f0374041_08223623.jpg

(Cabourg, France, 2004)




苦き海(ラメール・アメール)こころのなかに満ちくれば水平線をどこまでも行く

Quand la mer amere  monte dans mon cœur,   mon cœur…!  suis une lueur du horizon 
à l’ infini




f0374041_08261865.jpg

「出船の港」歌碑(時雨音羽)「どんとどんとどんと波のり越えて…」(利尻島)* Rishiri Island(2014)



明日は海の日です。* Le jour de la mer, il tombe demain au Japon.

 

ここからは、お時間が許せばどうぞ。

「(…)彼女たちの方から(花の名を)訊ねたものがあった。それは花期も終わっていると思っていたシシウドの、見事に白々と咲いているひと株であった。

 日本ではシシウドと言って、もう少し高いところでは真夏に沢山咲いているのだがと言って、その後が続かなくなってしまった。芹科だということは分かっているのに、それではどうにもならない。シシウドで我慢してもらおう。そう思ってまた歩きはじめると、その属名のアンゲリカを想い出した。

 私は大きな声で、アンゲリカ、アンジェリカと叫んだ。そして、あなたたちの国にもアンジェリックは同じ花を咲かせている筈だと言ったが、彼女たちは、私のアンゲリカと叫んだのが可笑しかったのか、それともふたりで何か別のことを想い出したのか、立ちどまって、体をくねらせていつまでも笑い続けていた。(…)」

串田孫一「アンジェリカまたは秋の訪れ」『青く澄む憧れ』
注:「アンジェリカ」という名前には「天使」の意味が含まれている。

 

(…)Elles m’ a demandé le nom d’ une fleur. C’ a été un pied de shishi-udo (lion-aralia, lion=grand) avec des fleurs candides que j’ avais cru que sa floraison avait déjà été fini.

 Au Japon, elle s’ appelle shishi-udo et est se propage mieux en altitude en plain étéj’ ai leur expliqué ça, mais je n’ai pu continuer plus. Bien que je connaisse qu’ elle est une espèce de plantes de la famille des Apiacées, son nom, ça ne me reviens jamais! Tant pis, elles doivent se contenter du nom japonais, shishi-udo. Quand j’ ai commencé à marcher, son nom latin m est revenu subitement.

 Angelica, Angélique! Je cria. Et je dit qu’ elles durent voir l’ angélique en fleur chez elles aussi, mais elles continuaient à rire en s’arrêtant et se tortillant indéfiniment. C’ a été parce que mon cri les fit rire ou elle se mirent à rire en se souvenant de quelque chose? (…) ― Angelique ou Visite de l’ automne (Œuvres complètes de KUSHIDA Magoichi, vol.6)(traduction de snowdrop, 2015)



f0374041_05032179.jpg

シシウド(アンゲリカ)* Angelica(2014)


古い写真で遊んでみました。新作でなくて済みません…。usaさん、ご企画に感謝します。* Special thanks to usa!



まだ右手タイピングできない状態なのに、翻訳の仕事が増えてしまって…しばらくブログをお休みします。
また帰って来ますので、その時はよろしくお願いします。

Although I cannot yet type with the right hand, my workload (translation) has increased. I stay away from my blogues for a while. See you again!


f0374041_20423691.jpg


波と遊ぶ小犬 * canis minor(2004)


(All Rights Reserved)







[PR]
by snowdrop-uta | 2017-07-16 04:57 | 本棚から(book) | Comments(2)

f0374041_20032709.jpg

忘れな草
* Forget me not


清らなる流れのほとりの草の花の青き瞳を忘れかねつも


Can I forget  the blue eyes of that wild flower   by the waters  of that limpid stream?  …… Never !


f0374041_05233599.jpg


きたのじゅんこ画『12の花の物語』より




流れのほとりに咲く青い花を恋人ベルタのために摘もうとしたルドルフは、水に落ち、川底へ消えた。「僕を忘れないで(forget-me-not)」と言いながら。勿忘草は忘れえぬ花。

Do you know that sad legend of Vergissmeinnicht (myosotis) ? The myosotis is the flower that she could never forget like her lost lover.




f0374041_20034448.jpg

都忘れ * Gymnaster savatieri



承久の乱に敗れ佐渡島へ流された順徳天皇は、この花を見て都恋しさを忘れた。

みやこわすれは都を忘れさせてくれるくらい美しい花。

Emperor Juntoku, who
was sent into exile on Sado Island, would be consoled by these star-like wild flowers.
Gymnaster savatieri is so beautiful that it could make him forget his
attachment to the capital.



a0332314_18261954.jpg

(2015年撮影)

(photos by snowdrop, image-processing by aster rose)

(All Rights Reserved)







[PR]
by snowdrop-uta | 2017-07-10 06:00 | イラスト(illustration) | Comments(2)

*雪ごもりした小鳥がまねる百の鳥の歌…* (All Rights Reserved)