクレシア(教会)」も、原義は「集会」です。ここから
ラテン語の「エクレシア」、イタリア語の「キエーザ」、フランス語の「エグリーズ」、
ドイツ語の「キルヒェ」、英語の「チャーチ」へと派生しました。

It was my first visit to the synagogue.
The synagogue derives from Greek "συναγωγή" (gathering).
And Greek "ἐκκλησία" means "assembly of citizens",
from which derived Latin "ecclesia", Italian "chiesa", French "église",
German "Kirche", English "church", etc.



f0374041_16210135.jpg



























この八枝形の燭台(ハヌッキヤー)は映画やニュース等で時々見ます。
ドイツのローテンブルクで見かけた蝋燭店(?)を思い出しました。

This hanukkiah (candle tree) reminds me of a candle shop (?) in Germany.



「ももさえずり 星の形の花 ローテンブルク」の画像検索結果


Rothenburg(2004年撮影)


リトアニア日本領事館の杉原千畝氏が発給した「命のビザ」により
ナチスの迫害から逃れて日本に辿り着いたユダヤ人難民の多くは、
神戸に数か月間滞在したそうです。ここのシナゴーグは
そんな歴史も目撃してきたのでしょう(礼拝所の史料は戦災で焼失)。

This synagogue should have witnessed the Jewish refugees who reached Kobe
thanks to thousands of visas issued by Chiune Sugihara (wiki) during the war.



f0374041_16234719.jpg




緋色の布には七枝形の燭台(メノラー)が刺繍されています。王冠や秤、植物も…。

The embroidery of menorahs, crowns, plants, etc.
There was no time allowed for quetions on Friday.



f0374041_16315113.jpg




ヘブライ語聖書でしょうか。
金曜のディナーの準備がおありでしょうから、質問や閲覧は遠慮しました。
神戸はさまざまな宗教施設のるつぼです。ジャイナ教寺院まであるとか!!

Variuos religious buildings are seen in this port town, Kobe.


三宮神社の境内からセントモルガン教会をのぞむ*from Shinto shrine, St. Morgan Church


f0374041_16361642.jpg
























水仙いろの内装のモスクもあります*There is a mosque also in Kobe.






わが家の植木職人さんの一人はイスラエル出身です*One of gardeners of our house is from Israel.


庭師らの一人の細身のイスラエルびとと交はせる「平和」の挨拶(シャローム)(2015年)


With a slender Israeli among Japanese traditional gardeners exchanged I greetings
“ Shalom
peace on you!





f0374041_20025341.jpg




 All Rights Reserved 













by snowdrop-uta | 2019-02-11 06:44 | 大阪兵庫めぐり(Osaka, Kobe) | Comments(4)

f0374041_15125457.jpg



2018年11月、大阪市立中央公会堂は開館100年を迎え、館内を3日間公開しました。
特別室の漆喰塗の天井には、日本神話の一場面(天地開闢)が油彩で描かれています。
その下の半円形の小画面には、難波高津宮をひらいた仁徳天皇が…

高き屋にのぼりて見れば煙(けぶり)立つ民のかまどはにぎはひにけり  仁徳天皇



f0374041_11214335.jpg



















仁徳天皇陵(2018年10月)*Mausoleum of Emperor Nintoku(290-399), Sakai

去年の天候不順で松が枯れています…御陵は大き過ぎるので上空写真を。

This mausoleum is too huge for me to take a panoramic photo(NIKKEI)


f0374041_15414015.jpg



Osaka City Central Public Hall celebrated the 100th anniversary of the opening day
and opened the rooms to the public during 16-18 November 2018.
The ceiling of the special room represents Creation of Heaven and Earth by Japanese gods in oil painting.
A smaller semi-circular frieze shows Emperor Nintoku observing his country from a plateau.
His mausoleum is famous for the size like Khufu's Pyramid and for its typical keyhole-shape.



f0374041_05590489.jpg


日経新聞朝刊の連載小説の主人公は雄略天皇です。この長歌は万葉集の巻頭歌です。

Emperor Yuryaku (418-479) is the hero of a serial story in NIKKEI (morning).
His long poem quoted in this novel is the beginning of Man'yo-shu. (p.91)



f0374041_15122159.jpg




特別室のステンドグラス、いつも外から眺めていましたが
中から見るのは初めてです。

A semicircular stained glass of the special room from inside
and from outside.


f0374041_15110772.jpg


ネオ・ルネサンス様式の外観 * Renaissance Revival architecture


チーク材の扉には木工象嵌でバラを表しています。
公会堂の近くには中之島バラ園があります。

The marquetry of a teak door represents roses.
Nakanoshima Rose Garden is near this hall.


c0345705_12055769.jpg






f0374041_09244531.jpg








































食堂の扉の上には、果物を切り抜いた透かし模様板が嵌められています。

On a door of a dining room, various fruits are cutworked.


c0345705_12043266.jpg






















もう一つの食堂のステンドグラスも果物の意匠です。バラも見えます。

The stained glass in another dining room also is fruit(-and-rose)-design.


f0374041_19380488.jpg


























ヒノキ材の折上げ天井は日本独特の形です。

The coved ceiling of this dining room reflects a traditional Japanese style.


c0345705_12050040.jpg




創建当初のエレベータは現在は使われていません。階段を行きましょう。

The original elevator is not used today. Let's take the stairs.


f0374041_15445641.jpg








c0345705_12084354.jpg


















































手をつなぎ真朱(まそほ)の階段のぼったね今日踊り場で立ち止まってみる


we took red stairs
in our twenties
today, alone
I stop at the landing
of the same stairs




f0374041_20220754.jpg



今日は成人の日です。この二人は卒業式でしたが…(1990年代)↑

It is Coming of Age Ceremony today(January 14, 2019).
The above two were after their graduation ceremony in this hall(1990s).




c0345705_16290890.jpg




なつかしい薄紅色の着物、長い袖を切って
葡萄(えび)色に染め返してもらいました。
振袖と訪問着、それぞれの端切れを並べました。

My kimono has changed from pink to reddish brown.



Img_0288_800x592

中之島バラ園から中央公会堂をのぞむ(2014年)

Nakanoshima Rose Garden and City Hall

(All Rights Reserved)








by snowdrop-uta | 2019-01-14 16:54 | 大阪兵庫めぐり(Osaka, Kobe) | Comments(8)

*雪ごもりした小鳥がまねる百の鳥の歌…* (All Rights Reserved)