人気ブログランキング |

東方の風 * Oriental wind

f0374041_09315217.jpg

























ゆきあいの空(8月)
寺町通(5月)


f0374041_07185801.jpg




そよかぜと おなじ りずむで ぢいさまは あかんぼ ゆらす ゆらら ららばい

synchronized with breezes,
a great-grandfather is swinging his little baby
lulla, lulla, lullaby
lulla, lulla, lullaby

ulla, lulla, lullaby, lulla, lulla, lullaby.
W. Shakespeare  
(シェイクスピア「夏の夜の夢」)


「Indian attendant midsummer night dream shakespeare」の画像検索結果

「夏の夜の夢」に出てくるインドの小姓です。
インドもエジプトも旧英国領…(google search)
Indian attendant of Titania (google search)




f0374041_09472786.jpg



























寺町通のミシン*スフィンクス(エジプト)のデザイン*Design of Sphinx 



白南風(しろはえ)のシンガーミシンで縫ひませう
埃及(ゑぢぷと木綿のしろき襁褓むつき

let's sew white diapers
of Egyptian cotton
in the south wind of June
with an old fashioned
Singer sewing machine





f0374041_07201574.jpg



日経新聞(8月15日朝刊)*NIKKEI


おまけ*Bonus

アガサ・クリスティーの「ナイルに死す」ゆかりのホテル(2010年)

The hotel related to Death On the Nile by Agatha Christie(2010)



f0374041_09274079.jpg



(All Rights Reserved)





by snowdrop-uta | 2019-08-28 05:48 | 京近江めぐり(Kyoto, Shiga) | Comments(4)

f0374041_06450806.jpg


snowdropの写真をaster*roseがイラスト加工してくれました。こまかい点描に拍手!👏

👏 photo by snowdrop, image proccessing and lettering by aster*rose*Applause!👏



ねむたくてねむたあいからねむの花ゆらゆらゆるる夢をみる午後



明日は処暑、そちらは少しでも残暑が収まりましたでしょうか…



f0374041_06465218.jpg

























英語名は Persian silk tree(ペルシアの絹の木)(6月)



うすべにの花火とみゆる合歓の花もう届かないあの遠花火

des fleurs roses
d' arbre à soie
comme
feux d' artifice lointaines,
maintenant inaccessibles





f0374041_07233877.jpg



f0374041_09364457.jpg


f0374041_07224223.jpg



(All Rights Reserved)




by snowdrop-uta | 2019-08-22 07:15 | 花草木に寄す(plant)






サン・サーンスといえば'白鳥'をはじめとする「動物の謝肉祭」が有名ですが…
「アフリカ幻想曲」にもシビレます♪ ↑
恩田陸の小説『蜂蜜と遠雷』で、このコンチェルトをはじめて知りました。

Saint-Saens is known by his 'Swan' in The Carnival of the Animals,
his Fantaisie 'Africa' Op.89 also is exciting!
This piece is one of set pieces of the piano competition
in Onda Riku's novel Honey and Distant Thunder.



f0374041_14001547.jpg

わが家のピアノ♪コンクールは子供のころ一度だけ…


この小説をことし読みたくなったのは、宮澤賢治をモチーフにした
「春と修羅」という現代曲が出てくるからです(フィクション)。
映画版「蜂蜜と遠雷」がこの秋、リリースされるそうですが
「春と修羅」は演奏されるでしょうか…されるなら、観てみたいな♪

A fictional peace Spring and Shura in this novel made me buy this book.



f0374041_13360585.jpg



エジプトのピアノ(2010年)


タイトルの「蜂蜜」は、登場人物の一人が養蜂業者の息子で
「蜂蜜王子」と呼ばれるところから来ています。
蜂蜜といえば、エジプトでこんなのが!コムハニー(巣蜜)といいます。
養蜂箱の板にできた蜂の巣を、テニスのネットみたいに立ててあります。
あま~い蜂蜜が舌に溶けていったあとで
六角形の蜜蝋がじゃりじゃり口の中に残りますが、これも高栄養だとか。

The title includes honey, which comes from the setting
where one character's father is an apiarist.
As for the honey, I have eaten comb-honey in Egypt.



f0374041_13340408.jpg



カイロの朝食ビュッフェ*comb-honey, breakfast in Cairo


養蜂は古代ローマの『農耕詩』(ウェルギリウス)にも出てきます。発祥の地の一つは
「カノプスの幸福な人々が、ナイル川の氾濫によって広がる水のよどみのほとりに住み、
色鮮やかな小舟に乗って自分の農地を巡回する所」(小川正廣訳)とされています。
カノプスはマケドニアの首都。アレクサンドロス大王が生まれた町です。

The apiculture appears in The Georgics of Virgil.
"Nam qua Pellaei gens fortunata Canopi
accolit effuso stagnantem flumine Nilum
et circum pictis vehitur sua rura phaselis(…)"
― GEORGICON LIBER QVARTVS (Latin Library)



f0374041_20453465.jpg




















       ↑
古代の養蜂の巣箱(2012年撮影)



ウェルギリウスに見せてあげたいピノキオの高い鼻持つやまとのなすび
vorrei mostrare
a Vergilius
questa melanzana
con il naso lungo
come Pinocchius




a0332314_14370113.jpg


Solanum melongena come Pinocchio

「ピノキオ プー アニメ」の画像検索結果

(google search)

おまけ 
🐻 Bonus

蜂蜜といえば、プーさん!

a0332314_10064153.jpg


ラテン語版『クマのプーさん』 🐻 Winnie Ille Pu (Penguin Books) 🐧



(All Rights Reserved)












by snowdrop-uta | 2019-08-17 06:40 | 音楽に寄す(music)

f0374041_06464791.jpg



ザルツカンマーグート(1990年代)* Salzkammergut(1990s)


8月11日は山の日です。さあ、あの山を登ろう!?

Today is Mountain Day in Japan, August 11 th.


「アウグストゥス」の画像検索結果

8月(August
)の語源、Augustus帝
(wikipedia)

c0345705_11331419.jpg



Timbres commémoratives du jour de la montagne (11, 8, 2016)




たましひはちさきてふてふアイリスの藍いろ深きみ空をしたふ

animula est
Apatura iris penisularis
desiderat
caelum sicut
Iris sanguinea



a0332314_07005765.jpg



ヘルマン・ヘッセ『蝶』*Schmetteringe, H.Hesse
Illustration by Claus Caspari


(All Rights Reserved)







by snowdrop-uta | 2019-08-11 18:40 | 旅(西洋)(journey*West)

愛の花火 * feu d' amour

f0374041_18164615.jpg


(7月撮影)


アガパンサスは青だけではありませんでした。

雪白のアガパンサス、まるで白い花火のよう。

Les agapanthes ne sont pas toujours bleues, mais
il y a celles blanches comme un feu d' artifice aussi !



f0374041_18181078.jpg



アガパンサスは愛の花。
ギリシア語のアガペー(愛)とアントス(花)がひとつになって
アガパンサスという名前になりました。
またの名を「ナイルの百合」。

L' agapanthe est une fleur d' amour.
En grec, αγάπη+άνθος =αγάπανθος.



f0374041_18154220.jpg



ナイル川のほとりに咲ける白き花 ハドリアヌスのヴィラにも咲くや

les fleurs blanches
au bord du Nil
elles étaient en fleur
à la villa d'Hadrien aussi?




f0374041_18160995.jpg



「ナイルの百合」の白い花びらは
ナイルで溺死した少年、アンティノウスの肌(はだえ)を思わせます。
アンティノウス(右)はハドリアヌス帝(左)の恋人でした。
皇帝は晩年、ローマ郊外の別荘に旅の思い出の国々を再現しました。
桂離宮の庭に造られた天橋立を思い出します。どこかテーマパーク的?
ナイル川のエリアには、アガパンサスが植えられていたでしょうか?





「hadrianus」の画像検索結果(pinterest)(amazon)「hadrian yourcenar」の画像検索結果



Another name is the lily of Nile,
which reminds me of the pale skin of Antinous
who was Hadrian's lover and drowned in the Nile.


f0374041_09144608.jpg
































ナイルの観光船 * the Nile, 2010


先月はオスマン・トルコを舞台にした『わたしの名は赤』を読み返し
気分はすっかりオリエント!
そこで、図書館から『アレクサンドリア四重奏』を借りてきました。
でも、あえなく1巻目で挫折…じつは苦手なんです、恋愛小説!

In July, I read again Orhan Pamuk's My Name Is Red.
In August, I have begun to read The Alexandria Quartet,
whose author is a brother of naturalist Lawrence Durrell.


「アレクサンドリア四重奏」の画像検索結果




いつか行かむ、トルコ、ペルシア、ウズベキスタン、図書館炎(も)えしアレクサンドリア

un jour
j' irai à Turquie, Perse, Ouzbkistan,
et Alexandrie où
Bibliothèque d'Alexandrie brûla.



「わたしの名は赤」の画像検索結果



(All Rights Reserved)






by snowdrop-uta | 2019-08-04 05:11 | 花草木に寄す(plant)

*雪ごもりした小鳥がまねる百の鳥の歌…* (All Rights Reserved)