ショーソンハチドリ


ショーソンといふ苹果麺麭(りんごパン)なつかしみ京の麺麭屋の扉を押しき

A la recherche des chaussons, je poussai la porte d' une boulangerie en Kyoto.



f0374041_08582915.jpg



(9月下旬 🍎 le 28 septembre au matin)



りんごの季節、ショーソンというアップルパンが食べたくなりました。
寺町通りのブーランジェリで見つけた、こんがりショーソン!
ショーソンとは、フランス語で「室内履き」という意味です。なるほど形が似ています。
ショーソンという名の作曲家がいれば、ブーダン(ソーセージ)という名の画家も…

左の絵本は、ドイツのボハッタおばあちゃんの描いたウサギさん。
日本でなくても、くつろぐ時はパントゥフル(室内履き:仏・独)がいちばん!

Au temps de pomme (pas "de terre"! ) nouvelle,
snowdrop a trouvé des chaussons à une boulangerie en Kyoto.
Le chausson, elle veut dire la pantoufle, n' est ce pas?
Chausson (compositeur), Boudin (peintre), etc...appétissants !
Voici un petit lièvre en Allemagne, par Ida Bohatta.
En Europe aussi, on met pantoufles au moment relax!



f0374041_08590300.jpg





右のミツバチさんも、赤いスリッパを履いています。
左のオーストリアの民族衣装の少女もチロル風スリッパを…
(独墺を旅行中のsnowdrop、友人の衣装を試着させてもらいました)

Cet abeille met des chaussons rouges.
Une jeune fille portante costume traditionnel d' Autriche aussi…
(snowdrop portante un costume de son amie, Autriche, 1990s)



c0345705_07024457.jpg



(イラストは1987年、サインと写真は2018年)


りんごといえば、姉妹ブログで宮沢賢治の短歌を紹介しました。

夏りんご
すこしならべてつゝましく
まなこをつむる露店のわかもの
 『宮澤賢治全集第3巻』


ネットでは「夏」ではなく「青」となっています。青りんごもいいですね。
賢治は和りんごを「林檎」、西洋りんごを「苹果」と表記し分けているとか。


Kenji Miyazawa aima la pomme verte
et la chouette (illsutration de Kenji ).



c0345705_15124061.jpg




賢治のフクロウのコースター 🍎 ガラスの青苹果

やまひ癒えまつさらさらのたましひに賢治のことば鮮やけく染む

この絵を描いたころはやみあがり、何もかもきらめいて見えましたっけ。

Snowdrop convalescente a peint la pomme ci-dessus, en 1987.






(All Rights Reserved)

おすすめグルメ!食欲の秋を楽しもう!








[PR]
by snowdrop-uta | 2018-09-29 15:45 | 四季の食卓(table) | Comments(2)

f0374041_20431036.jpg

蛇に卵を呑まれたヒヨドリの巣(部屋の窓から*1980s)
Bulbul's nest whose eggs were swallowed by a snake (from snowdrop's room*1980s)




家の庭でマムシに右手指を咬まれて入院していました。左手タイピングしかできないので、当面は下書き済みの記事をアップするつもりです。皆さまのブログも少しずつ訪ねたいです。ぼちぼちとまたどうぞよろしくお願いします。


Snowdrop was bitten by the right hand by a viper (mamushi) and stayed in the hospital.
Elle avait de la chance de ne pas être montée au ciel au jour de la Fête des mères ?




c0345705_08504137.jpg



竹内栖鳳「艶陽」



虫愛づる心はいまだ吾がうちに虻(あぶ)もなつかし蛇もなつかし


(The love for the insect is still in my mind. I love both the horsefly and the snake.)  




(All Rights Reserved)







[PR]
by snowdrop-uta | 2017-06-10 06:52 | 鳥獣虫魚に寄す(animal)

f0374041_16111399.jpg

蜻蛉(かげろう)の羽根みたいな楓の花 * Maple flower like a dragonfly's wings



f0374041_06495590.jpg


























「糸遊」
「水ぬるむ」 蜻蛉(とんぼ)の菓子切り
Spider’s silk floating in the air, Heating the water, Dragonfly



初夏の日差しに水がぬるめば、陽炎(かげろう)が立つ。蜻蛉(かげろう)の羽根のように、遊(空中に遊ぶ蜘蛛の糸)のように。
水は循環する。水辺から天へ。天から大地へ。

When the sun in early summer heats the water, the air shimmers like a dragonfly’s wings, like a spider’s silk floating in the air. The water rotates from the watersides to the sky, from the sky to the ground.




Stars' Ring played by MIYATA Mayumi (sho)


陰陽五行思想によると、夏は火の季節、色は赤、方角は南、音階は黄鐘調(イ調)である。平安の昔から雅楽師たちは、季節のあゆみ、宇宙のめぐりに合わせて楽を奏でてきた。

According to Wu-Xing Thought from China, the summer is the season of the fire. The colour is red, the direction is the south, the musical scale in the Heian period is Oshiki-chou (key of A). Japanese court musicians have played their instruments in harmony with the seasons and the universe since the ancient times.



a0332314_15061334.jpg

五行思想を図にすれば…(中川真『平安京音の宇宙』)


いっぽうピタゴラスとその弟子たちは、宇宙の調和をあらわす天球の音楽を探究した。宇宙は英語でコスモス、秋桜と同じ綴りだ。


Pythagoras and his disciples searched for the Music of the Spheres. The universe is called “cosmos” also, a flower’s name.




f0374041_14020357.jpg

スケッチブックより (デンマーク、1997年)



宮澤賢治は雲間から射す光をパイプオルガンにたとえた。笙とパイプオルガンはすこし似ている。管を束ねたような形も、透明な音色も。
(下図、pinterest)


MIYAZAWA Kenji compared the light through the clouds to the pipe organ. The sho (Japanese free reed musical instrument) resembles a little the pipe organ. Both their forms and limpid sounds.




「パイプオルガン pinterest」の画像検索結果「笙 pinterest」の画像検索結果



 隣り合う二つの音、たとえばラとシを同時に鳴らすと、不協和音になる。「タルティーニ和音」、この悪魔の和音は、ドミソという和音を、解決を求める。
 笙奏者の宮田まゆみは、隣り合う二つの音から生まれるかすかな反響音、「差音(うなり)」を味わうという。緊張も、衝突も、解決も、ここには存在しない。


The combination tone is called Tartini tones in the West. This devilish tone needs the resolution to the triad.

MIYATA Mayumi, a sho player tastes this subtle combination tone. There are neither the tension nor the dissonance nor the resolution for her.




J.S.バッハ「オルガン小曲集」より「いざ来たれ、異教徒の救い主よ」


五億六千七百万年を繰り畳ね弥勒よ救へこのテロの世を


(If the future of your coming  is 567,000,000 years hence,  please save NOW  this world of the terrorism, notre Maitreya!)




a0332314_10411474.jpg

中宮寺弥勒菩薩像(永野鹿鳴荘撮影)* Maitreya, Chugu-ji Temple, Nara


(All Rights Reserved)




[PR]
by snowdrop-uta | 2017-05-26 05:11 | 音楽に寄す(music) | Comments(0)

c0345705_14355832.jpg

セーヌ河畔の林檎の花 * Pommier (2004)


日本人が桜を愛でるように、遠つ国の人々は林檎や梨、アーモンド、桜桃の花を愛します。いま日本に数多く植えられている染井吉野は、香りがないことが惜しまれます。昔ながらの山桜は、花とともに広がる若葉が仄かに香るのですが…

Comme les japonais aiment le cerisier, les étrangers le pommier, poirier, amandier, etc.
Le cerisier commun Someiyoshino manque de parfum, tant pis!



f0374041_12253466.jpg

背割堤の染井吉野 * Cerisier Someiyoshino (2013)



香り高き星にたとえられるのは、やはり白梅でしょうか。

L’hiver n’est point parti encore
et l’on dirait que le pommier
brusquement s’est changé
en cascade d’étoiles parfumées.
Pablo Neruda


春あさき苑に一本(ひともと)白梅は星の香りのなだりと咲けり


Dans le jardin du commencement du printemps  est debout un prunier  avec des fleurs blanches  en cascade d’ étoiles parfumées




f0374041_21134730.jpg




といふ文字のなかには居て久遠の春を馥郁と咲む


(うめと いう もんじの なかに はは は いて くおんの はるを ふくいくと えむ)



f0374041_22001133.jpg



「夕べ、どんな夢を見たの」「白梅と紅梅が光の毬遊びをしていたよ」
― 冬の朝の食卓で天使らが語りあう夢、それが春の花々なんですって。レバノンの詩人が教えてくれました。


Les fleurs du printemps sont les rêves de l’hiver racontés, le matin, à la table des anges Khalil Gibran جبران خليل (poète libanais


天使らが朝餉の卓で語りあふ冬の夢こそ春の花々
 

(てんしらが あさげの たくで かたりあう ふゆの ゆめこそ はるの はなばな)

ハリール・ジブラーン 

snowdropが仏訳より和訳(traduction en tanka par snowdrop)




f0374041_21185111.jpg



一昨年の桃の花の写真を、友人の aster rose が加工してくれました(ver.I)
Photo of peach blossoms by snowdrop(2015)  Image processing by aster rose(2016)(ver.I)

(All Rights Reserved)





[PR]
by snowdrop-uta | 2017-03-26 21:11 | 花草木に寄す(plant) | Comments(3)

f0374041_09161172.jpg


フロム(ノルウェイ)*Flåm, Norway


短い夏、ノルウェイのフィヨルドは碧(あお)や翠(みどり)の宝石のように輝く。船が通ると波が立ち、そこで人々が波乗りを楽しんでいた。

The water of Norwegian fiords shines like various precious stones during the short summer. When a ship passed by, the waves were born, where people enjoyed surfing. Bonnes vacances!


f0374041_09142549.jpg

アウルランドフィヨルド*Aurlandsfjord


ゆき過ぐる船の残せし波に乗り北国(ほっこく)人の夏は()く過ぐ

(While surfing on the waves  left by passing motorboats,  passes fast  the summer of Aurlandsfjord,  in Norway, a northern country )


「Albert Edelfelt  water」の画像検索結果

Boys playing in the water painted by Albert Edelfelt (pinterest)


隣の国、フィンランドでは、船が残す波でおもちゃのボート遊びをする少年たちが…

In a neighbour counrtry, Finland, I saw the boys playing with their toy ships by the waves left from the real ships.


シリヤライン!と叫ぶ水辺の少年とふたたび逢ひぬ昔の絵にて


“Silja line three boys shouting on the shore―  I met them again in one picture in a museum  painted one century before.



f0374041_20100914.jpg


ソグネフィヨルド*Sognefjord

船上で出会った中国人は、ソグネフィヨルドを「青い桂林」と呼んだ。

A Chinese compared this landscape to Guilin' s.


フィヨルドを瑠璃の桂林といふ人の故国の空はいまや濁れり


A Chinise called  Sognefjord “blue Guilin”,  but in his homeland, the air has become hazy  since two thousands.


f0374041_20023036.jpg

(All Rights Reserved)




[PR]
by snowdrop-uta | 2007-08-17 21:23 | 旅(西洋)(journey*West) | Comments(0)


こんなにも美しいワインレッドの野原を、エリカ羊はわき目もふらず、まっすぐまっすぐ歩いてゆきます。足元の草だけを見つめて、ひたすらもぐもぐ咀嚼しながら…


In such a beautiful wine-red field, the Erica sheeps walk straightly, while seeing and chewing the weeds near their feet only.




f0374041_11025883.jpg



目路はるか葡萄(えび)色の原ひろがれど羊はあゆむ草ばかり見て


(While the wine-red field spreads as far as the eye can see, Erica sheeps are looking down only weeds at their feet and walking geradeaus, immer immer geradeaus.)


f0374041_11074821.jpg

(All Rights Reserved)




2014/11/20 22:44

Elli「ブログ開設、おめでとうございます。

字の並びも響きも美しい歌に、センス溢れる写真。

旅のスケッチも、温もりがあっていいですね。

それにしても、存在感のある羊!

懐かしい絵はがき。。。かな?

英語バージョン、すごいな~と思って読んでたら、最後のドイツ語~

思わず内輪受けで、大笑いしてしまいました!

ユーモアのセンスも愉しくて、これからも楽しみにしてます」

2014/11/24 6:36

snowdrop「コメントをどうもありがとうございます。

まだ不慣れで、気づくのが遅れてごめんなさい(0)

このブログは、elliさまなしに生まれなかったと、改めて感謝しています。

エリカの野原のサイクリング、絵葉書の羊の面構え、現地の婆ちゃんのドイツ語…

欧州に限らず、いろんな土地や言葉への目をひらかせてもらいました。

歌い始めたばかりで、分かりにくい句歌が多いでしょうが

ご質問やツッコミも大歓迎です。また来てくださいね♪」




[PR]
by snowdrop-uta | 2002-08-06 21:52 | 旅(西洋)(journey*West) | Comments(0)

久しぶりに『サラダ記念日』を開いたら、学生時代のワープロ打ちの短歌が出てきました。活字にできるのが嬉しかったのでしょう。




f0374041_20431036.jpg




通学路の団地のポプラ芽吹きたり星のつぼみが青空に咲く

網戸ごしにあおぐ夏樹と夏ぞらはモザイクもようのシニャックの絵


大和路にゆらりと白き曼珠沙華夕焼け空に魂
(たま)吸われしか


時雨ふるヒヨドリの巣に落ち葉眠る卵奪
(と)られし真夏の悲鳴よ

(In a nest of a bulbul,  several autumn leaves are sleeping.  The cry of the bird  deprived of her eggs  pierced my ears in that summer day.)


放課後の教室染めし恋の歌友も私も声を落としき


皿洗い苛立ち悩み指先を抜けて流れてふと母を想う


大そうじ古き人形ふと抱きてつきりと痛き二十歳の初秋

(During spring cleaning  I happened to hug my old doll,Juju,  which made me,  a twenty-year-old student,  a little painful.)


あたらしき絵筆にうすくれない残り白き小部屋に桃の春呼ぶ


f0374041_20431865.jpg

Mademoiselle Juju, Japanese doll(preliminary sketch)


(All Rights Reserved)





[PR]
by snowdrop-uta | 2001-04-01 00:00 | 本棚から(book) | Comments(0)

*雪ごもりした小鳥がまねる百の鳥の歌…* (All Rights Reserved)