フォト


今度こそ、アイスクリームにウェハース?いえいえ、これは朝ごはんのヨーグルト。
snowdropはアイスクリームもシャーベットもほとんど食べなくなりました。

The ice cream and wafer? No, it's yoghurt (in my petit déjeuner).
Snowdrop rarely eats cold things such as ice cream or sorbet now.

お祖母ちやん手製の昭和のアイスクリン 卵のいろと たまごの味と
my grandmom's
handmade ice cream
in the Showa period…
with egg-colour
with egg-taste



f0374041_15274947.jpg



冬の朝でもひんやりしたヨーグルトを食べようと思えるのは、このエッセイを思い出すから。

「信州では、六月から七月にかけて果樹がみのり、私はこの期間に次々にジャムを作った。(…)一茶が詠んだ「雪五尺」の雪の季節になると、(…)白い朝の世界で白いヨーグルトに、夏や秋のかたみのような色の美しいジャムを混ぜて食べるのだ。(…)暑かった初夏、やわらかい秋の陽光をそれぞれ思い出しながら(…)
 天からの賜物のような色彩を食べるという巧まざる演出を思いついたのも、色彩の欠乏のためであろう。スエーデンや越後の婦人たちのように織ることのできない私にとり、食うことで辛うじて色彩へのつながりを保っていたようである。(…)」 ― 太田愛人「雪」


Every time snowdrop eats yogurt in winter morning, she remembers an essay of OTA Aito's.

”In Sinshu, various trees bear fruits from June to July, when I made various jam one after another.(…)in the season of "five feet of snow" by Issa, in the white morning world, I eat white yogurt mixed with colorful jam like the souvenirs of the summer and autumn(…)recalling the hot summer and the autumn filled with mild sunlight(…)Eating the colours like gifts from Heaven, this idea must have been born from the lack of the colours in winter. As I cannot weave a colorful cloth like the women in Sweden or Echigo, I can barely keep the connection with the colours by eating(…)” ― Snow by OTA Aito, translated by snowdrop



f0374041_09503460.jpg


「苺さん、いつも頂いてばかりでごめんね。なんの贈りものもできなくて…」
「蜂さん、私のジャムであなたが喜んでくれる、それが何よりの贈りものよ」
(snowdrop意訳)



ドイツで求めたイーダ・ボハッタおばちゃまの絵本、ドイツ生まれのおじちゃまに…
ベッドのなかでは、一番読みやすい言葉はきっと一番初めに覚えた言葉でしょうから。

This picture book is selected for you, who was born in Germany.
The mother language should be the easiest to read in your bed.
If you are still KO, not too hard work, OK?



f0374041_09453687.jpg



黒苺はトゲだらけ、ちくっと刺したら血が出ちゃう
だけど果実はとっても甘い
ときどき君もちくっと刺すね やんちゃな子供がやるように
その一時は痛いけど、すぐにうっとりしちゃうんだ
(snowdrop抄訳)



ルーアンのホストファミリーの朝の食卓に、マダム手作りのすぐりジャムの大瓶がありました。
見た目も食感も、自家製の海苔の佃煮を思わせました。フランス版「ごはんですよ!」

I have seen a bottle of handmade gooseberry jam on the table of my host family in Rouen.
Both the appearance and mouthfeel were like those of the laver boiled in soy sauce. ”On mange!”


パンにジャム ごはんに海苔は 東西のおふくろの味 よい一日を! 


Jam on bread in France
Nori on rice in Japan

both are
mom's home cooking
Bonne journée!



f0374041_09450181.jpg


苺と黒苺の出てくる絵本は左下↑(The above two poems are from Die braven und die schlimmen Beeren.)


ドイツの小さな絵本はあと三冊、それにイースターの中型本が一冊残っていますが…
春までおあずけ!だから、またね。私のだいじなお友達。。。

The other three books and Easter special one are put on the bookshelf until spring…, so that
Wiedersehen morgen, nächsten Monat, nächster Frühling, nächsten Weihnachten,…mein ewiger Freund!



フォト

voici ta chouette, mon ami!
et voilà, ton petit déjeuner
avec du yoghurt? (sourire)
(All Rights Reserved)











[PR]
by snowdrop-uta | 2018-01-27 06:28 | 四季の食卓(table) | Comments(8)

フォト


♪白い鳥 小鳥 なぜなぜ白い…♪
これはsnowdropのアバターの1つ、白いフクロウ(chouette)です。
chouetteはフランス語の名詞。「ステキな」という形容詞でもあります。

♪Oiseau blanc chouette, pourquoi es-tu blanc?♪


Dscn0503_800x705_2

白い朝ごはんを食べたから?
(白菜、白蕪、白葱、じゃが芋、ささみのミルクシチュー)

Parce que tu as pris ton petit-déjeuner blanc?
(notre potage au lait avec chou chinois, navet, etc.)
la bonne alimentation pour la récupération…



f0374041_11150520.jpg




それとも白いお菓子を食べたから? ミルクティーを飲んだから?
「白い鳥 小鳥…」と白秋が歌った大正時代、マシュマロとウェハースがおやつの仲間入りをしました。
青い鳥や金糸雀(カナリア)にも憧れるから、ブルーベリーやあんずのジャムも添えませう。
庭では白い水仙が金の盃をゆらしています。今年は花が少なめだから、摘むのはやめておきませう。

Parce que tu as mangé ces friandises blanches…?
La guimauve et l’oublie sont venues au Japon à l'ère Taishō (1912-26) .
J' aime aussi la confiture en couleur de Cyanoptila cyanomelana ou du canari,
et le parfum des fleurs blanches avec la corolle d'or…



f0374041_11143424.jpg




金いろの盃をふせ水仙はしづかにむすぶ早春の夢


Des narcisses
retourne un verre d' or
en douce
faisant des rêves
de commencement du printemps






今年、2018年は雑誌「赤い鳥」創刊100周年に当たります。
「赤い鳥」とココアショップ「アカイトリ」が気になる方はこちらへ…↑

Oiseau Rouge (Akai Tori)
est lancé il y a 100 ans, en 1918.

(All Rights Reserved)






[PR]
by snowdrop-uta | 2018-01-21 10:48 | 四季の食卓(table) | Comments(6)


f0374041_11253897.jpg
ピーター/ルナールの「にんじん」




今年の七草がゆ。赤いすずしろが手に入ったので、ハツカダイコンをかじるピーターラビットの器によそってみました。
でも、七草が見分けられませんね…おそろいのカップには、ピーターの好きなカモミールのお茶を♪ (1月7日撮影)

Snowdrop cooks every year the rice porridge with seven spring herbs.
A radish like those of Peter Rabbit…here is a Japanese radish (daikon).
And a cup of chamomile tea, without caffeine, with the colour of soba-cha♪



f0374041_11312151.jpg

「seven herbs」の画像検索結果


(illustration*google search)
https://en.wikipedia.org/wiki/Nanakusa-no-sekku


じつは、七草を下茹でする前に撮影しておいたんです。ニンジンみたいに赤いすずしろ♪
たんぽぽ模様のランチョンマットに、若菜摘みをする古人(いにしえびと)の面影を重ねて…

Snowdrop took a picture for you before boiling them♪
Do you tell seven herbs apart on the place mat with dandelion-pattern?



a0332314_09212477.jpg




禅寺の厨(くりや)をまねび ひと晩を浸(ひた)せし米を火に掛くる朝

learning ZEN temple’srecipe
snowdrop soaked the rice in water all night
and boiled about one hour
in the morning of Jinjitsu,
one of the five seasonal festivals



Img_1049_868x1024_2Img_0013_799x800_2
ma photo pinteresté par grillon en 2016♡


わが家のお節料理、一番奥の一皿と干菓子を除いて手作りです(2015-16年撮影)
ペアの海老の写真、ブロ友のgrillonがpinterestに上げてくれましたっけ
お餅も頂きました。七草粥はお腹を休めるための優しい献立なのですね。

Snowdrop prepares every year traditional festive food for the New Year. We eat mochi also.
The rice porridge with seven spring herbs on January 7th is good for our tired stomachs.



神棚 ↓(small indoor shrine)

f0374041_11341187.jpg


snowdrop's calendar (2018) representing a kitchen in the Meiji Period



今年は明治維新150周年、明治の瓦斯(ガス)にちなんだ暦を…お屋敷のお台所に、立派なお膳が並んでいます。↑

ついでに、昨年のクリスマスの朝の写真をもう一度。フィンランドのミルク粥とカレンダーです。↓



f0374041_22155705.jpg



Finnish calendar and milk porridge in 2017
Bonne alimentation, mon Jultomte (Santa Claus) !


(All Rights Reserved)








[PR]
by snowdrop-uta | 2018-01-12 06:18 | 四季の食卓(table) | Comments(8)


c0345705_17501824.jpg





1月6日は東方三博士が幼子イエスを礼拝した日。一般にクリスマス最後の日です。
「ガレット・デ・ロワ(王様のお菓子)」の冠は、東方の王様を象徴しています。
切り分けられたお菓子にフェーヴ(右)が入っていたら、あなたは一日、王様です。
お菓子の上の金の冠をかぶって、こう命じてもOK♪

わたくしが 今日の王様 皆の者 わが言いつけに 従いなさい!

Le 6 janvier on célèbre l' Épiphanie, la manifestation de petit Dieu, la Lumière.
La galette ronde et dorée, elle symbolise le soleil.
La couronne est celles des rois mages,
Celui qui trouve la fève dans sa part de galette est surnommé « roi ».



c0345705_13144787.jpg




Voici le roi de l' an deriner, mon halibo noir! (2016)


一年前の王様はこの黒クマ君。この年の冠は白色でした。
奈良の百貨店のパン屋で求めたガレット、月桂樹の葉のモチーフです。
あいにく去年閉店してしまったので、
今年はクリスマスの朝を過ごしたパン屋で予約しました(初めの写真)。



c0345705_09295072.jpg




これらは昨年までのフェーヴです。フランスへの憧れが感じられるデザインですね。

Des fèves de faïence pleines de l' aspiration vers France♡

https://www.youtube.com/watch?v=lGsRTnaGFP0


f0374041_19581307.jpg



il nostro presepio notre crèche (le 6 janvier, 2013)


5年前のわが家のツリー兼プレゼピオ。左のCDに東方三博士がいます。
博士たちに幼子誕生を知らせる星のモチーフをメインにしたしつらえ☆彡
博士を乗せてきたラクダも。(右の香水瓶もラクダのデザインです)

Vous trouvez Mages (CD) , deux chameaux (souvenirs d'Egypte) ,
et plusiers étoiles dans la crèche chez nous?




200812061024x771


サンタさんはいまごろ…
"Wo ist meiner Dreikönigskucuhen?"


わが魂(たま)に残る幼(をさな)の面影を子なきわが身の家族(うから)と呼ばむ

Mon Santa Claus, chacun a son enfance dans son esprit,
et je vois en toi un enfant de cheuveux d' or, c' est ”ta famille”…
Bonne année et bonne santé à toi!



Img_2467_640x600_2


幼の面影(1960年代)

petite snowdrop * ”ma famille” de cheuveux noirs



f0374041_06124331.jpg




この子がミラノで見たクリスマスツリーです(1999年)。
友人のaster roseがイラストにしてくれました(2018年)。
水彩画のようなタッチ。。。時雨に濡れていたミラノ大聖堂が思い出されます。。。
「紀行編」では1月7日紅(くれない)に燃える雪山のようなイラスト・ヴァージョン2を…

Ex-little snowdrop saw Christmas trees in Milano in 1999.
Snowdrop's photo has been image-processed by aster rose in 2018.
The version 1 is like a water-colour illustration, which reminds me of rainy Milano。。。
On January 7, you will see the version 2, Red Duomo like snowy mountains in the sun!



1999年12月の旅日記です。ミラノは燃えているか?いいえ、まだ…

Milan brûle-t-il ? ― Pas encore, en 1999…

(All Rights Reserved)





[PR]
by snowdrop-uta | 2018-01-06 06:30 | 四季の行事(Xmas) | Comments(4)

f0374041_06262743.jpg



新しき春を迎ふるこの佳き日やまとの薔薇を君に贈らむ

This morning
to greet New Year
I deliver you
these peonies (kales)
of colorful and fresh leaves



c0345705_11190781.jpg


牡丹の千代紙に能面のお干菓子
Japanese dry sweets in the shape of Noh mask
Do you find the peonies in a sheet of Japanse paper?



どちらが美人?日本人なら3歳頃から左のを選ぶでしょう。(井上章一『美人論』)
けれどもフランス人は、右のお多福をチャーミングだと思うようです。

Which is the beauty, the right one or the left one (upper fig.)?
While a Japanese would choose the left one since the age of three or so,
not a few French people prefer the right charming O-Kame!




c0345705_11331162.jpg


Good fortune Girl (2016)


わが剥(む)きし慈姑(くわゐ)めきたる小望月 あかるく照らせ あすの夢路も

the bright fourteenth moon
like the arrowheads (慈姑) I have peeled
shine our first dreams also
in the night of the full moon,
the supermoon on January 2, 2018!


Dscn0459_640x280

2018年1月2日はスーパームーンです(1月1日撮影)


The supermoon is gathering attention in Europe also…our New Year's coincidence?

(All Rights Reserved)









[PR]
by snowdrop-uta | 2018-01-01 07:00 | 花草木に寄す(plant) | Comments(11)

*雪ごもりした小鳥がまねる百の鳥の歌…* (All Rights Reserved)