人気ブログランキング |

f0374041_13463838.jpg



























芦屋川べりの教会のソメイヨシノ


芦屋川のさくらは いまだ ふふめれば 業平橋からビゴのお店へ

(芦屋川の桜は まだつぼみだったので 業平橋からビゴの店=パン屋さんへ向かいました)


琵琶湖疎水の染井吉野(2018年)

f0374041_09160197.jpg



ポワソン・ダブリル(四月の魚)ってなあに?
去年の春、疎水の桜のなかに お魚の形を見つけてから
フランスの四月の魚のお話をしたいと思ってきました。
バレンタインにこのチョコレートを選んだのはそのためです。

Qu' est ce que c' est, Poisson d' Avril ?
Voici un chocolat que j'ai choisi à la Saint Valentin
pour Poisson d' Avril et Pâques.



f0374041_10065956.jpg



























こちらは4月に入ってから、ビゴの店でもとめた ポワソン・ダブリル。↓
4月末まで、予約販売中です。
タイ焼きも並べてみました。まるでジャパニーズ・ポワソン・ダブリル?

Voici Poisson d' Avril chez Bigot !
Et un poisson d' avril Japonais ?!
(→ tai-yaki)


f0374041_10024030.jpg



ポワソン・ダブリルはヒラメみたいですね。(じつはサバです)
タイやヒラメの舞い踊り~♪


フランス語を勉強し始めたころ、母がフランスで買ってきてくれた本を開いてみましょう。
4つの説がありますが、うち1つだけを…
poisson(魚)はpassion(受難)がなまったと考える人がいます。
イエスは4月初めに受難にあい、祭司長らや総督ピラト、ヘロデ王の間をたらい回しにされました。
そこで、4月1日に「人を弄んでむだに歩かせる→人をからかう」習慣が生まれたというのです。

Selon un livre que ma mère acheta en France,
quelques-uns pensent que "poisson" serait le mot "passion" corrompu.
Jésus fut renvoyé d' un tribunal un autre faisant plusieurs démarches inutiles en avril.
L'on a pris de là, la coutume de faire courir ceux dont on veut se moquer le 1 avril.

関連画像
(google search)


そういえば、魚はキリスト教のシンボルでもあります。
イクテュス(IXΘΥΣ)はギリシャ語で「魚」という意味ですが、これは
ΙΗΣΟΥΣ ΧΡΙΣΤΟΣ ΘΕΟΥ ΥΙΟΣ ΣΩΤΗΡ
(ギリシャ語でイエス、キリスト、神の、子、救世主)の頭文字を並べたものでもあります。

Le poisson est un symbole des chrétiens.




f0374041_14210105.jpg




























わが家のイースター(2014

🐇 イースターのチョコレートはウサギやヒヨコなどです。 🐤
🔔 鐘の形のものは、あまり見かけなくなったという人も… 🔔

ルーアンのイースター(2004年)


f0374041_17515638.jpg



















母のくれた本によれば、聖木曜日から国中の鐘がローマへ旅し、
法王の聖別を受けるため、鐘は鳴らされなくなります。
復活祭(イースター)の日曜日、帰ってきた鐘が高らかに歌います。

Le livre dit que tous les cloches vont à Rome
pendant les trois derniers jours de la Semaine Sainte
pour être benis par Pape.



a0332314_14310164.jpg


A. コルバン『音の風景』 🔔 Les Cloches de la Terre, Alain Corbin


2019年は聖週間の水曜日に、パリのノートル・ダムの復活を祈り
ルーアンをはじめ、各地の鐘が鳴らされました。深いひびきでした。

Et le Mercredi saint cette année…






Bourdon(ふとっちょ)という鐘も無事でした 🔔 Bourdon sauvé !


関連画像

(wikipedia)


おまけ 🐔 買い足したニワトリと卵のチョコレート

(ビゴの店、また行っちゃいました。。。)


f0374041_07081031.jpg


























イースターからイースター・マンデーにかけて、イイネ欄が閉じていたようです。すみませんでした。
おわびにお菓子を追加しました 🐔 

(All Rights Reserved)






by snowdrop-uta | 2019-04-21 06:51 | 四季の食卓(table) | Comments(3)

タルトってどんな洋菓子なのかしらん…子供のころに夢みたお菓子 !? ↓

what is the tart?
here is the torttu,
the very tart
that I imagined
in my childhood!


f0374041_21023209.jpg





snowdrop、インスタ・デビュー? …ナンチャッテ
この写真は、神戸にある北欧カフェ markkaさんの
フォトジェニックなしつらいの力を借りて撮りました。

ルーネベリのタルトはフィンランドのカップ&ソーサーで(右)、
セムラはスウェーデンのお皿で注文しました(左)。

あら、タルトってこんなお菓子だったかしら?
タルトを知らなかった幼い日、想像したお菓子とそっくりです!

Snowdrop has started Instagram?
Thanks to a Scandinavian style cafe in Kobe, marukka,
I could take the above photogenic photo.
Their Finnish and Swedish tableware suit these cakes!
 


f0374041_06320310.jpg



雑誌「北欧雑貨と暮らす」で紹介されています。
markkaさんのHP(ルーネベリのタルト)はこちら →
🏠



ルーネベリのタルトは、フィンランド国歌()の詩人ルーネベリの
奥さんが創作した、スパイスクッキーや洋酒の入ったケーキです。
クリスマスに余ったクッキーや、夏にどっさり煮たラズベリーのジャムが
こんなに滋養たっぷりのオリジナル・スイーツに…
Tamuraさんが丁寧にこさえた、しっとりスパイシーなお菓子、北欧の浅い春の味です。

Runeberg's tart (Runebergin-torttu) is the original cake
in connection with Runeberg, a poet of Finnish national anthem().
The poet's wife used the spice cookies of Christmas, rum or sherry, and rasberry jam
to create this original and nutritious cake.
The cakes reproduced by Ms.Tamura call Scandinavian early spring.




f0374041_21381560.jpg



フィンランドでルーネベリの国歌を歌ってくれた友から贈られた暦(2月)
友が暮らす湖水地方のVirrat村のオリジナルカレンダーです(snowdropの私物)

Finnish calendar from my friend who sang for us their national anthem



やまとの立春の翌日、2月5日はルーネベリの誕生日です。
フィンランドの人たちはこのタルトを食べて国民的詩人を偲びます。
フィンランドのカレンダーにも「ルーネベリの日」が載っています。↑

Today is the first day of the spring in Japanese calendar.
And tomorrow, February 5 is Runeberg's birthday
when Finnish people eat Runeberg's tart.
Runeberg Day (Runebergin päivä)is on Finnish calendar !




f0374041_15011151.jpg


ポルヴォーの秋(1997年)*Polvoo, 1997



ルーネベリが晩年暮らしたのが、フィンランド第二の古都ポルヴォーです。
snowdropが訪ねたのは、今からおよそ20年前の秋の午後でした(上)。

J.L.Runeberg lived in Polvoo, the second oldest city.
Snowdrop visited this town about twenty years ago.
🍁 

いまの季節はきっとこんな感じ…春はまだまだ遠くに(下)。
(北欧の旅の帰りにヘルシンキの空港でもとめた雑誌から。
フィンランド語は分からないのですが、写真が素敵で♡)

Polvoo in February is like this? (Finnish magazine in 1997)



f0374041_21372353.jpg



ポルヴォーの冬(1997年の雑誌*snowdropの私物)*Polvoo in Advent



雪ふかき国は春をまちかねてお花のようなお菓子を焼くの

people living in
snowy countries
wait for the spring
so impatiently that
they bake flower-like cakes



f0374041_13475944.jpg

























(↑このカレンダー、本、絵ハガキはすべて snowdropの私物です)

4月のカレンダーを見ながら読書*まだ湖の氷の上を歩けるんですね!

April of Finnish calendar, where two persons still walk on the ice!!







竪琴をかなでる神のものがたりカレワラを読む立春の朝


Kalevala,
the epic poetry
which tells
old and wise Väinämöinen created the kantele
… I read it on the first spring day



f0374041_07033501.jpg




セムラはスウェーデンの謝肉祭最終日のお菓子。フィンランドではラスキアイスプッラと呼ばれます。
「セムラの日」にクリームたっぷりのお菓子を食べて、四旬節(精進期間)に備えたのです。
イギリスやフランスの「パンケーキ(クレープ)の日」と同じですね。今年は3月5日(火)です。

Semla (Scandinavian Lenten pastry, Laskiaispulla)is equal to
the pancake or crepe in England, Ireland, or France.
Pancake Tuesday is March 5 this year.





セムラ(ラスキアイスプッラ)、北欧でも1月からお店に並ぶそうです。
一見シュークリームのようですが、カルダモンの香るふっくらパンです。
トッピングの甘みを抑えたクリームと、アーモンドペーストのハーモニー♬
お料理上手なTamuraさん!12月のサフランパンも食べてみたいです。

Ms. Tamura bakes the Lussekatt also
every year, around December 13 (St. Lucy's Day) !!!!!!!!!!!!
I would like to show you it next December !!!!!!!!!!!!!



FIKA TIME 🍵

f0374041_21044131.jpg



店内はカフェメニューのみ撮影可。このアングルは許可をいただきました。


↓雑誌の別の頁に、このお皿(左↑)を見つけました。リンドベリのアスターです。

The above dish was on the below magazine's page, ASTER of Stig Lindberg.



f0374041_21110667.jpg







f0374041_21103778.jpg







































BGMは、優しい笑顔のOgakiさんがセレクトしたスウェーデン・ジャズ♪
アナログ・レコードのやわらかい音に包まれて、ヴィンテージ雑貨を眺めましょう。

Mr. Ogaki's collection of Swedish jazz (analogue record) is the soothing background music !




c0345705_20270159.jpg
























パール・ストリートには、こんな可愛い木の家のミニチュア!これならすぐお店が見つかります。
背後にそびえるお伽の国めいた建築はなあに?週末に「ももさえずり*紀行編」でご紹介します。

Here is a 3-D signboard of markka. How charming!
The mosque in the background is to be introduced in another blogue this weekend.



c0345705_20260372.jpg

















ミニチュアのお家の裏へ回ると、開店時間が表示されていました。
水木が定休日です。詳しくはmarkkaさんの店舗情報へどうぞ→🏠


(All Rights Reserved)








by snowdrop-uta | 2019-02-04 15:14 | 四季の食卓(table) | Comments(6)

f0374041_15261480.jpg




学生時代にときどき足を運んだ中之島図書館。
この図書館ゆかりの宮本輝の本などを読みましたっけ。
円天井を仰ぎながら、大人への階段を昇ってゆく気がしました。

Here is Osaka Prefectual Nakanoshima Library
that snowdrop would visit in her school days.
Looking up the vault,
she felt as if she had gone up stairs to the adult.



f0374041_15265060.jpg





まいまいの殻の内部をたどるごと階(きだ)を昇れば水の幻聴

montant l'escalier
comme l'intérieur de
coquille d' escargot
j' écoute
une hallucination de l'eau




f0374041_15274706.jpg




今でもよく訪れている京都府立図書館。
外へ出て、動かなくなった市電をのぞくと
子供時代への線路が見えてくる気がします。

Here is Kyoto Prefectural Library
snowdrop visit still now.
A tramcar outside reveals
the track to her childhood.


f0374041_15282047.jpg




アドベントに入る前のことですが…
京都府立図書館を出て、
隣の近代美術館で友人と落ち合い、
岡崎疎水沿いのカフェへ。

One day in November
snowdrop left the library and met her friend
at MoMAK adjacent to the library
to go to a cafe along Okazaki (Lake Biwa) Canal.



f0374041_14294314.jpg





譜面台にのせたメニューに誘(いざな)われ 友と味わうターフェル・ムジーク

ターフェル・ムジーク♪食卓の音楽

invited by a menu
on a music stand
my friend and I
tasted Tafelmusik
on a wooden table



f0374041_14310083.jpg




店内では、壁のポスターがデンマーク語で「いらっしゃいませ」!
北欧で暮らしたことのある友人が読み解いてくれました。

"Velkommen! " a poster said.
Her friend, who had lived in Scandinavia for several years,
translated it for her.


f0374041_14340409.jpg




店の中にはこまごました置物がたくさん。
店の外には疎水と桜紅葉、自転車が見えます。
さるブロガーさんのお写真では桜が咲いていました。

They kept to themselves
the comfortable space, autumnal views
with cherry trees and bicycles…



f0374041_14345736.jpg




スープと温野菜とライ麦パンのランチを頂きました。
粒マスタードのソース、家でも真似してみたいです。

Snowdrop chose this healthy lunch.
The mustard sauce for steamed vegetables is to be adopted at home.



f0374041_14362807.jpg





このポスターはロシア・アヴァンギャルド風?DUBONNETは食前酒の一種とか。

A poster of Russian avant-garde? DUBONNET is an apéritif.




f0374041_14372840.jpg





紫陽花がドライフラワーとなるまでに君にも吾(あ)にもさまざまの日々

jusqu'à ce que des hortensias
sont devenus fleurs séchées
il y avait jours divers
respectivement
pour toi et pour moi




c0345705_10014284.jpg



ロシア風アドベントなおまけ ☆彡 京都ハリストス正教会
Bonus ☆彡
Благовещенский собор(2013)






♪ ロシアの作曲家、ラフマニノフの「ヴォカリーズ」♪


(All Rights Reserved)







by snowdrop-uta | 2018-12-17 07:15 | 四季の食卓(table) | Comments(2)

f0374041_13535175.jpg





京都の寺町通には、古い洋菓子店があります。
どれくらい古いかって?これくらい … ^^ ↓
創業は明治40(1907)年にさかのぼります。

There is a long-established pastry shop at Teramachi Street (since 1907).
The below photo was taken in the early Showa period, around 1936.




f0374041_13551372.jpg






表は木造漆喰の白い洋館です。
まるみを帯びたショーケースと、セラドン・ブルーのタイルが洒落ていますね。
昔なつかしい風情の焼き菓子に誘われ、板硝子の扉を押して中へ…

The facade is a white European-style building's.
The rounded display case and the celadon blue tiles are chic!
Let's open the plate glass door…




f0374041_13530597.jpg






高い天井を見上げると、唐草文様の照明や
凝った字体の「開新堂」の書(明治三筆の一人、日下部鳴鶴の揮毫)
濃緑色の大理石の柱などが目を引きます。

The high ceiling and dark green marble columns,
the calligraphy (堂新開) of Kusakabe Meikaku
(one of three famous calligraphers in the Meiji period),
everything attract us.



f0374041_13581283.jpg






右側の通路を抜けると、モダンな和館に迎えられます。
ここで靴を脱いで、奥の喫茶室に入るのです。

The inner rooms are in modern-Japanese style.
We take off shoes to enter.




f0374041_14080950.jpg




























秋の坪庭と桔梗の生け花とを愛でながらお茶を…
ここのロシアケーキは、やわらかなクッキーのよう。
ぶどうのジャムを舌に残して飲む紅茶はロシアンティーの味わい。

A table with a view of the traditional inner garden.
Their Russian cake is like a soft cookie.
The grape jam inside goes well with a cup of tea,
like the Russian tea!




f0374041_14084133.jpg




























ふり返ると、洋間もありました。初代の奥様が茶室として用いていたとか。
聚楽壁と洋風のテーブルセットが調和してシックです。

There is a Western-style room also.
It used to be a tea room of the founder's wife.
The mud walls are Japanese juraku-kabe.



f0374041_14142445.jpg





このアーチ窓が表の店舗とつながっています。

Did she peek into the shop through these arc windows ?



f0374041_14164616.jpg




























  ゆるやかに垂れる二本のリボンもて
                束ねてください姫への菓子を


  avec deux rubans tombants du plafond
                  nouez ces gâteaux pour les princesses japonaises, s.v.p.!



f0374041_14181772.jpg




























宮中に納められた時期もある、すなおで深い味わいのお菓子。
家づと(おみやげ)には、カラフルなロシアケーキなどを選びました。

They used to be a purveyor to the Imperial Household.
I bought simple and nourishing cakes for my family.




テレマン「食卓の音楽」



お向かいの三月書房で求めた歌集『食卓の音楽』をひらけば、
BGMはテレマンのターフェルムジーク(食卓の音楽)で決まりですね♪
ソチ五輪のころ読みふけったロシアの本も久しぶりに出してきましょう。
ああ、これでサモワール(ロシアの湯沸)さえあれば…!

In our dining room,
I read a book that I bought at March Bookshop
Tafelmusik by Sugizaki Tsuneo.
With
Tafelmusik by Telemann,
with Russian cake and a cup of tea♪
I wish there was a samovar here!



f0374041_14193488.jpg





わが家の食卓 * our table


snowdropの友が手作りしてくれたドーナツ星雲の栞 ★
bookmark of Ring Nebura made by snowdrop's friend



f0374041_21384523.jpg


























↑「星の食卓」の章の扉には、歌人みずからが撮影した夢幻的な写真 ☆彡
 杉崎恒夫は自分の撮った写真と歌とをコラボさせた本を夢見ていました。

 ☆彡 (photo by Sugizaki Tsuneo)

原種のチューリップの写真(snowdrop)とコラボさせて頂きます。。。


Img_3028_800x600




チューリップの盃あげて寿ぎし<新春(ノールーズ)>とはいかなる祭
― 杉崎恒夫「星の食卓」より

What kind of festival Nowruz <نوروز> is,
where people celebrated the new year 
by making a toast with tulip glasses?
― Sugizaki Tsuneo, trans. by snowdrop
「杉崎恒夫」の画像検索結果

(google search)

(All Rights Reserved)




by snowdrop-uta | 2018-10-26 18:08 | 四季の食卓(table) | Comments(8)

f0374041_16194441.jpg





母ゆずりのお鍋に穴が開いてしまって、同じデザインのものを求めました。
ケトルも琺瑯の粉がときおりお湯に混じるので、一緒に買い替えることに。
描かれているのは双子の林檎でしょうか。紅玉と並べてみましょう。
フランス革命暦の「リンゴの日」は10月22日ごろです。

Une des marmites et une bouilloire de ma mère,
elles sont remplacées par les neuves.
Aujourd'hui, c'est le jour de pomme en France!



f0374041_08475873.jpg





果樹園の枝におもたき赤き実は修学旅行のふたりを見てた

des fruits rouges lourds
dans des pommiers
dans le verger
observaient nous deux
pendant le voyage scolaire



f0374041_08195501.jpg





おらんだの花野道ゆく 前世(さきのよ)の戦場とほし雛罌粟(ひなげし)赤し

marchant sur une route
dans le champ de fleurs automnales
aux Pays-Bas
le champ de bataille de la vie antérieure est lointain
des coquelicots sont rouges



f0374041_14143784.jpg




このシリーズは一度無くなっていたのですが
惜しまれて、別のメーカーで復活したのだそうです。
黄金の実は縁起がいい、ということで中国の方にも人気だとか。
なるほど、林檎のほかに桃や蜜柑も描かれています。🍑
そういえば、桃は中国では吉祥の果物。桃源郷の国ですから!
目指せ、母の分まで不老長寿!!

Le fruit d' or est populaire auprès des chinois aussi
parce que il porte bonheur.
Vous trouvez des oranges et pêches aussi. 🍑
Chine est le pays de la source aux fleurs de pêcher!
Visons à la longévité!



f0374041_16590971.jpg



目指せ、桃源郷!(『与謝蕪村』同朋舎)🍑

Allons à la source aux fleurs de pêcher! 




大津祭 曳山からくり 西王母山


先代のお鍋で色んなお料理をこさえてきました。たとえば
サヴォイ・キャベツ、玉葱、紅玉林檎、じゃが芋、豚肉、大蒜を
鶏スープと林檎の発泡酒でことこと煮こめば、フランスのママンの味。
そろそろあたたかいスープの季節。。。

Snowdrop a mijoté un chou de Savoie, un ognion,
une pomme Jonathan, du porc, du bouillon, du cidre
dans cette marmite l' hiver dernier.
L'un des saveurs de la maman en France!



c0345705_20301812.jpg


(2017年)



うすく濃く黄金の玉を連ねたる柿ぞやまとの吉祥宝珠

orange kaki,
lemon kaki
gold kaki lie in a row
the kaki is nothing but
the cintāmaṇi in Japan



f0374041_14145413.jpg




















ほっぺに接吻されて真っ赤になった柿。「接吻する」は外国語では
キッス(英)、キュッセン(独)、べゼ(仏)、バチャーレ(伊)、
ラテン系のほうが熱く、濃厚ですね…


This kaki blushes by a kiss(seppun)!
Seppun-suru equals to kiss in English,
küssen in German,
baiser in French, and
baciare in Italian.
Gradually more passionate…



f0374041_15454705.jpg























柿さんと柿さんがこっつんこ…♪
ひかりのつぶつぶこっつんこ…★





jinさんのご企画:2(Two) に飛び入り参加させて頂きました。

Two kaki/apples have participated in 2(Two) festival by jin-san.



おまけ 🍑 偶然のモモつながりで…



f0374041_21583300.jpg






















Fscn3211

昨日(10月21日)は十三夜

The Thirteenth Moon(October 21)



10月26日は柿の日です。忘れていました!



(All Rights Reserved)
















by snowdrop-uta | 2018-10-22 05:22 | 四季の食卓(table) | Comments(4)



ショーソンハチドリ


ショーソンといふ苹果麺麭(りんごパン)なつかしみ京の麺麭屋の扉を押しき

A la recherche des chaussons, je poussai la porte d' une boulangerie en Kyoto.



f0374041_08582915.jpg



(9月下旬 🍎 le 28 septembre au matin)



りんごの季節、ショーソンというアップルパンが食べたくなりました。
寺町通りのブーランジェリで見つけた、こんがりショーソン!
ショーソンとは、フランス語で「室内履き」という意味です。なるほど形が似ています。
ショーソンという名の作曲家がいれば、ブーダン(ソーセージ)という名の画家も…

左の絵本は、ドイツのボハッタおばあちゃんの描いたウサギさん。
日本でなくても、くつろぐ時はパントゥフル(室内履き:仏・独)がいちばん!

Au temps de pomme (pas "de terre"! ) nouvelle,
snowdrop a trouvé des chaussons à une boulangerie en Kyoto.
Le chausson, elle veut dire la pantoufle, n' est ce pas?
Chausson (compositeur), Boudin (peintre), etc...appétissants !
Voici un petit lièvre en Allemagne, par Ida Bohatta.
En Europe aussi, on met pantoufles au moment relax!



f0374041_08590300.jpg





右のミツバチさんも、赤いスリッパを履いています。
左のオーストリアの民族衣装の少女もチロル風スリッパを…
(独墺を旅行中のsnowdrop、友人の衣装を試着させてもらいました)

Cet abeille met des chaussons rouges.
Une jeune fille portante costume traditionnel d' Autriche aussi…
(snowdrop portante un costume de son amie, Autriche, 1990s)



c0345705_07024457.jpg



(イラストは1987年、サインと写真は2018年)


りんごといえば、姉妹ブログで宮沢賢治の短歌を紹介しました。

夏りんご
すこしならべてつゝましく
まなこをつむる露店のわかもの
 『宮澤賢治全集第3巻』


ネットでは「夏」ではなく「青」となっています。青りんごもいいですね。
賢治は和りんごを「林檎」、西洋りんごを「苹果」と表記し分けているとか。


Kenji Miyazawa aima la pomme verte
et la chouette (illsutration de Kenji ).



c0345705_15124061.jpg




賢治のフクロウのコースター 🍎 ガラスの青苹果

やまひ癒えまつさらさらのたましひに賢治のことば鮮やけく染む

この絵を描いたころはやみあがり、何もかもきらめいて見えましたっけ。

Snowdrop convalescente a peint la pomme ci-dessus, en 1987.






(All Rights Reserved)

おすすめグルメ!食欲の秋を楽しもう!








by snowdrop-uta | 2018-09-29 15:45 | 四季の食卓(table) | Comments(2)

f0374041_16203955.jpg





フランスには自然のめぐりに基づく暦があります。
実月(フリュクティドール)の月下香の日、
季節の実りをいっぱいに詰めた贈りものが届きました。
手作りのブルーベリーソース…炭酸水に落とせば
すみれ色の夕映えがコップの中に生まれます。
小鳥たちも巣に帰るのを忘れてしまいそう。


Le jour de tubéreuse au moi de fructidor,
un cadeau des fruits est arrivé de mon ami:
la confiture aux myrtilles à la main!
Versé dans l' eau gazeuse,
un crépuscule violet est né dans un verre.
Deux oiseaux oublieront de rentrer leur nid.



f0374041_13523654.jpg




今夜はロスビ(ローストビーフ)のバラ、ブルーベリー・ソースを添えて。
(薄切りにした一枚を横二つ折りし、巻いたものを芯にして
その周りを花弁のように囲みます。グラスに添わせれば楽♪)


Voici la rose de rosbif avec sauce aux myrtilles.



f0374041_07071258.jpg




朝ごはんのシリアルにもかけましょう。
葉ボタンみたいなレタスも食べなさいね。
― はい!ベリーソースがあるなら!

Voilà mon petit déjeuner de céréales avec sa confiture.
Snowdrop, mange de la laitue romaine aussi!
― Avec le sauce, avec plaisir!



f0374041_13555015.jpg



レタスはピーターにとって催眠効果が… * It is said that the effect of eating too much lettuce is “soporific.”
(B. Potter)




冷蔵庫で、蓋のゆるんだヨーグルトがジュレ状になっていました。
ヨーグルト・シャーベットにブルーベリー・ソースをふんわり混ぜこんで。

Dans le frigo, le yaourt est gelé!
Un sorbet au yaourt avec sauce aux myrtilles, s.v.p!



f0374041_07074899.jpg




ブルーベリーを食べるたび、思い出すのは青い湖の国、
フィンランドやスウェーデンの森のベリーです。

Chaque fois je mange des myrtilles,
je me souviens de la baie en Finlande, Suède, etc.
les pays du droit d'accès à la nature (allemansrätten).




f0374041_08122979.jpg





このブルーベリー・ジャムは30年来の友がこさえてくれました。
酷暑の八月、知人のブルーベリー園で摘んで、お家でことこと煮て、
大きなガラス瓶に真空密閉してくれて… おつかれさま!
今年も家族で感謝していただきましょう。

Les myrtilles livrées chez nous sont celles que
mon vrai ami avait ramassé dans le jardin de son ami,
mijoté chez lui, mis en bouteille sous-vide dans la CHALEUR.
Nous mangeons avec gratitude cette année aussi !!!!



c0345705_17311499.jpg


友の写真をトリミング * les myrtilles et rizières au Japon (2016)


稔り月を摘んで煮つめたブルーベリーすなおな甘さをてんこ盛りせむ

les myrtilles

que tu as cueilli
au mois de Fructidor
son douceur naturel
on goûte abondamment!



「Calendrier républicain Fructidor」の画像検索結果
(wikipedia)


snowdropがブログ・デビューした年に出会ったサロン・ブログは
この暦を一年にわたって用いていました(ふだんはフランス語)。
ロメイン・レタス(ローマのレタス)の日には、ラテン語で挨拶!まるでテルマエ・ロマエ!

Un salon-blogue utilisait ce calendrier pendant un an,
l' an du début de snowdrop dans le monde du blogue.
Ils parlaient latin au jour de la laitue romaine !

Voici une fausse inscription en romain...


「thermae romae」の画像検索結果

(google search)

(All Rights Reserved)

お気に入りの夏ショット&私の花火写真! 【PR】
おすすめグルメ!食欲の秋を楽しもう!【PR】













by snowdrop-uta | 2018-09-01 05:35 | 四季の食卓(table) | Comments(8)

f0374041_09461889.jpg





























三室戸寺の紫陽花のような主菓子

f0374041_13402834.jpg



 宇治のあじさい寺、三室戸寺から車で北へ10分ほど行くと、黄檗山の萬福寺に着きます。ここは明の禅僧、隠元が開いた禅寺で、予約すれば普茶料理が頂けます。(上の和菓子は含まれません)
 普茶料理とは、隠元禅師が中国から伝えた精進料理で、普く衆に茶を供するという意味があります。
 このお寺は日本の文人画家、池大雅も出入りしていました。彼が普茶料理をふるまわれたらどんな風に感じたことでしょう。ちょっと想像してみましょう。…

 Here is Manpuku-ji Temple associated with Ike no Taiga. He visited this temple for the first time at the age of seven. If the Buddhist cuisine in Chinese style had been served…?


f0374041_16460675.jpg

卍文様の勾欄 * Do you find the s
wastikas in the handrail?



 おや、又次郎(大雅の幼名)が甃(いしだたみ)をすたすた歩いて来ます。年は七才。檀王法林寺(🐈)の僧、一井に連れられています。浄土宗の寺とはまったく違う、きらきらしい黄檗寺院の佇まいに興味深々の様子。いつに無くきょろきょろしていますね。くすっ。(🐈 檀王法林寺は黒招き猫伝説でも知られています)

 There walks Matajiro(Taiga's childhood name)on the pavement! He is attended by his teacher of calligraphy, Priest Ichii of Danno-Horin-ji Temple. The child is curious about the exotic precincts that is different from that of Japanese tem
ples.



f0374041_13531890.jpg



大雅(又次郎)の回想

 私たちはまず、隠元禅師をおまつりする開山堂を訪ねた。蓮の鉢が並んでいる。私が書を学んでいた檀王法林寺にも蓮は咲いていた。だが、一井先生はおっしゃった。
「蓮は仏教の花というだけやない。隠元禅師ゆかりの花どす。蓮根が食用になることを教えてくれはったんは隠元禅師どすから…」
「れんこん?」
「又次郎はんはまだ食べたことがおまへんやろなあ…」



f0374041_23300902.jpg



Monologue of Taiga

 We first visited the memorial hall of the founder of this temple, Ingen Zenji(Zen master). Many pots of lotus greeted us. Master Ichii said,
" They are not only the symbol of Buddhism but also the flower associated with Ingen Zenji, who taught us Japanese that the lotus root is edible."
" The lotus root? "
" You should not have yet eaten it. "


f0374041_13573853.jpg







f0374041_13583390.jpg











































 境内を縦横に結ぶ回廊を進むと、カン、カンという乾いた音に迎えられた。墨染の衣をまとった僧が木の棒を握り、大きな木の魚を叩いている。
「急ぎまひょ、食事の時間を知らせてはる」

 Walking on the cloisters, dry sounds sounded. A priest in black is beating a big wooden gong in the shape of fish.
" Hurry up, he is announcing the mealtime! "




f0374041_14021223.jpg




 私たちは、木の魚を左に眺めながら食堂(じきどう)への石段を登った。(現在、普茶料理を頂くのは、食堂の左奥の新築の建物内です)
 食堂は畳にお膳ではなく、卓子に椅子であった。箱膳が二つ置かれている。
「本来は四人で親しく食卓を囲んで、大皿から料理を取り分けます」
 食前に私たちは「五観の偈(げ)」を読み上げた。
「食事も修行の一つどす。食物が供されるまでの人々の恩に感謝し、自らを省み、体を養う薬として節度をもって頂きまひょう」
 そして、蓋が開けられた。

 

「五観の偈」(右)と「菜単(おしながき)」(左)

f0374041_13544210.jpg


 In the dining hall, a table and chairs were prepared for us. Master Ichii explained me.
" In general, four persons surround a table and share one dish friedly. "
 Before the meal, we read out five verses.
" The meal also is a training. We should give thanks to the people and reflect ourselves. We must eat them temperately as the medicine."



f0374041_15370414.jpg



「ほれ、隠元禅師が中国から伝えた普茶料理どす。これを振舞ったり、召し上がったりしながら、隠元禅師は遠いふるさとの黄檗山をなつかしんだんやろなあ。この辺の山の佇まいは、中国の黄檗山に似てるそうどす」

「Ingen zen」の画像検索結果
隠元禅師*Ingen Zenji (wikipedia)


「隠元禅師は、隠元豆や蓮根をやまとへ伝えました。せやから、普茶料理から隠元豆の胡麻和えは外せまへん。蓮根はどこに入ってるかしらん」
 私は葛かけを一口食べて、思わず顔をしかめた
「この葛かけは、不思議な香りがします。風邪引いたとき、お母はんのこさえてくれる葛湯みたいにとろっとしてるけど、香ばしいような油臭いような…」
「胡麻油どすな」

" Ingen Zenji introduced this vegitarian diet including Ingen(kidney beans), lotus root, etc. The sesame and sesame oil are used in these bean curds and this kudzu sauce. "


f0374041_13500359.jpg



「それに、これは何でしょう。さっくりした歯触りで、それでいて糸を引くような粘りのある野菜は…」
「ああ、それが蓮根どす」
「あの美しい蓮の花が散った後に、この蓮根が採れるのですね」
「滋養がありますえ。普茶料理は生臭もんを使わんでも、栄養がしっかり摂れるようによう考えられてますよって」
「魚はよろしいのですか。この蒲鉾(かまぼこ)は…」
「ほほ。それは蒲鉾もどきいいますねん。食べてみなはれ」
「あっ、長芋や!」
「お豆腐も変わってますえ。そっちは胡麻豆腐、こっちの四角い小さいんは味噌漬け豆富…中国には古くから、蘇(そ:古代のチーズ)いう珍味があるそうやけど、こんな感じやろか」

Matajiro was surprised the lotus root was edible after the flower had fallen. The pseudo-steamed fish paste was made of Chinese yam!


The mouthfeel of the lotus root, crispy and a little sticky was rediscovered by snowdrop at China town in London while her four-month-long journey far from Japanese cuisine.


f0374041_13554616.jpg

ももさへづりと桃つながり?*Do you find peach-design? (Chinese auspicious fruit)


けれども、大雅少年は”萬福”寺へ”満腹”になるために来たのではありませんでした。実は、食事よりも大事なご用があったのです。それはまた「ももさへづり*やまと編」で…

In fact, Taiga was invited to this temple not for the meal but for an important matter. (To be continued to the blog by snowdrop-nara, in July)



f0374041_13563350.jpg


雨あがり七宝焼きの香炉よりのぼる煙も異国のかをり
après la pluie

d’ un brûle-parfum d’ émail

la fumée monte

qui sent exotique,

le parfum de Chine


おまけ 🐈 BONUS 🐈 two kinds of fortune slip (Danno-Horin-ji and Manpuku-ji )

猫みくじ付 招福飴f0374041_16320874.jpg









猫みくじ
(檀王法林寺HP)
 
達磨みくじ
(萬福寺で撮影)


(All Rights Reserved)

あじさいショット&私の雨の日の過ごし方【PR】











by snowdrop-uta | 2018-06-18 20:45 | 四季の食卓(table) | Comments(7)

おやつは八つ時、午後二時過ぎの間食を指す言葉でした。それは一日二食の時代のこと。
いまは三食なので、三時に甘いものを頂きます。おやつを「お三時」と呼ぶこともあります。
フランス語でおやつは「四時(quatre-heures)」です。ちょっと遅めですね。夕食が遅く、夜更かしするからでしょうか。

Le quatre-heures en France, O-Sanji(troi-heures)au Japon!
C' est parce que le francais est en général couche-tard en comparaison du japonais?




f0374041_09410575.jpg




コルク形のシャンパンビスケットとシードル(りんご酒)、おやつにいかが。
りんごの花のカレンダー、めくったものの捨てられなくて…


AUJOURD'HUI
Je te sers des champagne-biscuits en forme de liège et un verre de cidre.



f0374041_13395979.jpg


























それともわらび餅?うぐいす黄な粉と丹波の黒豆きな粉をかけて。


Ou tu prefères ce warabi (fougère)-mochi avec kinako, la poudre de soja grillé ?



f0374041_06281081.jpg


















「蕨 pinterest」の画像検索結果



これはわらび御飯。蕨(ワラビ)(上、pinterest)は日本人にとって古くから身近な山菜の一つ。
蕨手文という植物文様も…(下)

Voici le pilaf à la fougère. La fougère est un des plantes sauvages comestibles les plus familières au Japon depuis les temps anciens.



a0332314_08101142.jpg


↑ Les cheveux comme fougères. ↑


これは蕨手文のロン毛(法隆寺 救世観音像)*『奈良六大寺大観』岩波書店

長らく夢殿のなかで秘仏として布に巻かれていた救世(ぐぜ)観音像。
明治時代、フェノロサと岡倉天心が布を外すと、燦然(さんぜん)たる仏像が現れた。



白布を解けば黄金の(ひれ)張れる勇魚(いさな)のごとき仏ゐませり





おやつから脱線して仏像へ…つい長くなってすみません。

Du goûter à la statue bouddhique ?! Quelle digression!

(All Rights Reserved)

おまけ*Bonus(NHK) 


「見つかるeテレ カール」の画像検索結果


新緑写真&お気に入りのお出掛けスポット!【PR】






by snowdrop-uta | 2018-05-04 15:00 | 四季の食卓(table) | Comments(2)

フォト


今度こそ、アイスクリームにウェハース?いえいえ、これは朝ごはんのヨーグルト。
snowdropはアイスクリームもシャーベットもほとんど食べなくなりました。

The ice cream and wafer? No, it's yoghurt (in my petit déjeuner).
Snowdrop rarely eats cold things such as ice cream or sorbet now.

お祖母ちやん手製の昭和のアイスクリン 卵のいろと たまごの味と
my grandmom's
handmade ice cream
in the Showa period…
with egg-colour
with egg-taste



f0374041_15274947.jpg



冬の朝でもひんやりしたヨーグルトを食べようと思えるのは、このエッセイを思い出すから。

「信州では、六月から七月にかけて果樹がみのり、私はこの期間に次々にジャムを作った。(…)一茶が詠んだ「雪五尺」の雪の季節になると、(…)白い朝の世界で白いヨーグルトに、夏や秋のかたみのような色の美しいジャムを混ぜて食べるのだ。(…)暑かった初夏、やわらかい秋の陽光をそれぞれ思い出しながら(…)
 天からの賜物のような色彩を食べるという巧まざる演出を思いついたのも、色彩の欠乏のためであろう。スエーデンや越後の婦人たちのように織ることのできない私にとり、食うことで辛うじて色彩へのつながりを保っていたようである。(…)」 ― 太田愛人「雪」


Every time snowdrop eats yogurt in winter morning, she remembers an essay of OTA Aito's.

”In Sinshu, various trees bear fruits from June to July, when I made various jam one after another.(…)in the season of "five feet of snow" by Issa, in the white morning world, I eat white yogurt mixed with colorful jam like the souvenirs of the summer and autumn(…)recalling the hot summer and the autumn filled with mild sunlight(…)Eating the colours like gifts from Heaven, this idea must have been born from the lack of the colours in winter. As I cannot weave a colorful cloth like the women in Sweden or Echigo, I can barely keep the connection with the colours by eating(…)” ― Snow by OTA Aito, translated by snowdrop



f0374041_09503460.jpg


「苺さん、いつも頂いてばかりでごめんね。なんの贈りものもできなくて…」
「蜂さん、私のジャムであなたが喜んでくれる、それが何よりの贈りものよ」
(snowdrop意訳)



ドイツで求めたイーダ・ボハッタおばちゃまの絵本、ドイツ生まれのおじちゃまに…
ベッドのなかでは、一番読みやすい言葉はきっと一番初めに覚えた言葉でしょうから。

This picture book is selected for you, who were born in Germany.
The mother language should be the easiest to read in your bed.
If you are still KO, not too hard work, OK?



f0374041_09453687.jpg



黒苺はトゲだらけ、ちくっと刺したら血が出ちゃう
だけど果実はとっても甘い
ときどき君もちくっと刺すね やんちゃな子供がやるように
その一時は痛いけど、すぐにうっとりしちゃうんだ
(snowdrop抄訳)



ルーアンのホストファミリーの朝の食卓に、マダム手作りのすぐりジャムの大瓶がありました。
見た目も食感も、自家製の海苔の佃煮を思わせました。フランス版「ごはんですよ!」

I have seen a bottle of handmade gooseberry jam on the table of my host family in Rouen.
Both the appearance and mouthfeel were like those of the laver boiled in soy sauce. ”On mange!”


パンにジャム ごはんに海苔は 東西のおふくろの味 よい一日を! 


Jam on bread in France
Nori on rice in Japan

both are
mom's home cooking
Bonne journée!



f0374041_09450181.jpg


苺と黒苺の出てくる絵本は左下↑(The above two poems are from Die braven und die schlimmen Beeren.)


ドイツの小さな絵本はあと三冊、それにイースターの中型本が一冊残っていますが…
春までおあずけ!だから、またね。私のだいじなお友達。。。

The other three books and Easter special one are put on the bookshelf until spring…, so that
Wiedersehen morgen, nächsten Monat, nächster Frühling, nächsten Weihnachten,…mein ewiger Freund!



フォト

voici ta chouette, mon ami!
et voilà, ton petit déjeuner
avec du yoghurt? (sourire)
(All Rights Reserved)











by snowdrop-uta | 2018-01-27 06:28 | 四季の食卓(table) | Comments(8)

*雪ごもりした小鳥がまねる百の鳥の歌…* (All Rights Reserved)