f0374041_10572331.jpg


靭公園(5月撮影)


くれなゐの二尺伸びたる薔薇の芽の針やはらかに春雨のふる  正岡子規

red-budded rose
grown to two feet
on its
soft thorns
soft spring rain falls
Masaoka Shiki, tr. by snowdrop




この歌は子規が亡くなる二年前の作です。自室から庭を眺めて詠んだ五首のうち、三首目に当たります。よく知られたこの一首について、子規になり代わって、200字以内で語ってみましょう。(下の小文は去年、NHK学園通信講座の課題として提出したsnowdropのオリジナルです)

The above tanka was made by Masaoka Shiki three years before his death, in April in 1900. He composed five tanka on that day observing the garden from his room. Today snowdrop makes a brief analysis of this tanka in place of Shiki. (one of my reports to NHK correspondence course in 2017)



f0374041_12052799.jpg



今日は庭を眺めて詠んだ。山吹、菜の花、小鳥ども…長閑な小庭の五首の中央に、ひつそり静まる薔薇の歌一首。ここだけ、花も鳥も日光も無く、ただ針芽に春雨が降る…。「やはらかに」は「春雨」にも「針」にも掛かる。鋭い針もまだ柔らかい芽吹きの季節…蕪村の小貝(*をぬらした春雨は、わが庭の針芽をもぬらし、伸ばし、尖らせてゆく。花かげの針が余の指を刺すことはつひに無いであらう。



「春雨や小磯の小貝ぬるるほど」蕪村


Today I (Shiki) composed five tanka while observing the garden from my bed. Japanese rosea,
vegetable flowers, wild birds
in the middle of a series of tanka, the one on the rose thorns is rather melancholic. Only this one is without flowers, birds, or sunshine, and you see only falling soft spring rain on the soft thorns (in this season, the thorn is still soft like the bud) . While the thin spring rain was falling on the small cherry-flower-petal-like shells (Nitidotellina nitidula) in a haiku by Yosa Buson, this spring rain is moistening and hardening the thorns and making this branch grow. A thorn under the petal will never prick my finger because I will never walk in the garden again. ― by snowdrop, in place of Shiki



f0374041_11214269.jpg



くれなゐの薔薇の棘には棘ゆゑの哀しみありてみどりをしたふ snowdrop


because

a thorn of red rose

has its own sadness,

it longs for

the light green stalk.



f0374041_12072004.jpg


棘の少ないアンジェラ * Angela with few thorns


熱高きひとへ届けむストロベリーアイスといふ名のさはやかな薔薇 snowdrop 

to the bed
of the poet with fever
I wish I could have delivered
these fresh roses named
strawberry ice



f0374041_21284608.jpg



ストロベリーアイス * Strawberry Ice * gelée transparente et odorante de pétales de rose


薔薇深くぴあの聞ゆる薄月夜  正岡子規

deep inside of a rose
I hear the sound of a piano
in the vague moonlit evening


haiku by Masaoka Shiki, tr. by snowdrop
Shiki means Lesser cuckoo in Japanese. He compared his hemoptysis (like Chopin's) to this bird's red beak.


♪ ぴあの「雨だれ」(ショパン)



「sick rose william blake」の画像検索結果

W. ブレイクの「病めるバラ」(pinterest)

「やまと美人ひとり」はまた今度。。。

(All Rights Reserved)

新緑写真&お気に入りのお出掛けスポット!【PR】





[PR]
by snowdrop-uta | 2018-05-30 06:20 | 本棚から(book) | Comments(5)

f0374041_15424446.jpg



芍薬*peony


立てば芍薬、座れば牡丹…
緑の茎にすらりと伸びる芍薬は立ち美人、枝の上にどっしり咲きしずもる牡丹は座った美人にたとえられます。
草として中国から奈良時代に渡来し、やがて観賞用として栽培されるようになりました。


While the peony is compared to a standing lady, the tree peony a sitting lady in Japan.
The former came to Japan from China as a medicinal herb, in the Tempyo period.
You know, its English name "peony" derives from "Paean", Greek god of medicin.




f0374041_14063809.jpg






青き海わたるやまとの坊さんの膝にまどろむぼうたんの株


(One tree peony was sleeping on one Japanese monks knees who was on the way home from China beyond the blue ocean.)





f0374041_14081485.jpg


牡丹*tree peony



牡丹(ぼうた、ぼうたん)は平安時代初頭、空海によって唐から伝えられ、薬木として寺院で栽培されました。
その絢爛たる美しさは、中国文化への憧れをかきたて、貴族や僧侶、文人らを魅了してゆきます。


Kūkai (c.1185–1333) brought the latter from China and planted it in the temple as a medicinal herb.
It was so gorgeous and exotic that soon the nobles, priests, and literati were fascinated.





f0374041_15050955.jpg





唐代中国を舞台にした漫画です。8世紀には洛陽や長安で牡丹ブームが起こりました。
「牡丹妖艶人心を乱し、一国狂うが如く金を惜しまず」(王叡)… まるでオランダのチューリップ・バブル!

Japanese manga set in Tang Dynasty, China, when the peony boom broke out,
like that Tulip mania in Holland !





f0374041_14224651.jpg





唐美人といえば楊貴妃、楊貴妃は梨花にも牡丹にもたとえられました。
梨花と牡丹ではずいぶん違うようにも思えますが…
江戸時代の文人画家、池大雅の描いた楊貴妃の傍らに、水瓶に生けられた牡丹が見えます。

Yang Guifei was compared to the tree peony or the pear blossoms.
A Japanese literary artist, Ike no Taiga painted this Chinese beauty with a tree peony in a vase.





f0374041_14092437.jpg




「露台の前に植ゑられたりける牡丹(ぼうたん)などの唐めきをかしき事」
― 枕草子143段


これらは長谷寺および参道の牡丹。清少納言が見た牡丹は何色だったのでしょう。
なお、黄色の牡丹は明代に絶え、20世紀初めにフランスで復活しました。

Sei Shonagon referred to an exotic (in Chinese style) peony planted in front of a balcony.
What colour?
The yellow peony became extinct in Ming Dynasty
and was revived in France at the beginning of the 20th century. Pivoine d' Or!





f0374041_14120959.jpg





牡丹の別名は「富貴草」。この和菓子の名前も「富貴草」です。
うすくれないの花びらの筋まで繊細に再現されています。

The tree peony is called "Fūki-so (the grass of the wealth and fame)" also.
This Japanese cake "Fūki-so" represents well the peony's delicate petals.




f0374041_14100448.jpg



(All Rights Reserved)


新緑写真&お気に入りのお出掛けスポット!【PR】




[PR]
by snowdrop-uta | 2018-05-28 07:03 | 花草木に寄す(plant) | Comments(8)


f0374041_14555275.jpg



新緑の長谷寺駅*Hase Temple Station


長谷寺は、かつて 鄙(ひな)と都が接していた所。
筑紫育ちの玉鬘はここで都人、光源氏の縁者とめぐり逢った。
藤原道綱母は浮気な夫にうんざりし、都を逃れて寺ごもりした。
清少納言は庶民をじかに見てカルチャーショック(?)を受けた。




f0374041_15345131.jpg



Hase Temple(avril)


Voici une limite entre la ville et la province
où Tamakazura rencontra des concernées de Hikaru Genji,
où Michitsuna-no-haha se cachait de son mari volage,
où Sei Shonagon vit des gens du peuple et reçut un choc.



f0374041_09254848.jpg




薄墨桜にあこがれて…*comme le cerisier usu-zumi ? 




f0374041_15021561.jpg


Pivoine (Hase Temple)



ふる寺のぼうたん白き雨上がり 

une pivoine est blanche
dans un temple ancien
apr
è
s la pluie blanche



f0374041_10570418.jpg



カラーのおまけを二つ * Bonuses

近鉄電車に乗って出かける女人たち * poster of Kintetsu Railway (detail)

馬に乗って長谷寺詣でする女人*lady visiting Hase Temple on horseback



f0374041_15432140.jpg



(All Rights Reserved)


新緑写真&お気に入りのお出掛けスポット!【PR】









[PR]
by snowdrop-uta | 2018-05-23 18:44 | 奈良めぐり(Nara) | Comments(12)


f0374041_17350838.jpg





吉野山の竹林院。池にも、苔にも、桜の雨。
人影もなき花の饗宴

Le jardin de Chikurin-in au mont Yoshino.
La pluie de pétales de cerisiers sur l' eau, sur la mousse.
Un banquet de fleurs sans spectateur.




a0332314_09590977.jpg



花を踏んでは同じく惜しむ少年の春 ― 白楽天




み吉野の桜の山のふところの花散る庭もひつそりと、春

au jardin
au mont Yoshino
des cerisiers montagneux
il y a
un printemps silencieux





f0374041_17361604.jpg




(All Rights Reserved)



Special thanks to usa-san!







[PR]
by snowdrop-uta | 2018-05-19 07:07 | 花草木に寄す(plant) | Comments(19)


f0374041_06320612.jpg


吉野山(4月)Rhododendron and Camellia, Yoshino, April




この朝明(あさけ)はじめて啼いた ほととぎす 夏のはじめを うれしむやうに

this morning
the first little cuckoo
is singing
as if it had rejoiced at
the beginning of the summer




f0374041_06302510.jpg



箕面山(5月)* Camellia, Minoh, May


四月の吉野山や、五月の箕面山を思っていた今朝の明け方、窓の外でほととぎすが鳴きました。
ほととぎす、時鳥、夏の時を告げる鳥
もしも時鳥が一年中鳴く鳥だったら、清少納言はあれほど時鳥の声にあこがれたでしょうか。

I heard the first little cuckoo through my window this morning!
The lesser cuckoo is the bird announcing the summer.
If this bird sang all year around, did Sei Shonagon wait for its song so ardently?



f0374041_06311872.jpg


箕面山(5月)* Rhododendron, Minoh, May


去年の五月の終り、病院のベッドの上で一声聴いた時鳥を思い出します。
この鳥には「死出の田長(しでのたおさ)」という名前もありましたっけ…。
退院後、snowdropは「ほととぎす」という歌物語を書きました。

I remembered one cry of this bird that I had heard on the bed of the hospital last year.
This bird has another name "a bird coming from the mountain of the death"
After returning home, I wrote that uta-story Lesser Cuckoo.



f0374041_06413063.jpg



吉野、竹林院の裏(4月) * magnolia, Yoshino, April


吉野山も箕面山も、池大雅という文人画家によって描かれています。(展覧会は京都国立博物館にて5月20日まで)
http://www.kyohaku.go.jp/jp/special/tenrankai/taiga2018.html

江戸時代の画家 大雅が、その幼馴染 かえで(フィクション)に語りかける歌物語を思いつきました。
下に続くのは、今朝書き下ろしたばかりの一節です。お時間の許す方だけどうぞ。
もしこの前後が書けたら、「ももさへづり*やまと編」に載せるつもりです。

Ike no Taiga, a painter in the Edo period painted Yoshino and Minoh.
Snowdrop is plotting a new uta-story where Taiga talks to his childhood friend Kaede (Maple leave).
English translation is to be added, or perhaps in the future serial publication (by snowdrop-nara).
http://www.kyohaku.go.jp/eng/special/tenrankai/taiga2018.html



f0374041_06473197.jpg



かえでよ、朝が来た。どんなに長く暗い夜も、いつかは終る。だが、こう思う人もいるかもしれぬ。「朝が来たとて何になろう、これから長い一日、生きる甲斐もない一日が始まる…早く夜になればよい!だが、眠りはつらい夢を連れてくるばかり…」

私にもそんな日々があった。幼くして父を亡くし、自立するため、見よう見まねで絵付けした扇が一枚も売れず、扇の山を琵琶湖へ流した時…宇治の黄檗山の僧に神童と呼ばれたこの私が!初めて味わった挫折…

だが、いま箕面の山を歩いていて、分かった。私は絵手本をなぞるばかりで、絵手本の手本になった自然の木や葉や草、山や川や滝のことを忘れていたのだ。この無限の形を、かたちを包む風を、光を、音を…ああ、川音がひときわ高くなった。大滝はすぐそこだ!



f0374041_06584076.jpg



どの水滴も、どの水滴も、滝壺めざしてすべてが落ちる。すべてが川面に消えてゆく…滝のてっぺんから滝壺までを目で追いながら、私はくらくらした。横ざまに飛ぶ細かな水しぶきに包まれ、息がつまった。そしてやがて、不思議な錯覚にとらわれた。水滴がのぼってゆくように見える。滝は上から下へ、そして下から上へ、ぐるぐる回っている。初めも無ければ終りもない、永遠の循環。まるで四季のめぐりのように。

今年も夏が来た。長い寒い季節はようやく終った。だが、ものみな枯れる冬が無ければ、新緑はかくも鮮やかに萌え立つだろうか。花はしぼみ、枯れなければ、ただの造花……花にあこがれ花見にのぼせることもなくなる。花や若葉や紅葉や雪を愛でることがなくなれば、絵も無用になる。小鳥の声を嬉しむことがなくなれば、音曲も要らなくなる。

滅びることは生まれること。生まれ変わること。ひょっとしたら私は、はるか中国の廬山を描いた一画工の生まれ変わりかもしれぬ……あるいは、苔の上に季節外れの紅(くれなゐ)を輝かせる一葉の楓であったのかもしれぬ。― かえでよ…



f0374041_07103006.jpg

f0374041_07094939.jpg
















































(All Rights Reserved)

新緑写真&お気に入りのお出掛けスポット!【PR】


おまけ*Bonus 
Wounded Laura, Saijo Hideki (1955-2018)









[PR]
by snowdrop-uta | 2018-05-18 07:47 | 鳥獣虫魚に寄す(animal) | Comments(4)

c0345705_18141773.jpg
 


室生寺の石楠花(シャクナゲ)はリラ色だけではありませんでした。(4月撮影)

Des azalées du Murou-ji sont non seulement mauve mais aussi rouge, jaune, etc.




f0374041_16141229.jpg



赤いシャクナゲの庭に遊ぶ白羊…
これは、お寺で出会った男性の亡きお母様の形代(かたしろ)です。
未年(ひつじどし)のお母様と、いつもご一緒なのですね。
私も一緒に撮らせて頂きました。

Voici un mouton regardant des azalées rouges.
C' est
le substitut de la mère défunte(née au Mouton)d' un homme.
Il est toujours avec sa mère, ce mouton.



f0374041_17053160.jpg



室生寺の庭から…”月の夢” のようなシャクナゲ
azalé
e d' or comme Rêve de la Lune au Murou-ji

シャクナゲはツツジの仲間です。

フランスの友の庭から… "リラの夢" という名のツツジと、忘れな草
http://doudou.gheerbrant.com/?p=24535
Azalée prénommée Rêve de lilas (Dream of Lilac) et myosotis (Forget-me-not )
Merci beaucoup, grillon!








母よ母よいづこに魂(たま)を遊ばせる ”リラの夢”?…"リラの薔薇"?…

est ton songe,
ma mère, qui aima France,
dans des Rose lilas ou
dans des
azalées Rêve de lilas
dans un jardin en France ?


c0345705_17251964.jpg



5月の靭公園から…”ライラック・ローズ(リラ色のバラ)” という名の薔薇。 
Rose named Lilac rose * Utsubo Park, Osaka

そして
樗(楝) (おうち)あるいは栴檀(せんだん)。英語ではペルシアのリラ
(着物姿の母に似た花です)
Persian lilac like snowdrop' s mother in kimono mauve



f0374041_17081444.jpg




おまけ*Bonus
「たそがれ」という名の薔薇*Rose prénommée Crépuscule

うすむらさきの薔薇は、どれも謎めいた美しさをたたえています。
その多くが、青い薔薇になれなかった品種だからかもしれません。

Chaque rose mauve est mystérieuse.
C' est parce que elle est souvent la rose qui ne put pas devenir celle bleue?



f0374041_17023271.jpg




今年もローラさんがキャロラインお母さまのために素晴らしいお菓子を…

今年のフランスの母の日は5月27日です。
そこで遅ればせながらリッチリンクさせていただきました。
気づいた方はラッキーですね♡




Special thanks to Caroline and Laura, wonderful mother and daughter!

(All Rights Reserved)


新緑写真&お気に入りのお出掛けスポット!【PR】





[PR]
by snowdrop-uta | 2018-05-14 20:25 | 花草木に寄す(plant) | Comments(17)

f0374041_15141102.jpg

(4月撮影)



去年の母の日、snowdropはリラを天の母へ贈りました。
今年は同じリラの花から、新しい歌物語が生まれました。

Snowdrop offrit des lilas à sa mère aux cieux au jour de la mère, 2017.
Et elle a fait un uta-conte nouveau de les mêmes lilas mauves en 2018.






母しのぶ哀しきリラは友よりの愛しき便りとなりにけるかも

le lilas mauve
du demi-deuil
est devenu
des bonnes nouvelles
de mes amies cette année



f0374041_15263528.jpg



清子さん、実方です。咲きましたよ! 昨春散って、枯れてしまったと思っていたリラの花が…


Sanekata dit: Seiko, les lilas sont en fleur! Ils vivent encore !!  (恋文字ペン字)



f0374041_15125200.jpg




日が翳ったと思ったら雲が広がり、夜来風雨の声…リラは大丈夫でしょうか?
翌朝、私は公園まで走りました。ああ、よかった! 散っていません!
この雨のしずく、貴女への指輪として贈りましょう。


Le ciel commenca à se couvrir et il pleuvait en pleine nuit.
Le lendemain matin, je suis allé au jardin publique en courant.
Tant mieux! Saines et sauves!
Voici un anneau de goutte de pluie pour toi…




f0374041_15172458.jpg



清少納言の生まれ変わりは一人とは限りません。
フランスに生まれ変わった、もう一人の清子は
もう一人の実方の生まれ変わりとめぐり会ったのでしょう。
清子はまだまだ日本各地に、イギリスに、イタリアに、そこかしこに…

La réincarnation de Sei Shonagon n' est pas une personne.
Une autre Seiko qui est neé en France, elle a dû rencontrer un autre Sanekata.
Et des autres Seiko sont au Japon, en Italie, à Londres, etc. etc.







もう一人の清少納言の生まれ変わりの庭から…
「リラの夢」という名前のツツジです(上図)。
http://doudou.gheerbrant.com/?p=24535
Ton azalée prénommée Rêve de lilas, elle est belle!
Merci beaucoup, grillon, une autre Sei Shonagon !!
DEMAIN, je vais bloguer ton azalée encore une fois.



f0374041_06435016.jpg



明日は、母の日の記事をもうひとつ… * À DEMAIN ♡


(All Rights Reserved)

新緑写真&お気に入りのお出掛けスポット!【PR】





[PR]
by snowdrop-uta | 2018-05-13 06:50 | 花草木に寄す(plant) | Comments(5)

雪白吐息 * DEMAIN…


f0374041_21343912.jpg



近くの公園からあおぐ空 * le ciel sur notre jardin public


おうち黄金週間でした。
おうちごはん、おうち喫茶、おうちピアノ、
そして、日めくりブログ三昧!
おうちへ来てくださった方々、ありがとうございます。
こちらからはあまり沢山ご訪問できませんでしたが
さまざまなインスピレーションを頂戴しました。
楽しかった……黄金週間でした。
日めくりうた暦、明日からはどうしましょうか…





C' a été
une semaine d' or chez moi.
Heureuse de bonnes nouvelles de mes blogue-amis! 
Alors, DEMAIN?



f0374041_21351131.jpg




木の吐息お空でまあるい雲となる ほら 君、深呼吸~~~!
des soupirs des arbres
font un nuage rond
dans le ciel
allez,
respirons à pleins poumons !


f0374041_09280025.jpg




雑誌「マリークレール(Marie Claire)」 でおうち遊び

(All Rights Reserved)

新緑写真&お気に入りのお出掛けスポット!【PR】



[PR]
by snowdrop-uta | 2018-05-06 16:46 | 空を見上げて(sky) | Comments(10)

立夏 * AUJOUD'HUI


f0374041_21034587.jpg

























渡月橋から見下ろす
桂川

楓の子ども
水遊び



f0374041_21041170.jpg























AUJOURD'HUI*Début de l'été*bébé érable*La Katsura


子供たち、
お腹がすいたら近江路の赤もち米のお菓子をお食べ




f0374041_15222397.jpg



子供の日の柏餅 * AUJOURD'HUI * Jour des Enfants
https://fr.wikipedia.org/wiki/Kashiwa-mochi

(All Rights Reserved)



新緑写真&お気に入りのお出掛けスポット!【PR】





[PR]
by snowdrop-uta | 2018-05-05 15:00 | 花草木に寄す(plant) | Comments(6)

おやつは八つ時、午後二時過ぎの間食を指す言葉でした。それは一日二食の時代のこと。
いまは三食なので、三時に甘いものを頂きます。おやつを「お三時」と呼ぶこともあります。
フランス語でおやつは「四時(quatre-heures)」です。ちょっと遅めですね。夕食が遅く、夜更かしするからでしょうか。

Le quatre-heures en France, O-Sanji(troi-heures)au Japon!
C' est parce que le francais est en général couche-tard en comparaison du japonais?




f0374041_09410575.jpg




コルク形のシャンパンビスケットとシードル(りんご酒)、おやつにいかが。
りんごの花のカレンダー、めくったものの捨てられなくて…


AUJOURD'HUI
Je te sers des champagne-biscuits en forme de liège et un verre de cidre.



f0374041_13395979.jpg


























それともわらび餅?うぐいす黄な粉と丹波の黒豆きな粉をかけて。


Ou tu prefères ce warabi (fougère)-mochi avec kinako, la poudre de soja grillé ?
https://fr.wikipedia.org/wiki/Warabimochi


f0374041_06281081.jpg


















「蕨 pinterest」の画像検索結果



これはわらび御飯。蕨(ワラビ)(上、pinterest)は日本人にとって古くから身近な山菜の一つ。
蕨手文という植物文様も…(下)

Voici le pilaf à la fougère. La fougère est un des plantes sauvages comestibles les plus familières au Japon depuis les temps anciens.



a0332314_08101142.jpg


↑ Les cheveux comme fougères. ↑


これは蕨手文のロン毛(法隆寺 救世観音像)*『奈良六大寺大観』岩波書店

長らく夢殿のなかで秘仏として布に巻かれていた救世(ぐぜ)観音像。
明治時代、フェノロサと岡倉天心が布を外すと、燦然(さんぜん)たる仏像が現れた。



白布を解けば黄金の(ひれ)張れる勇魚(いさな)のごとき仏ゐませり





おやつから脱線して仏像へ…つい長くなってすみません。

Du goûter à la statue bouddhique ?! Quelle digression!

(All Rights Reserved)

おまけ*Bonus(NHK) 


「見つかるeテレ カール」の画像検索結果


新緑写真&お気に入りのお出掛けスポット!【PR】






[PR]
by snowdrop-uta | 2018-05-04 15:00 | 四季の食卓(table) | Comments(2)

*雪ごもりした小鳥がまねる百の鳥の歌…* (All Rights Reserved)