立夏 * AUJOUD'HUI

c0345705_09583993.jpg






渡月橋から見下ろす桂川



楓の子ども
水遊び

c0345705_09585657.jpg

























AUJOURD'HUI*Début de l'été*bébé érable*La Katsura


子供たち、
お腹がすいたら近江路の赤もち米のお菓子をお食べ



f0374041_15222397.jpg



子供の日の柏餅 * AUJOURD'HUI * Jour des Enfants
https://fr.wikipedia.org/wiki/Kashiwa-mochi

(All Rights Reserved)



新緑写真&お気に入りのお出掛けスポット!【PR】





[PR]
by snowdrop-uta | 2018-05-05 15:00 | 花草木に寄す(plant) | Trackback | Comments(6)




五月が近づくと、シューベルトの「美しき水車小屋の娘」が聴きたくなる。

Das Wandern ist des Müllers Lust, das Wandern♪(to the rhythm of a water mill)



f0374041_14253663.jpg



十数年ぶりに見た松尾大社の山吹。四月半ばなのに、すでに満開を過ぎ、人はまばら…。
水車は止まったままだけれど、油風(あぶらまじ=晩春の海風)を思わせるそよ風に、金の花がゆれていた。
山吹の別名は、面影草。

Japanese rosea in Matsunoo-taisha Shrine in the middle of April.
While the water mill was at a standstill, yellow flowers were swaying in the spring breeze.
Japanese rosea is called "omokage-gusa (face-like flower)" also.


f0374041_14360094.jpg



金いろの花枝ゆらす春の風かなしく匂ふ君の面影
omokage-gusa d' or
dans la brise printanière

c' est ton image,
"omokage" d' or
que je manque



f0374041_14123119.jpg



京都府立植物園でも水車を見かけた。うすむらさきの辛夷がきれいだった。
紫木蓮も、しだれ桜に寄り添うように花ひらいていた。

Here is another wind mill in Kyoto Botanical Garden.
Light purple flowers of magnolia kobus were beautiful.



f0374041_14142206.jpg



マグノリア白しかしらぬ北国の君へ届けんむらさきの花
magnolia,
que une Suédoise sait
celui blanc seulement
je t' envoie
ceux violets et mauves



f0374041_14151626.jpg




水車小屋の娘は村一番のお嬢さま。小麦を挽く水車は、お金持ちのしるしだったから。
さすらいの青年詩人は娘に詩を捧げ、恋のひと夏を過ごす。
やがて秋が来ると、美しい娘は、たくましい狩人に心を移してしまった。


A "schöne Müllerin" is a daughter of the richest family in a village.
The water mill for grinding grain into flour was a symbol of the wealth.
One young poet devoted his poems to one Müllerin and fell in love with her during one summer.
When autumn came, she dumped him for a robust hunter.



f0374041_15252099.jpg


美しき水車小屋にあこがれ、白アスパラガスをなつかしむ(2017年のイースター)

I long for a water mill and miss white asparagus in Germany.






この青年詩人が、あの悲しい「冬の旅」(シューベルト)に出たのだろうか…それは分からない。

This young poet is the same person as that traveler in Winterreise ?



山吹のもう一つの別名は、鏡草。

Still another name of Japanese rosea is "mirror flower".


f0374041_14541773.jpg


水鏡

Japanese rosea looking at its reflection in the water


(All Rights Reserved)






[PR]
by snowdrop-uta | 2018-04-29 06:40 | 音楽に寄す(music) | Trackback | Comments(11)

f0374041_10383300.jpg



二十年(はたとせ)前、母と訪ねた平安神宮の桜、今年ひさびさに見に行きました。(三月下旬)
花や昔の花ならぬ…花は昔どおりの花ではありませんでした。『細雪』や『古都』を彷彿とさせる紅しだれ桜は若木に替わり、池畔の桜も勢いを失っていました。あれは一期一会の花見だったのですね。

The weeping cherries in Heian Jingu Shrine in March that I appreciated with my mother around twenty years ago…. The cherry blossoms were not what they had been. The cherry trees referred in The Makioka Sisters by TANIZAKI Junichiro and The Old Capital by KAWABATA Yasunari, some of which were replaced by younger ones and some have lost vigor. That cherry-blossom viewing was an once-in-a-lifetime experience.


f0374041_10423268.jpg


康成のさくら潤一郎のさくら母と一緒にはるかな空へ

母と見し(おほ)き桜は代替はり若木の奥に四十雀鳴く

le grand cerisier
que je vis avec ma mère
est succédé
par un jeune cerisier
auquel fond chante un mésange


f0374041_10344701.jpg


「夕空にひろがっている紅の雲」(『細雪』)の紅枝垂(三連パノラマ)


二十年前のアルバム。その日の桜の花びらも貼りこんで…(アナログ!) お時間が許せば、冒頭の二枚の写真と同じ構図を探してみてください。

「西の廻廊の入り口に立つと、紅しだれ桜たちの花むらが、たちまち、人を春にする」―『古都』

今なら、詩的なこの一節を書き写すかもしれません。継ぎ紙の便箋を見つけたのは、嵐山だったか、嵯峨野だったか…。

Here is my book of photographs twenty years ago with the citations from the books of the above authors and with the petals we picked up that day. Do you find two photos whose compositions are the same as those of the above photos (March in 2018) ?



f0374041_11042163.jpg
























白虎池と菖蒲


f0374041_11052182.jpg

























臥龍橋とも呼ばれる飛び石(手前)と茶室(右)* steppingstones and a tea house (right) 



「茶室の下の小みちを抜けると、池がある。岸近くに、しょうぶの葉が、若いみどり色で、立ちきそっている。睡蓮の葉も水のおもてに浮き出ていた。(…)真一は先きに立って、池のなかの飛び石を渡った。(…)鳥居を切ってならべたような、円い飛び石である。(…)もちろん、老女も渡れる飛び石である。」―『古都』

この「沢渡(さわた)り」という飛び石の上で、母に写真を撮ってもらいました。とろいsnowdropにはけっこうスリリングでした!今は立ち入りが禁じられています。

My mother took a photo of snowdrop on one of these steppingstones called Sawatari (or Lying Dragon Bridge). Though Yasunari wrote "they are the steppingstones even an old woman can walk over", it was thrilling for snowdrop, a poor athlete ! One finds a signboard "Keep Out" at this spot today.



f0374041_11285281.jpg

橋殿をのぞむ


「やがて橋殿にかかった。正しくは泰平閣と呼ぶように「殿」の姿も思わせる「橋」である。橋の両側は、低いもたれのある床几のようになっている。人々はここに腰かけて休む。池ごしに庭のたたずまいをながめる。」―『古都』

母と一服した橋殿(泰平閣)の上。今年はここで、フランスからの旅行客の写真を撮ってあげました。スマホ慣れしていないsnowdropには難しくて……ボン・ヴォヤージュ(よい旅を) !

On Hashi-dono, where we had taken a rest, I took a photo of French travelers. It was difficult for me to operate a smart phone ! Bon voyage !


橋殿から池のなかに庭のたたずまいを…

f0374041_11305874.jpg


























池のうへ泰平閣に風わたりアッセ・ソンブル(ヒンヤリ暗イ)と旅人の声

au Hashi-dono
sur l’ étang

la brise souffle,

un voix d’ un des voyageurs

“assez sombre



f0374041_11361836.jpg
























同じ桜を、違うアングルから ↑↓*the same cherry tree from different spots

f0374041_11422829.jpg












 
 










「橋の向うに、うちの好きな桜があります」「ここからも見える、あれね」
その紅しだれは、もっともみごとであった。名木としても知られている。枝はしだれ柳のように垂れて、そしてひろがっている。その下に行くと、あるなしのそよ風に、花は千重子の足もとや肩にも散った。」―『古都』

The heroine of The Old Capital loves this cherry tree best. ↑↓


f0374041_11491708.jpg


























「(…)まことに、ここの花をおいて、京洛の花を代表するものはないと言ってよい。」

これは『古都』に引かれた『細雪』(谷崎潤一郎)の一節です。『細雪』では、登場人物の幸子が、平安神宮から帰って歌を詠みます。

「ゆく春の名残り惜しさに散る花を袂のうちに秘めておかまし」

夫の机の上の書簡箋の余白に鉛筆で走り書きした歌。明くる朝、この歌のあとへ、夫の手で次のような歌が記されていました。

「いとせめて花見ごろもに花びらを秘めておかまし春のなごりに」

夫貞之助の目には、春の装いの四人姉妹が、花そのものと映っていたのでしょう。それは、いずれ思い出に変わってしまう花……先取りされた追憶でした。

In Junichiro' s novel, one of Makioka sisters and her husband composed rather banal waka. Their waka represent the nostalgia in advance, the memory of the sisters in the livery of spring just like the ephemeral cherry blossoms.



f0374041_18114244.jpg

疎水に散る桜 * falling petals on the water


ちらちらてふ言の葉どおり花びらは散るよ重さも涙もなしに

volant au vent
des pétales de fleurs de cerisiers,
ils tombent
sans poids
sans tristesse



関連画像


おまけ*映画「細雪」(市川崑監督)(上)とNHKドラマ「平成細雪」(下)(google search)
Bonus*The Makioka Sisters directed by ICHIKAWA Kon*Do you find KISHI Keiko?(upper figure)
The Makioka Sisters in the Heisei period (2018, NHK) (below figure) (All Rights Reserved)


「NHKドラマ 平成細雪」の画像検索結果



春の桜ショット&私のお花見弁当【PR】
[PR]
by snowdrop-uta | 2018-04-06 20:40 | 本棚から(book) | Trackback | Comments(8)

f0374041_16111399.jpg

蜻蛉(かげろう)の羽根みたいな楓の花 * Maple flower like a dragonfly's wings



f0374041_06495590.jpg


























「糸遊」
「水ぬるむ」 蜻蛉(とんぼ)の菓子切り
Spider’s silk floating in the air, Heating the water, Dragonfly



初夏の日差しに水がぬるめば、陽炎(かげろう)が立つ。蜻蛉(かげろう)の羽根のように、遊(空中に遊ぶ蜘蛛の糸)のように。
水は循環する。水辺から天へ。天から大地へ。

When the sun in early summer heats the water, the air shimmers like a dragonfly’s wings, like a spider’s silk floating in the air. The water rotates from the watersides to the sky, from the sky to the ground.




Stars' Ring played by MIYATA Mayumi (sho)


陰陽五行思想によると、夏は火の季節、色は赤、方角は南、音階は黄鐘調(イ調)である。平安の昔から雅楽師たちは、季節のあゆみ、宇宙のめぐりに合わせて楽を奏でてきた。

According to Wu-Xing Thought from China, the summer is the season of the fire. The colour is red, the direction is the south, the musical scale in the Heian period is Oshiki-chou (key of A). Japanese court musicians have played their instruments in harmony with the seasons and the universe since the ancient times.



a0332314_15061334.jpg

五行思想を図にすれば…(中川真『平安京音の宇宙』)


いっぽうピタゴラスとその弟子たちは、宇宙の調和をあらわす天球の音楽を探究した。宇宙は英語でコスモス、秋桜と同じ綴りだ。


Pythagoras and his disciples searched for the Music of the Spheres. The universe is called “cosmos” also, a flower’s name.




f0374041_14020357.jpg

スケッチブックより (デンマーク、1997年)



宮澤賢治は雲間から射す光をパイプオルガンにたとえた。笙とパイプオルガンはすこし似ている。管を束ねたような形も、透明な音色も。
(下図、pinterest)


MIYAZAWA Kenji compared the light through the clouds to the pipe organ. The sho (Japanese free reed musical instrument) resembles a little the pipe organ. Both their forms and limpid sounds.




「パイプオルガン pinterest」の画像検索結果「笙 pinterest」の画像検索結果



 隣り合う二つの音、たとえばラとシを同時に鳴らすと、不協和音になる。「タルティーニ和音」、この悪魔の和音は、ドミソという和音を、解決を求める。
 笙奏者の宮田まゆみは、隣り合う二つの音から生まれるかすかな反響音、「差音(うなり)」を味わうという。緊張も、衝突も、解決も、ここには存在しない。


The combination tone is called Tartini tones in the West. This devilish tone needs the resolution to the triad.

MIYATA Mayumi, a sho player tastes this subtle combination tone. There are neither the tension nor the dissonance nor the resolution for her.




J.S.バッハ「オルガン小曲集」より「いざ来たれ、異教徒の救い主よ」


五億六千七百万年を繰り畳ね弥勒よ救へこのテロの世を


(If the future of your coming  is 567,000,000 years hence,  please save NOW  this world of the terrorism, notre Maitreya!)




a0332314_10411474.jpg

中宮寺弥勒菩薩像(永野鹿鳴荘撮影)* Maitreya, Chugu-ji Temple, Nara


(All Rights Reserved)




[PR]
by snowdrop-uta | 2017-05-26 05:11 | 音楽に寄す(music) | Trackback | Comments(0)

f0374041_10403974.jpg


幼くして亡くなった秀吉の愛児のために建てられたお寺に、美しい紅葉の絵があります。描いたのは長谷川等伯。この絵をなつかしみ、訪ねてみると、絵から抜け出てきたような薄紅葉が迎えてくれました。


In the temple for praying for the peace of TOYOTOMI Hideyoshi’ s child who died at the age of three, there is a beautiful painting of a maple tree. HASEGAWA T
ōhaku painted it. I visited Chishakuin Temple in order to see the painting for the first time in several years, when slightly-tinted maple leaves greeted me like the ones in the painting.



f0374041_10421780.jpg


f0374041_15053016.jpg

「楓図屏風」(部分)『長谷川等伯』京都国立博物館Maple by HASEGAWA Tohaku(detail)



利休好みの庭は秋の深山の趣き。日当たりのいい縁側に腰を下ろせば、足の下に緑の水面が広がります。ふり返れば、等伯の楓図や息子久蔵の桜図が並んでいます(原物は宝物館)。庭と絵に囲まれた、美しい時空間 ―


The garden is said to be
a favourite of Sen no Rikyū, and a farourite of snowdrop also. When you sit down on the sunny veranda, your feet are above the green water. When you turn back, you see Tōhaku's Maple and his son, Kyūzō's Cherry flowers, etc. (the original panels are in the Treasure room today). How beautiful and peaceful time and space between the paintings and garden !


f0374041_10371309.jpg

智積院境内

この絵が描かれたころ利休は自刃し、久蔵もほどなく26歳の若さで世を去ります。

Rikyū died around the time when the panels were painted, and soon later Kyūzō
was to die at the age of twenty-six.


f0374041_10434470.jpg


縁先の足ゆらゆらと水のうへ朝陽しづけき智積院の庭

日だまりの縁に腰かけ足ぶらぶら薄もみぢせる智積院の庭


(While sitting  on the sunny veranda,   swinging my legs,  I saw the garden of Chishaku-in Temple   with slightly-tinted leaves.)





f0374041_10443061.jpg


正面の庭は江戸時代に下ります
。水上の築山は陶淵明も愛した名山、盧山を表しています。


The middle part of the garden is made later, in the Edo period. The artificial hill represents Mount Lu, a mountain in southeastern China that Tao Yuanming (365–427) loved.


f0374041_10413001.jpg


雨上がりの朝、境内の石畳にも苔の上にも、紅葉がはらはらと散り、おりからの風に乾いてゆきます。


In the morning after a rain, on a stone pavement and on the moss, various-colored maple leaves were falling and soon became dry.


f0374041_10493568.jpg



青苔にくれなゐの葉を吹き寄せて桃山ごのみの毛氈ひとつ

(The red autumn leaves  falls on the green moss,   like a gorgeous carpet   that was loved by the nobles   in Azuchi-Momoyama period.)



f0374041_09441661.jpg
my handmade bookmark (1990s)

不堪紅葉青苔地又是涼風暮雨天 白

堪へず紅葉青苔の地またこれ涼風暮雨の天 白居易

地には青い苔の上に紅葉が散り敷き、感に堪えぬ眺めである。
天には冷ややかな風が吹き、暮れの時雨が一過して、さらに心にしみる景色である。
『白氏文集』(『和漢朗詠集』)

On the ground, red autumn leaves have fallen on the green moss, how touching!
In the sky, cool winds are blowing and an evening rain has passed, how moving!
Bai Juyi(772-846), translation of snowdrop.
This Chinese poem has been loved in Japan since the Heian period.

f0374041_14281996.jpg


五つ星のやうな紅葉が
星屑のやうな苔の上に散りぬる…
Star-like maple leaves on the stardust-like moss

(All Rights Reserved)






[PR]
by snowdrop-uta | 2016-11-24 22:22 | 花草木に寄す(plant) | Trackback | Comments(3)

*雪ごもりした小鳥がまねる百の鳥の歌…* (All Rights Reserved)