f0374041_13535175.jpg





京都の寺町通には、古い洋菓子店があります。
どれくらい古いかって?これくらい … ^^ ↓
創業は明治40(1907)年にさかのぼります。

There is a long-established pastry shop at Teramachi Street (since 1907).
The below photo was taken in the early Showa period, around 1936.




f0374041_13551372.jpg






表は木造漆喰の白い洋館です。
まるみを帯びたショーケースと、セラドン・ブルーのタイルが洒落ていますね。
昔なつかしい風情の焼き菓子に誘われ、板硝子の扉を押して中へ…

The facade is a white European-style building's.
The rounded display case and the celadon blue tiles are chic!
Let's open the plate glass door…




f0374041_13530597.jpg






高い天井を見上げると、唐草文様の照明や
凝った字体の「開新堂」の書(明治三筆の一人、日下部鳴鶴の揮毫)
濃緑色の大理石の柱などが目を引きます。

The high ceiling and dark green marble columns,
the calligraphy (堂新開) of Kusakabe Meikaku
(one of three famous calligraphers in the Meiji period),
everything attract us.



f0374041_13581283.jpg






右側の通路を抜けると、モダンな和館に迎えられます。
ここで靴を脱いで、奥の喫茶室に入るのです。

The inner rooms are in modern-Japanese style.
We take off shoes to enter.




f0374041_14080950.jpg




























秋の坪庭と桔梗の生け花とを愛でながらお茶を…
ここのロシアケーキは、やわらかなクッキーのよう。
ぶどうのジャムを舌に残して飲む紅茶はロシアンティーの味わい。

A table with a view of the traditional inner garden.
Their Russian cake is like a soft cookie.
The grape jam inside goes well with a cup of tea,
like the Russian tea!




f0374041_14084133.jpg




























ふり返ると、洋間もありました。初代の奥様が茶室として用いていたとか。
聚楽壁と洋風のテーブルセットが調和してシックです。

There is a Western-style room also.
It used to be a tea room of the founder's wife.
The mud walls are Japanese juraku-kabe.



f0374041_14142445.jpg





このアーチ窓が表の店舗とつながっています。

Did she peek into the shop through these arc windows ?



f0374041_14164616.jpg




























  ゆるやかに垂れる二本のリボンもて
                束ねてください姫への菓子を


  avec deux rubans tombants du plafond
                  nouez ces gâteaux pour les princesses japonaises, s.v.p.!



f0374041_14181772.jpg




























宮中に納められた時期もある、すなおで深い味わいのお菓子。
家づと(おみやげ)には、カラフルなロシアケーキなどを選びました。

They used to be a purveyor to the Imperial Household.
I bought simple and nourishing cakes for my family.




テレマン「食卓の音楽」



お向かいの三月書房で求めた歌集『食卓の音楽』をひらけば、
BGMはテレマンのターフェルムジーク(食卓の音楽)で決まりですね♪
ソチ五輪のころ読みふけったロシアの本も久しぶりに出してきましょう。
ああ、これでサモワール(ロシアの湯沸)さえあれば…!

In our dining room,
I read a book that I bought at March Bookshop
Tafelmusik by Sugizaki Tsuneo.
With
Tafelmusik by Telemann,
with Russian cake and a cup of tea♪
I wish there was a samovar here!



f0374041_14193488.jpg





わが家の食卓 * our table


snowdropの友が手作りしてくれたドーナツ星雲の栞 ★
bookmark of Ring Nebura made by snowdrop's friend



f0374041_21384523.jpg


























↑「星の食卓」の章の扉には、歌人みずからが撮影した夢幻的な写真 ☆彡
 杉崎恒夫は自分の撮った写真と歌とをコラボさせた本を夢見ていました。

 http://prc.nao.ac.jp/museum/arc_news/arc_news384.pdf  (photo by Sugizaki Tsuneo)

原種のチューリップの写真(snowdrop)とコラボさせて頂きます。。。


Img_3028_800x600




チューリップの盃あげて寿ぎし<新春(ノールーズ)>とはいかなる祭
― 杉崎恒夫「星の食卓」より

What kind of festival Nowruz <نوروز> is,
where people celebrated the new year 
by making a toast with tulip glasses?
― Sugizaki Tsuneo, trans. by snowdrop
「杉崎恒夫」の画像検索結果

(google search)

(All Rights Reserved)




[PR]
by snowdrop-uta | 2018-10-26 18:08 | 四季の食卓(table) | Comments(8)

f0374041_16194441.jpg





母ゆずりのお鍋に穴が開いてしまって、同じデザインのものを求めました。
ケトルも琺瑯の粉がときおりお湯に混じるので、一緒に買い替えることに。
描かれているのは双子の林檎でしょうか。紅玉と並べてみましょう。
フランス革命暦の「リンゴの日」は10月22日ごろです。

Une des marmites et une bouilloire de ma mère,
elles sont remplacées par les neuves.
Aujourd'hui, c'est le jour de pomme en France!



f0374041_08475873.jpg





果樹園の枝におもたき赤き実は修学旅行のふたりを見てた

des fruits rouges lourds
dans des pommiers
dans le verger
observaient nous deux
pendant le voyage scolaire



f0374041_08195501.jpg





おらんだの花野道ゆく 前世(さきのよ)の戦場とほし雛罌粟(ひなげし)赤し

marchant sur une route
dans le champ de fleurs automnales
aux Pays-Bas
le champ de bataille de la vie antérieure est lointain
des coquelicots sont rouges



f0374041_14143784.jpg




このシリーズは一度無くなっていたのですが
惜しまれて、別のメーカーで復活したのだそうです。
黄金の実は縁起がいい、ということで中国の方にも人気だとか。
なるほど、林檎のほかに桃や蜜柑も描かれています。🍑
そういえば、桃は中国では吉祥の果物。桃源郷の国ですから!
目指せ、母の分まで不老長寿!!

Le fruit d' or est populaire auprès des chinois aussi
parce que il porte bonheur.
Vous trouvez des oranges et pêches aussi. 🍑
Chine est le pays de la source aux fleurs de pêcher!
Visons à la longévité!



f0374041_16590971.jpg



目指せ、桃源郷!(『与謝蕪村』同朋舎)🍑

Allons à la source aux fleurs de pêcher! 




大津祭 曳山からくり 西王母山


先代のお鍋で色んなお料理をこさえてきました。たとえば
サヴォイ・キャベツ、玉葱、紅玉林檎、じゃが芋、豚肉、大蒜を
鶏スープと林檎の発泡酒でことこと煮こめば、フランスのママンの味。
そろそろあたたかいスープの季節。。。

Snowdrop a mijoté un chou de Savoie, un ognion,
une pomme Jonathan, du porc, du bouillon, du cidre
dans cette marmite l' hiver dernier.
L'un des saveurs de la maman en France!



c0345705_20301812.jpg


(2017年)



うすく濃く黄金の玉を連ねたる柿ぞやまとの吉祥宝珠

orange kaki,
lemon kaki
gold kaki lie in a row
the kaki is nothing but
the cintāmaṇi in Japan



f0374041_14145413.jpg




















ほっぺに接吻されて真っ赤になった柿。「接吻する」は外国語では
キッス(英)、キュッセン(独)、べゼ(仏)、バチャーレ(伊)、
ラテン系のほうが熱く、濃厚ですね…


This kaki blushes by a kiss(seppun)!
Seppun-suru equals to kiss in English,
küssen in German,
baiser in French, and
baciare in Italian.
Gradually more passionate…



f0374041_15454705.jpg























柿さんと柿さんがこっつんこ…♪
ひかりのつぶつぶこっつんこ…★





jinさんのご企画:2(Two) に飛び入り参加させて頂きました。

Two kaki/apples have participated in 2(Two) festival by jin-san.



おまけ 🍑 偶然のモモつながりで…



f0374041_21583300.jpg






















Fscn3211

昨日(10月21日)は十三夜

The Thirteenth Moon(October 21)



10月26日は柿の日です。忘れていました!



(All Rights Reserved)
















[PR]
by snowdrop-uta | 2018-10-22 05:22 | 四季の食卓(table) | Comments(4)

わが家の暦。もうすぐフランスの林檎の日(10月22日ごろ)。


f0374041_08475873.jpg

painted by Peter Motz, Dutch (1934 - )


デコとデコ こっつんこして朱鷺林檎 ほっぺほんのり染めてゆく風

Le Jour de Pomme approche...(vers le 22 octobre)🍎


ふらんすの秋の川辺にすまふ朱鷺(とき:Nipponia nippon)
径(こみち)のさきの誰を待つらむ



f0374041_10144242.jpg



朱鷺(トキ)や黄王(キオウ)には、朱鷺の風切羽のような美しいうすくれないが入っています。
ひょっとして、この二つの林檎は、木の上ではこんな風に寄り添っていたのでしょうか。
お日さまの当たる外側から朱く染まって、おでことおでこは黄色いまんま…

There is an apple named Nipponia nippon.
Were they close to each other on the tree?
The sun dyes the apples in hue of Nipponia nippon.



f0374041_08195501.jpg





林檎から万有引力を発見したニュートンは、犬を飼っていました。
「神の考えを私が推し量ることは、私の犬が人間の私の考えを想像するのと同じようなものだ」(覚え書き)
犬と人間の思考の距離を、人間と神の距離にたとえたのですね。

Speaking of the apple, Isaac Newton had a dog. I remember he said,
"God's mind is too profound for the human intellect. Like the human's mind for a dog to speculate on".(snowdrop's memorandum)
He compared the distance between a dog and a man to that between God and a man.



f0374041_10090303.jpg


(4月)


「マルコによる福音書」によると、あるシリア人女性がイエス様に娘の悪霊払いを頼んで断られました。
「子供たちのパンを取って、小犬(キュナリオン)にやってはいけない」
女性はこう答えました。
「主よ、でも、食卓の下の小犬も、子供のパン屑はいただきます」
するとイエス様は彼女の娘の悪霊を去らせてくださいました。

「小犬」は、新約聖書の原典(希)では「キュナリオン(κυνάριον)」という単語です。
たんなる「犬」ではなくペットの「ワンコ」というニュアンスなのだそうです。
そのことを教わって、なんだかほっとしました。
きっとあたたかなお声で「キュナリオン」とおっしゃったのでしょうね。


「puppy table art history」の画像検索結果
(pinterest)


According to Marko 7:24, a Syro-Phoenician woman asked Jesus
to cast the demon out of her daughter. Jesus said,
"…it is not good to take the children's bread and throw it to the little dogs."
She answered,
”Yes, Lord, yet even the little dogs under the table eat from the children's crumbs.”
Jesus made the demon go out from her daughter.

"The little dog(s)" is "κυνάριον" in Greek.
It means not the mere dog but the puppy, pet-dog. I was relieved to hear that.



「ももさえずり 犬の物語 小林古径」の画像検索結果

England, 1997


そして、ニュートンの林檎について、小さな気づきがありました。
なぜニュートンは林檎によって万有引力を発見したのでしょうか。
林檎でなくても、梨でも、栗でも、柿?でもよかったのではないでしょうか。

I think of Newton's dog and Newton's apple.
Why did he discover the universal graviation through nothing but apple?
How about the pear, chestnut, kaki, etc.?




デューラー「アダムとイヴ」*Adam and Eve Albrecht Dürer(wiki)


敬虔なクリスチャンだったニュートンにとって、林檎はなにより
エデンの園の林檎、アダムとイヴの原罪の林檎だったと思われます。
頭上にさしかわす枝から落ちた林檎が大地に接吻する。―
原罪の林檎が、万有引力を啓示した瞬間!
万有引力とは、すべてのものが引きつけ合う力です。
ニュートンはそこにの力を見出し、心震わせたのでないでしょうか。
その愛は、おそらくは愛犬を見つめながら語ったであろう言葉にも滲み出ています。



「ももさえずり 犬の物語 小林古径」の画像検索結果

『小林古径』朝日新聞社


The apple was the fruit of Adam and Eve for a pious Christian, Newton.
An apple fell from a branch and kissed the ground.―
The moment when an apple of the original sin revealed the universal graviation!
It is a power to draw each other.
Did Newton find the love in this power and was deeply moved ?
We might find this love in his above statement, perhaps while watching his dog.


「ももさえずり 犬の物語」の画像検索結果

『小林古径』朝日新聞社*ザクロは受難のシンボルです


食卓の下でパンくづ待つてゐるキュナリオンよ けなげな犬よ
a puppy

expecting breadcrumbs
under the table
κυνάριον,
a pitiful puppy


「ももさえずり 犬の物語」の画像検索結果



さびしがりやだった愛犬フジMy Fuji (1970s)


万有引力とは ひき合う孤独の力である ― 谷川俊太郎「二十億光年の孤独」
"The universal graviation is the power of the solitude to draw each other."
from a poem by Tanikawa Shuntaro(1931-), tr. by snowdrop


原罪の果実りんごがもたらしたゆるしのしるし愛の引力

an apple,
the fruit of the original sin,
it brought
a bestow of the absolution and
the universal graviation of love



f0374041_16391430.jpg




広岡浅子ゆかりの大阪教会の樅の木にはフジりんごが…*apple named Fuji(2014)


おまけ(Bonus)*ニュートンの犬、ダイアモンド君は火事を引き起こしたことも!


「isaac newton dog」の画像検索結果

An 1874 engraving showing the probably apocryphal account of Newton's lab fire.(wiki)


色とりどりの紅葉&お気に入り秋ショット2018!






[PR]
by snowdrop-uta | 2018-10-16 06:43 | 鳥獣虫魚に寄す(animal) | Comments(4)




f0374041_14585317.jpg





今年の金木犀の季節は、この曲を弾くことができました。
金木犀は水あげが良くないので、生けることは少ないのですが…
咲いたところへ台風が近づいてきたので、庭木の小枝を二本だけ。

A la saison d' Osmanthus fragrans cette année,
je joue ce morceau de Claude Debussy.
Avant le typhon, j' ai arrangé deux rameaux de notre jardin.



f0374041_14241126.jpg





ご近所にはこんな大木もありますが、花に近づけなくて…
まるで花の天蓋を仰ぐようです。

Il y a un grand arbre d' olivier odorant dans le quartier.



f0374041_14253246.jpg





金いろの香の天蓋につつまれて秋の幼の一日へかへる

きんいろの かの てんがいに つつまれて
あきの おさなの ひとひへ かえる




f0374041_06405038.jpg




















昭和の写真を背景モノクロポートレート+ソフトフォーカス加工

la uniforme et béret d' Ange Ecole Maternelle


envelopée
par un dais de la fragrance
d' olivier odorant

je retourne à un jour automnal
dans mon enfance




f0374041_14280320.jpg










 



















f0374041_14582368.jpg



















台風一過、金木犀は散り残りました。これは公園の一本(ひともと)。
けれどもまた週末に、また別の台風が…

Un autre olivier odorant dans le parc, après le typhon.
Mais un autre typhon approche ce week-end…



c0345705_20140258.jpg



(All Rights Reserved)


色とりどりの紅葉&お気に入り秋ショット2018!










[PR]
by snowdrop-uta | 2018-10-06 06:50 | 音楽に寄す(music) | Comments(6)

*雪ごもりした小鳥がまねる百の鳥の歌…* (All Rights Reserved)