f0374041_17455814.jpg





こんなきれいなものがこの世にあるなんて…
水晶のお宮?それとも、涙のブーケ?

C' est très beau…(Klaus dit il y a trois ans! )
Un château cristal ? Un bouquet des larmes ?



f0374041_17463039.jpg





渦紫陽花。渦を巻いた花がとなだれます。
そういえば、シーボルトの日本人妻の名はおさん。
彼女を残して一人帰国したシーボルトは
持ち帰った青い紫陽花を「オタクサ(おさん)」と呼びました。

L' hortensia comme une cascade.
La femme de Siebold s' appelle O-Taki-san (Cascade).



f0374041_17591136.jpg





「乙御前 ももさへづり」の画像検索結果


オタフク (1月)*Otafuku


渦紫陽花はオタクサ、ではなくオタフクとも呼ばれます。お多福!
そう聞くと、なんだか楽しげに見えてくるから不思議です。
でも、いちばん似ているのは…つまみ細工の花かんざしではないか知ら。

Cet hortensia s' appelle pas Otakusa mais Otafuku.
Elle ressemble à cette kanzashi-épingle à cheveux.



f0374041_17470212.jpg




渦紫陽花のかんざし挿して傘さして訪ねるもんか冷たいひとを

ma kanzashi-épingle à cheveux
et mon parapluie couleur d' hortensia,
ils ne me font visiter
l' homme froid…
jamais, jamais!


Img_1520_800x470


傘を差した十六夜の月 (2015年9月29日)

la gibbeuse descendante sous la palapluie

c0345705_07113706.jpg












十六夜の月みたいな石鹸
*sapone veneziana*



シーボルトに代はりて
海の果て ヤパンの空もこの宵は十六夜の月清(さや)けかるらむ

Heute
am Himmel in Japan auch
der Mond
der sechzehnte Nacht
muß schön leuchten

(statt Siebold)



「シチダンカ シーボルト」の画像検索結果



シーボルトゆかりのシチダンカ(七段花*山紫陽花)
Hydrangea serrata*Siebold & Zuccarini
(wikicommons*2figs.)

「hydrangea siebold wiki 」の画像検索結果

オタクサはここちらです(Otakusa)

(All Rights Reserved)


あじさいショット&私の雨の日の過ごし方【PR】














[PR]
by snowdrop-uta | 2018-06-29 17:18 | 花草木に寄す(plant) | Comments(12)

f0374041_05244381.jpg





華麗なる花菖蒲には目もくれず、たんぽぽや蛇苺といった小さな黄花を選んでいたベニシジミ。
(柳生花菖蒲園、6月中旬)

This small copper prefers yellow dandelions and Indian strawberry flowers than beautiful blue iris.



a0332314_14173310.jpg



遠足の幼稚園児のアイドルの蝸牛(まひまひ)、蛙をわたくしも追ふ


the idols of
Kindergarteners on an excursion:
frogs, snail, and butterflies,
follow ardently
I, an adult also




a0332314_14203512.jpg



蟾蜍(ひきがえる)背中のチャックを下ろしたらバリトン王子が跳

if

I unzip

s toad,

a baritone prince

will leap out !



(
)


a0332314_14293944.jpg



山法師も山蝸牛も色濃ゆし山の精気はどんみり染みる

やまばうしも やまかたつむりも いろこゆし
やまのせいきは どんみり しみる



a0332314_14434309.jpg




そういえば、「山紫陽花」という和菓子にも赤い斑点が…
これも山の息吹に染まったさまを表しているのでしょうか?
鞠(まり)のような丸い花、時節がら蹴鞠(けまり)が思われます。

The cake "Mountain hydrangea" also has red spots.
The ball-like flowers remind me of kemari,
a type of football played by courtiers in ancient Japan.



f0374041_05425384.jpg



Let's enjoy FIFA ! * Müller vs Larsson !!






(All Rights Reserved)


あじさいショット&私の雨の日の過ごし方【PR】












[PR]
by snowdrop-uta | 2018-06-24 20:48 | 鳥獣虫魚に寄す(animal) | Comments(11)

f0374041_09461889.jpg





























三室戸寺の紫陽花のような主菓子

f0374041_13402834.jpg



 宇治のあじさい寺、三室戸寺から車で北へ10分ほど行くと、黄檗山の萬福寺に着きます。ここは明の禅僧、隠元が開いた禅寺で、予約すれば普茶料理が頂けます。(上の和菓子は含まれません)
 普茶料理とは、隠元禅師が中国から伝えた精進料理で、普く衆に茶を供するという意味があります。
 このお寺は日本の文人画家、池大雅も出入りしていました。彼が普茶料理をふるまわれたらどんな風に感じたことでしょう。ちょっと想像してみましょう。…

 Here is Manpuku-ji Temple associated with Ike no Taiga. He visited this temple for the first time at the age of seven. If the Buddhist cuisine in Chinese style had been served…?


f0374041_16460675.jpg

卍文様の勾欄 * Do you find the s
wastikas in the handrail?



 おや、又次郎(大雅の幼名)が甃(いしだたみ)をすたすた歩いて来ます。年は七才。檀王法林寺(🐈)の僧、一井に連れられています。浄土宗の寺とはまったく違う、きらきらしい黄檗寺院の佇まいに興味深々の様子。いつに無くきょろきょろしていますね。くすっ。(🐈 檀王法林寺は黒招き猫伝説でも知られています)

 There walks Matajiro(Taiga's childhood name)on the pavement! He is attended by his teacher of calligraphy, Priest Ichii of Danno-Horin-ji Temple. The child is curious about the exotic precincts that is different from that of Japanese tem
ples.



f0374041_13531890.jpg



大雅(又次郎)の回想

 私たちはまず、隠元禅師をおまつりする開山堂を訪ねた。蓮の鉢が並んでいる。私が書を学んでいた檀王法林寺にも蓮は咲いていた。だが、一井先生はおっしゃった。
「蓮は仏教の花というだけやない。隠元禅師ゆかりの花どす。蓮根が食用になることを教えてくれはったんは隠元禅師どすから…」
「れんこん?」
「又次郎はんはまだ食べたことがおまへんやろなあ…」



f0374041_23300902.jpg



Monologue of Taiga

 We first visited the memorial hall of the founder of this temple, Ingen Zenji(Zen master). Many pots of lotus greeted us. Master Ichii said,
" They are not only the symbol of Buddhism but also the flower associated with Ingen Zenji, who taught us Japanese that the lotus root is edible."
" The lotus root? "
" You should not have yet eaten it. "


f0374041_13573853.jpg







f0374041_13583390.jpg











































 境内を縦横に結ぶ回廊を進むと、カン、カンという乾いた音に迎えられた。墨染の衣をまとった僧が木の棒を握り、大きな木の魚を叩いている。
「急ぎまひょ、食事の時間を知らせてはる」

 Walking on the cloisters, dry sounds sounded. A priest in black is beating a big wooden gong in the shape of fish.
" Hurry up, he is announcing the mealtime! "




f0374041_14021223.jpg




 私たちは、木の魚を左に眺めながら食堂(じきどう)への石段を登った。(現在、普茶料理を頂くのは、食堂の左奥の新築の建物内です)
 食堂は畳にお膳ではなく、卓子に椅子であった。箱膳が二つ置かれている。
「本来は四人で親しく食卓を囲んで、大皿から料理を取り分けます」
 食前に私たちは「五観の偈(げ)」を読み上げた。
「食事も修行の一つどす。食物が供されるまでの人々の恩に感謝し、自らを省み、体を養う薬として節度をもって頂きまひょう」
 そして、蓋が開けられた。

 

「五観の偈」(右)と「菜単(おしながき)」(左)

f0374041_13544210.jpg


 In the dining hall, a table and chairs were prepared for us. Master Ichii explained me.
" In general, four persons surround a table and share one dish friedly. "
 Before the meal, we read out five verses.
" The meal also is a training. We should give thanks to the people and reflect ourselves. We must eat them temperately as the medicine."



f0374041_15370414.jpg



「ほれ、隠元禅師が中国から伝えた普茶料理どす。これを振舞ったり、召し上がったりしながら、隠元禅師は遠いふるさとの黄檗山をなつかしんだんやろなあ。この辺の山の佇まいは、中国の黄檗山に似てるそうどす」

「Ingen zen」の画像検索結果
隠元禅師*Ingen Zenji (wikipedia)


「隠元禅師は、隠元豆や蓮根をやまとへ伝えました。せやから、普茶料理から隠元豆の胡麻和えは外せまへん。蓮根はどこに入ってるかしらん」
 私は葛かけを一口食べて、思わず顔をしかめた
「この葛かけは、不思議な香りがします。風邪引いたとき、お母はんのこさえてくれる葛湯みたいにとろっとしてるけど、香ばしいような油臭いような…」
「胡麻油どすな」

" Ingen Zenji introduced this vegitarian diet including Ingen(kidney beans), lotus root, etc. The sesame and sesame oil are used in these bean curds and this kudzu sauce. "


f0374041_13500359.jpg



「それに、これは何でしょう。さっくりした歯触りで、それでいて糸を引くような粘りのある野菜は…」
「ああ、それが蓮根どす」
「あの美しい蓮の花が散った後に、この蓮根が採れるのですね」
「滋養がありますえ。普茶料理は生臭もんを使わんでも、栄養がしっかり摂れるようによう考えられてますよって」
「魚はよろしいのですか。この蒲鉾(かまぼこ)は…」
「ほほ。それは蒲鉾もどきいいますねん。食べてみなはれ」
「あっ、長芋や!」
「お豆腐も変わってますえ。そっちは胡麻豆腐、こっちの四角い小さいんは味噌漬け豆富…中国には古くから、蘇(そ:古代のチーズ)いう珍味があるそうやけど、こんな感じやろか」

Matajiro was surprised the lotus root was edible after the flower had fallen. The pseudo-steamed fish paste was made of Chinese yam!


The mouthfeel of the lotus root, crispy and a little sticky was rediscovered by snowdrop at China town in London while her four-month-long journey far from Japanese cuisine.


f0374041_13554616.jpg

ももさへづりと桃つながり?*Do you find peach-design? (Chinese auspicious fruit)


けれども、大雅少年は”萬福”寺へ”満腹”になるために来たのではありませんでした。実は、食事よりも大事なご用があったのです。それはまた「ももさへづり*やまと編」で…

In fact, Taiga was invited to this temple not for the meal but for an important matter. (To be continued to the blog by snowdrop-nara, in July)



f0374041_13563350.jpg


雨あがり七宝焼きの香炉よりのぼる煙も異国のかをり
après la pluie

d’ un brûle-parfum d’ émail

la fumée monte

qui sent exotique,

le parfum de Chine


おまけ 🐈 BONUS 🐈 two kinds of fortune slip (Danno-Horin-ji and Manpuku-ji )

猫みくじ付 招福飴f0374041_16320874.jpg









猫みくじ
(檀王法林寺HP)
 
達磨みくじ
(萬福寺で撮影)


(All Rights Reserved)

あじさいショット&私の雨の日の過ごし方【PR】

ps. 今朝の地震の影響はほとんどありませんでした*We are almost unaffected by today's earthquake.











[PR]
by snowdrop-uta | 2018-06-18 20:45 | 四季の食卓(table) | Comments(7)

f0374041_16073175.jpg





6月12日は恋人の日でした。縁結びの聖人、聖アントニウスの命日の前日なんですって。
♡のかたちの紫陽花は、いま若人らのスマホのアイドルです。♡顔のフクロウは?さあ…

HIER ♡♡ Dia dos Namorados
Un hortensia en forme de coeur est toujours entouré par des smartphones.
Et cette chouette de la face en forme de coeur? Hmmm…



f0374041_20275791.jpg



フォト



アナベルに花ごもりせり♡白梟
dans des anabelles
cache une chouette blanche
qui est une belle♡


a0332314_10080435.jpg




雨に濡れたブルーなハートは『小さな恋のものがたり』を思い出させます。

Ce coeur bleu me rappelle un poème d’un manga Histoir de Petit Amour:
”Je pleurais en se cachant dans hortensias…”(tr. par snowdrop)



a0332314_10071079.jpg




ちょっと淋しいでしょうか?それなら、こんな短歌も…

Trop triste, ce manga par MITSUHASHI Chikako(1970)?
Vous préférez un tanka par TAWARA Machi(1987)?



a0332314_10325675.jpg



徒競走はいつもビリでした…

une sandale d' une belle, qui court lentement comme un escargot!



思いきり愛されたくて駆けてゆく六月、サンダル、あじさいの花  俵万智

I run to you

to be loved with all your heart

and to my heart’s content

in June, wearing sandals,
surrounded by hydrangeas
― Tawara Machi, tr. by snowdrop



f0374041_16084626.jpg



この短歌を読むと、晴れた日のカシワバあじさいをイメージします。
カシワバって柏の葉のことですね?柏餅をくるんでいたあの葉っぱ…


かたつむりの正面顔、カシワバあじさいの正面顔


Dscn2105_2
son pèlerinage ? the front face of a snail/of an oaklief hydrangea

f0374041_17573132.jpg


[PR]
by snowdrop-uta | 2018-06-13 20:50 | 花草木に寄す(plant) | Comments(12)

f0374041_11063368.jpg























f0374041_11065436.jpg

























聖書の「野の百合」はガリラヤの野に咲くアネモネだったとも言われます。
「野の百合を見なさい。働きもせず、紡ぎもしない。
しかし、言っておく。栄華を極めたソロモンでさえ、
この花の一つほどにも着飾ってはいなかった。」
― マタイによる福音書「山上の説教」

Consider the lilies of the field, how they grow: they neither toil nor spin;
and yet I say to yout that even Solomon in all his glory was not arrayed like one of these
― Mathew 6-28~29
The lilies in Bible(κρίνα)is said to be the anemone of the field of Galilee.



c0345705_13430999.jpg


ベツレヘム [ダビデ] の星(花韮)アネモネ
Star of David and Anemone
「ダビデの星」の花言葉 ☆彡 星に願いを(Wish Upon a Star)





アネモネという名は、ギリシア語のアネモス(anemos:風、嵐)に由来します。
 西風の神ゼフュロスに愛されたアネモという妖精は、女神フローラに妬まれアネモネの花に化身しました。
彼女はいまも春ごとに西風の吐息にゆれています。― 英語では「風の花」、ドイツ語では「小さな風のバラ」と呼ばれます。

The name Anemone derives from anemos: wind; storm in Greek and anima: wind; soul; life in Latin.
Anemo was a nymph at Flora’s court, who fell in love with Zephyr, Flora's husband,
and was turned into a flower, Anemone. Zephyr still caresses her every spring.
Snowdrop looked for the source in Ovidius' but could not find it.
The windflower in English, and die Windröschen in German.



f0374041_11085555.jpg



f0374041_11082204.jpg
















































わたくしsnowdropも、じつは森の「アネモネ」なんです。。。
スノーフレークやスノードロップより地味なんですけど。。。

Here is snowdrop anemone (Anemone sylvestris), your snowdrop's avatar.
Plainer than the summer snowflake and common snowdrop…


c0345705_13141902.jpg

ルーアン郊外の森(2004年)*snowdrop anemone, Rouen


アネモネは風のをとめよ
()枝ゆるる
芽吹きの森に浅き春告ぐ

snowdrop anemone est 'fille du vent',
qui annonce les prémices du printemps
à la forêt
où les rameaux avec bourgeons
frémissent dans la brise




c0345705_06331784.jpg


ルーアン郊外の森(2004年)*snowdrop anemone, Rouen


(All Rights Reserved)


↓ ロウソク屋さんの看板でしょうか?






[PR]
by snowdrop-uta | 2018-06-10 06:16 | 花草木に寄す(plant) | Comments(9)



f0374041_15051946.jpg



大和文華館の庭のササユリ*Lilium japonicum




芍薬、牡丹とくれば百合の花…芍薬が散り果てたころ、日本の百合、ササユリが咲き始めます。
『古事記』にも出てくる、古(いにしへ)のやまとの百合です。

After the peony's season, that of the Lilium japonicum
begins. This lily appears in Kojiki (A Record of Ancient Matters)(710).



f0374041_15063604.jpg




























ほんのりうすくれないに染まった花びらは、唐美人の芍薬や牡丹と比べ、楚々として清らかです。
まさに、やまと美人!『古事記』の乙女、イスケヨリヒメもかくや…

Its pale pink petals are neat and clean. While the peony is a Chinese beauty, the Lilium japonicum a Japanese beauty!




f0374041_15071806.jpg




『古事記』には、佐韋(さい:ササユリ)の咲く狭井(さい)川が出てきます。この川のほとりで、イスケヨリヒメ神武天皇に枕(ま)かれるのです。snowdropは一昨年このお話を脚色して、三角関係の恋ものがたりに仕立てました。彼女が好きになったのは、実は天皇ではなくその従者、目じりに入れ墨をほどこした薩摩隼人だった、と。。。

In Kojiki, a beauty Isukeyori-hime was loved by Emperor Jinmu by Sai River surrounded by Sai (lily)-flowers. Snowdrop dramatized this chapter in her articles last year, where it was not the emperor but his attendant with tattooed eyes that she loved.







子鶺鴒 千鳥ま鵐 など黥ける利目

(あめつつ ちどり ましとと などさける とめ)


(アマドリ・ツツドリ・千鳥・シトトドリのように なぜ目尻に入墨をして、鋭い目をしているのですか)


(Why do you have tattooed eyes, sharp eyes, like those of the birds:ametsutsu chidori mashitoto
?




これは『古事記』から引用したイスケヨリヒメの歌です。この「鶺鴒(つつ)」が気になります。というのも、今年の四月、わが家で、つつ鳥(ツツドリ)の声らしきものを何度も聞いたんです! ポ、ポ、ポ、ポポポポポ…と、小鼓を拍子木のリズムで打つような声でした。動画よりずっと鼓(つづみ)に近い音色で…

The above poem by Isukeyori-hime refers to the bird tsutsu: Himalayan (Oriental) cuckoo, which snowdrop often heard this April, for the first time in her house!







(つつ)(どり)の名を知らぬまま声めでつつ卯月はすぎぬ ポ、ポ、ポポポポポ… 

without knowing

the name of a bird, tsutsu-dori

I was cherishing its voice

in April, in my house:

po, po, po po po popopo


()()()(

f0374041_18543534.jpg




























卯月の花、卯の花*
Deutzia crenataApril

ホトトギスは旧暦四月(卯月)に鳴くので、卯月鳥とも書きます。




窓ぎはの欅に来鳴く卯月鳥オカリナのごとやはらかきこゑ




)
新緑写真&お気に入りのお出掛けスポット!【PR】







[PR]
by snowdrop-uta | 2018-06-02 18:52 | 花草木に寄す(plant) | Comments(6)

*雪ごもりした小鳥がまねる百の鳥の歌…* (All Rights Reserved)