人気ブログランキング |

f0374041_13224496.jpg



四天王寺境内の蜂須賀桜(彼岸)🌸 Shitenno-ji Temple, March

口縄坂 🌸 マンホールに桜 🌸 Kuchi-nawa Slope


a0332314_13473589.jpg



「夕日丘」→「予備校」が合言葉なり父の青春浪花(なにわ)にありき



東のダザイ、西のオダサク?(google search)

Dazai Osamu(太宰治)   VS   Oda Sakunosuke(織田作之助)

関連画像

 
snowdropも学生時代を大阪で過ごしましたが…

オダサクもまむしカレーもなじみなく浪花の青春うすく過ぎたり

in my school days
I rarely read Oda-Saku
and have never eaten
the curry in his famous novel
my youth in Osaka was too calm

大阪の小説いうたらお聖さんホットケーキとホットミルクと

(田辺聖子「ちさという女」に ホットケーキが出てきます)



f0374041_13565336.jpg








































織田作之助「木の都」より
「口繩(くちなわ)とは大阪で蛇のことである。といえば、はや察せられるように、口繩坂はまことに蛇の如くくねくねと木々の間を縫うて登る古びた石段の坂である。蛇坂といってしまえば打(ぶ)ちこわしになるところを、くちなわ坂とよんだところに情調もおかし味もうかがわれ、この名のゆえに大阪では一番さきに頭に泛ぶ坂なのだが、しかし年少の頃の私は口繩坂という名称のもつ趣きには注意が向かず、むしろその坂を登り詰めた高台が夕陽丘とよばれ、その界隈の町が夕陽丘であることの方に、淡い青春の想いが傾いた」

"Kuchinawa" means "snake" in Osaka. Kuchinawa Slope is a slope of old stone steps winding through trees like a real snake. "Snake Slope" would spoil a quaint atmosphere and humour of "Kuchinawa (archaic word) Slope" . The top of this slope and its neighborhood are called Sunset Hill which led to the faint melancholy of my youth.City of Trees by Oda Sakunosuke, summary by snowdrop



f0374041_09080750.jpg

















オダサク(織田作之助)の文学碑(口縄坂)
literature monument of Oda Sakunosuke at Kuchinawa Slope



「夕陽丘とは古くからある名であろう。昔この高台からはるかに西を望めば浪華の海に夕陽の落ちるのが眺められたのであろう。藤原家隆卿であろうか『ちぎりあれば難波の里にやどり来て波の入日をおがみつるかな』とこの高台で歌った頃には、もう夕陽丘の名は約束されていたかと思われる」(同上)

”Sunset Hill” must be a historical name. In the ancient time, one must have seen the setting sun over the sea of Naniwa(=Wave Flower, ancient name of Osaka)in overlooking toward the West from this hill. When Fujiwara no Ietaka composed a waka:
"Because of Buddha's providence, I have come to stay in Naniwa Village and worshipped the setting sun over waves" ,
the name Sunset Hill had been already desitined, I think.
(idem)



f0374041_13333863.jpg































f0374041_13324925.jpg



a0332314_21271236.jpg


浪花(なみはな)(あふみ)はいまや遠けれど(いえ)(たか)(づか)を灯台として



a0332314_07004567.jpg

家隆塚(Ietaka's alleged tomb)



藤原家隆 (1158-1237)は「百人一首」(藤原定家 撰)にも出てくる歌人です。
風そよぐならの小川の夕暮はみそぎぞ夏のしるしなりける  家隆
隠岐島に流された後鳥羽院の「遠島御歌合」に歌を届けるなど、あたたかな人柄であったといいます。
病を得て四天王寺に参篭し、春の彼岸に日想観を行い、八十歳の長寿をまっとうしました。

Fujiwara no Ietaka (1158-1237) is a waka poet whose waka was selected
by Fujiwara no Teika(1162-1241) in One Hundred Poets, One Poem Each.
He was warm-hearted person who sent waka poems to ex-Emperor Gotoba
who had been exiled in Oki-no-shima Island after Jokyu War (1221).
When he fell sick, he confined himself in Shitenno-ji Temple to pray.
He contemplated Amida Buddha in the setting sun on Vernal Equinox Day.
He became a priest and died on April 9th at eighty years of age.



「藤原家隆」の画像検索結果「藤原家隆」の画像検索結果


家隆(Ietaka) VS 定家(Teika)

(wikipedia)


f0374041_13350985.jpg




七坂のうち四坂を登りたり地元の人も名知らぬ坂を


I went up

four of seven slopes

whose names

are not known to

even the locals




a0332314_13484934.jpg

口縄坂*Kuchinawa Slope



a0332314_13425924.jpg

清水坂*Kiyomizu Slope


a0332314_13451891.jpg

天神坂とミモザ*Tenjin Slope


f0374041_06524196.jpg


























ちょっとピンぼけ*Slightly out of Focus

(All Rights Reserved)


よろしければ、おまけ*Bonus

四天王寺を舞台にしたお能のおはなし(後編)です。










by snowdrop-uta | 2019-03-30 20:50 | 大阪兵庫めぐり(Osaka, Kobe) | Comments(2)

f0374041_09584447.jpg


彼岸の入り*the equinoctial week, Shitenno-ji Temple



春のお彼岸の四天王寺へようこそ~
これから極楽門の向こうの石ノ鳥居へ日が沈むんやけど…
snowdropは待ち切れんと去(い)んでしもた。
なんでも、テキ屋さんやらが店じまいし出して心細なったんやて。
あかんたれやなあ。

Welcome to Shitenno-ji Temple!
The sun is going to set over the stone torii-gate beyond Paradise Gate,
but snowdrop has already gone home ! She has no guts !



f0374041_16244178.jpg


 広島焼


五重塔と並んでうれしビルヂングぬくき彼岸の風に吹かれて


天幕の下で始まる店じまひ「ジャンジャン横丁のカツはうまいで」

they have begun
to close up the stall stands
under blue vinyl roofs, saying
"The “deep-fried mixed kebabs
in Jan-Jan Lane, SUPERB !"




f0374041_09271557.jpg




↑この猫の置物をおいた露店は 猫之門の向かいに陣取ってた。
申し遅れまして…わては四天王寺の「猫之門」の猫でんねん。

This stall stand was in front of Cat Gate.
I am a cat on Cat Gate, by the way.



a0332314_07000224.jpg



猫之門は 四天王寺境内の東、宝物館の近くにありまんねん。
「なんで猫の門?」(snowdrop)
露店のおばちゃんに尋(た)ねてみたら、おばちゃん、わてを指さした。

Why is this called Cat Gate ? Because of this sculpture.


a0332314_06591270.jpg


ココや、ココ!
わてを彫ったんは かの江戸時代の名工、左甚五郎やて。
「やて」やて? わてかて知らんがな。寝てたさかいな。

HERE HERE !
A stallholder says I was carved by a famous craftsman in the Edo period,
but I myself don't know because I am a "sleeping cat".


a0332314_06584924.jpg

眠り猫 🐈 sleeping cat


四天王寺界隈には寺社と猫が多い。
善龍寺の門前のこの猫。わてと似てへんか?

This cat looks like me, doesn't he ?


a0332314_06164170.jpg



浪花(なにわ)の猫は 京の猫と 面構えがちゃうで!

The cat in Osaka is more tough-looking than that in Kyoto !



「ももさえずり 吟行 猫 みささぎ吟行」の画像検索結果



うち、京の猫どす。。。(2016年)🐈 Je suis une chatte en Kyoto.

わてら強面(コワモテ)浪花の猫にゃん(2019年)🐈 cats in Osaka


a0332314_15412014.jpg

善龍寺門前*Zentyu-ji Temple

大江神社境内*Oe Shrine

a0332314_06582279.jpg



猫の門、猫の寺、猫の社、猫の町…「猫町」て四天王寺にもあったんやなあ。
『猫町』を書いたんはハギサク(萩原朔太郎)やけど、
大阪いうたらオダサク(織田作之助)やな。七坂とオダサクの話もせんとな。

Cat Gate, Cat Temple, Cat Shrine, Cat Town…



a0332314_06573053.jpg




犬殖栗(いぬふぐり)咲きいだすころ訪ねたる み寺と坂と猫多き町

when the veronica
began to bloom
I visited a town
with many temples, many shrines,
many slopes and many cats



f0374041_09522885.jpg

























Cat Town
by Hagiwara Sakutaro(1886-1942)



おまけ*Bonus

オダサク、知らへん? 映画やNHKのドラマにもなった 大阪の作家やがな。
次回、オダサクの碑を見せるわな。

Oda-saku (Oda Sakunosuke)(1913-1947) is a famous writer in Osaka.


「織田作之助 ドラマ」の画像検索結果


織田作之助を主人公にしたTVドラマ(2013年)

「四天王寺は夕日の町」へつづく

I'll talk about Oda-Saku next time !




四天王寺を舞台にした能「弱法師」については「やまと編」へどうぞ。 ↑


(All Rights Reserved)








by snowdrop-uta | 2019-03-23 06:34 | 鳥獣虫魚に寄す(animal) | Comments(10)

c0345705_09450767.jpg



MoMAK(京都近代美術館)の大階段に「金のキャベツ」出現?!
第二外国語がドイツ語だったsnowdropが初めて旅したヨーロッパは独墺。
古都ウィーンの街なかに☆きんきら「金のキャベツ」は衝撃でした。
目がアットマークになった(@@)20代の夏でした。

The Golden Cabbage appeared in MoMAK !!
Secessionsgebäude had been shocking for snowdrop,
who were traveling in Europe for the first time
admiring the historical and traditional townscape.



「セセッション館 wiki」の画像検索結果

セセッション館(「金のキャベツ」)
Secessionsgebäude(wikipedia


まぼろしのウィーンを仰ぐことができたのは
セセッションの展覧会が開かれていた2月24日まででした。
セセッションってなあに?
19世紀末にオーストリアやドイツで活動した芸術グループです。
同じ頃フランスで流行したジャポニスムと通じるものがあります。

The first figure was an illusion of Wien during the exhibition of Secession.
Secession is the artists' group in Wien, Munich, etc. in the late 19th century.
Around the same time in France, Japonisme was a trend.


c0345705_09462627.jpg

ウィーン分離派展記念絵葉書(1898年)
出品作品の図版はすべて撮影許可を頂いています

「広重 月に雁 ももさへづり」の画像検索結果

歌川広重「月に雁」(1832-35年頃)
The moon and geese UTAGAWA Hiroshige(wikipedia)



たとえば、広重の版画がアレンジされてこんな絵葉書に…↑

Here is a postcard inspired by Hiroshige, a Japanese artist. ↑


c0345705_09444639.jpg

クリムト「パラス・アテナ」*Pallas Athene by Klimt



「デーモン小暮 あっかんべー」の画像検索結果

(google search)

セセッションの主導者、クリムトの描いたアテネの守護女神から
デーモン小暮のメイクを連想してしまいました。。。

Pallas Athene by Klimt looks like a Japanese singer, Demon Kogure.


c0345705_09472092.jpg



ココシュカの絵葉書「山麓で羊といる少女」(1906-08年)。
まるでハイジの世界です。
『ハイジ』はヨハンナ・シュピリによって1881年に執筆されました。

This postcard was designed by Oskar Kokoschka in 1906-08.
It reminds me of Heidis Lehr und Wanderjahre,
which had been written by Johanna Spyri in 1881.


f0374041_10175733.jpg



この美しい詩のページは、フランスのプルースト好みです。
大学で仏文学を勉強していた頃、セセッションの講義も聴講しました。
このときsnowdropはまだ30代でした……昨日のことのようです。
なのに講義ノートがどうしても見つかりません!やはり時は流れたのですね…

These beautiful pages might be Proust's taste !
While studying RTP in university in my thirties,
I attended a lecture on Secession also
because there were common elements between two trends.


f0374041_10154607.jpg



1900年頃、さまざまな図案集が出版されました。
こちらは妖精好きのあなたに…

Here are several of various design collections around 1900.
For a fairy-lover…↑



f0374041_10162359.jpg



スポーツ好きのあなたに、リケダン(理系男子)のあなたに。
↑ そして、本好きのあなたにはこんな蔵書印を。

For a sport-lover, for a bookworm…


c0345705_09453039.jpg



猫好きのあなたに 🐈
↓ スイーツ好きのあなたには、チョコレートのパッケージを。

For ein Katzenliebhaber (cat-lover), 🐈
and for a chocolate-lover…



f0374041_10214230.jpg




さまざまなカレンダーや季節の行事絵。
江戸時代の日本でも、絵暦や月次絵(つきなみえ)がさかんに作られました。

Various calendars and illustrations of annual events were
inspired by Japanese picture calendars in the Edo period?



f0374041_10255565.jpg

f0374041_10141521.jpg


f0374041_10231933.jpg





ラストは、紺紙金泥経典絵を思わせる美しい装丁の本。
でも、どうやら温泉保養地ガイドブックのようです。
この本を片手に訪ねれば、薬効ある極楽湯が待っている?!

Is this beautiful book a collection of poems ?
According to the title, this might be a spa-guide.
This blue and gold book will bring you hot springs like paradise,
while a blue and gold sutra tells you about a Buddhist paradise.




f0374041_10270400.jpg


瑠璃いろの薬師の岸より金色の阿弥陀の岸へしるべの御経 (2016年)


c0345705_15133782.jpg


中尊寺経 Chusonji-kyo. sutra in gold characters on blue paper (12th century) 
『王朝絵巻と装飾経』講談社

(All Rights Reserved)




by snowdrop-uta | 2019-03-17 06:10 | 美術に寄す(fine art) | Comments(2)


a0332314_16270869.jpg


a0332314_14413869.jpg




1たす1は2 🌸 Un plus un égalent deux.



c0345705_21205435.jpg


a0332314_06255385.jpg



2たす2は4 🌸🌸 Deux plus deux égalent quatre.



a0332314_14482138.jpg


f0374041_15033266.jpg


























4たす4は8 🌸🌸🌸🌸 Quatre plus quatre égalent huit.



f0374041_15002488.jpg



























f0374041_15023029.jpg



























8たす8は… 🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸 Huit plus huit trrrrrrrr……



f0374041_15030494.jpg



f0374041_15050759.jpg


f0374041_14182035.jpg




春といふ時を味方に枝垂れむめ二十日あまりをゆるりと咲きつぐ


mettant le printemps

de son côté

le prunier est en fleurs

petit à petit

pendant vingt jours



f0374041_22542274.jpg




酒坏尓 梅花浮 念共 飲而後者 落去登母与之   大伴坂上郎女

酒坏にの花浮かべ思ふどち飲みての後は散りぬともよし
萬葉集巻八1656

酒坏に梅の花を浮かべ、親しい者同士で飲んだあとは、散ってしまってもよい



Après avoir bu du saké et pétales de fleur de prunier dans une verre avec mes ami(e)s, je ne regretterai pas même si elles toutes tombent. ― Man'yo-shu, tr. par snowdrop





f0374041_15304383.jpg


(2019年2月10日ー3月2日)



万葉人も女子会を? 
snowdropには3月生まれのリア友、ブロ友が何人もいます。
🌸 「おめでとう」の足し算です 🌸 




a0332314_09562033.jpg


春鹿
🌸 梅乃宿


おまけ(Bonus) トルコ人も女子会を?

ササン朝ペルシア・スタイルの水瓶が正倉院にも、オスマン・トルコの宮廷にも…

A Persian style pitcher both in Shosoin Repository and in Osman Empire …



「正倉院 漆胡瓶 ササン朝」の画像検索結果

(google search)

f0374041_07175866.jpg



↑左のちゃぶ台に水瓶が…
(オスマン帝国外伝)


(All Rights Reserved)


【キャンペーン】『小さい春、み~つけた』雪解けや開花…うれしい春の便りを募集中!








by snowdrop-uta | 2019-03-10 06:10 | 花草木に寄す(plant) | Comments(5)

f0374041_14330614.jpg




烏羽玉(うばたま)の黒光りせるランドセルしょってみたいな女の子でも

cartable noir
reluisant comme un fruit de
Belamcanda Chinensis
moi aussi, une fillette
veut porter sur le dot



f0374041_14153096.jpg


「マリメッコ ももさえずり」の画像検索結果



子供服売り場にも、徐々にジェンダーレス化の風が?
女の子向けと思しき売場、ピンクや赤、黄色の暖色系が中心ですが
シックな黒も右に見えます。
あら、壁にマリメッコの本が!フィンランドのアパレルメーカー、
CEOは女性でしたっけ。黒の着こなしが粋!(NIKKEI STYLE↑)

Le magasin de mode enfantine est devenu plus genderless ?
Est-ce que ce rayon de la couleur chaud est pour filles?
Oh, un livre marimekko est sur le mur !
CEO est une femme en noir comme la partie gauche !↑



f0374041_14141794.jpg




男の子向けと思しき服は、青やグレーなど寒色系がメインです。
自動車や飛行機に飛びつくのは男の子と決まっているでしょうか?
壁の絵本がいいですね!本好きの子供になりますように…

Le rayon de la couleur froide est pour garçons ?
Est-ce que c' est un garçon qui aime le véhicule ?



f0374041_07472988.jpg



ourson 
et rat


このキアリスチェック(?)のズボンは男の子にも女の子にも似合いそう…

Ce pantalon va bien à garçons et filles.




f0374041_16125090.jpg



↑父のセリフ「ヨーロッパの一部の階級では男子にもスカートをはかせていたし…」
(大島弓子『つるばら つるばら』)

↑ Cet enfant prefère une jupe à un pantalon. Son père dit
"Pas de problème, des garçons portaient une jupe en Europe…".


「Madame Georges Charpentier MET」の画像検索結果


ルノワール「シャルパンティエ夫人と子供たち」(右のスカートの子供は男の子)

Madame Georges Charpentier et ses enfants par Renoir (1787)
Un garçons aussi porte une jupe dans ce peinture (MET Mus.HP)


ひらひらとまあるく風をはらむ裾スーフィー教徒に生まれたかつた

j' adore
l'ourlet de la jupe
qui est rond
comme un papillon dans le vent
je voulais devenir un Soufi



「Sufi dance pinterest photo」の画像検索結果

スーフィー教徒の踊り (Soufi danse)(google search)


これは最近エキサイトブログでよく見かける広告の一つです(コピー画像)。↓
伝統的な親王雛ではお内裏さまが手前なのに(ピントはお雛さまの衣装に ^^;)
本金親王雛ではとうとうお雛さまが前に!レディーファーストが進行中?

Voilà une publicité qui souvent apparaît à notre excite blog.
Honneur aux dames est avancé dans les poupées de la fête de fillles ?

「まろた 古今親王雛」の画像検索結果



type traditionnel


お雛さまお内裏さまと並びつつずずいと前へ金糸が売りよ」


type luxueux

「本金親王雛 まろた」の画像検索結果




snowdropはひとりっ子でした…


姉さまの白いお顔にあこがれた三人官女を見あげるたびに






(All Rights Reserved)







by snowdrop-uta | 2019-03-03 07:03 | 大阪兵庫めぐり(Osaka, Kobe) | Comments(8)

*雪ごもりした小鳥がまねる百の鳥の歌…* (All Rights Reserved)