人気ブログランキング |

「琥珀の夢」をもうひとつ 下 * one more amber dream2

f0374041_10562252.jpg



大山崎山荘美術館



「谷崎潤一郎文学の着物」はアンティーク着物だけではありません。
小説の挿絵をもとに再現された着物もあります。
『細雪』のために小倉遊亀が描いた着物はもみじの絵柄。
帯には さみどりの蝶々が飛んでいます。

This exhibition includes the reproduced kimono also
based on novels of Junichiro Tanizaki or their illustrations.
For example, the below kimono and obi sash
were born from this illustration by Yuki Ogura
for The Makioka Sisters of Junichiro Tanizaki.



f0374041_10524632.jpg


展覧会図録より


こちらは、谷崎の『夏菊』そのままの昭和初期の着物です。
菊五郎演出の「保名」の菜の花から思いついて
小説のヒロインが画家に特別注文した、春の訪問着。
このアンティーク着物の持ち主は
歌舞伎ファンだったのか、文学少女だったのか…

Here is kimono in the early Showa period
that might have been inspired by the kabuki at that time or
by Tanizaki's novel whose heroine ordered an original kimono
with mustard flower pattern after having seen the above kabuki.


f0374041_15165733.jpg




蝶の帯や蝶の着物に見とれて庭へ出れば、
おや、山茶花にも蝶がとまっていました。

We found a butterfly on a sasanqua camellia
just like the one on the above kimono.


f0374041_15034648.jpg




谷崎が撮影した、妻松子のポートレートが忘れられません。
蘭(ろう)たけた美女とは、こういう人を指すのでしょう。

「眼でも、鼻でも、口でも、うすものを一枚かぶったようにぼやけていて(…)
じいっとみているとこっちの眼のまえがもやもやと翳ってくるようで
その人の身のまわりにだけ霞がたなびいているようにおもえる(…)」
― 谷崎潤一郎『蘆刈』

Here is a portrait photograph of Junichiro Tanizaki's wife
taken by the writer himself. How graceful and refined !



f0374041_15173441.jpg




この展覧会は12月2日で終わりましたが
まもなく櫛とかんざしの展覧会が始まります。
優雅な喫茶室でいただいた、作家好みのモカ・ロール。
テラスに出れば、『蘆刈』に綴られた山崎の風景がひろがります。

A mocha roll is the original cake for this exhibition.
The author liked this type of cake in the Showa period.


f0374041_10462511.jpg




明治時代以降、化学染料が普及しました
The chemical dyes have become popular since the Meiji period.
The mauvaine was discovered by William Perkin (1838–1907).





モガといふ言葉も知らぬヒロインにぴつたりもつちりモカ・ロールかな

a mocha roll
reminds me of a heroine
of his novel
who was a forerunner of
the "moga (modern girl) "


f0374041_10421859.jpg




f0374041_10445543.jpg














































またの名は“スイス・ロール”(Swiss roll)

(All Rights Reserved)

色とりどりの紅葉&お気に入り秋ショット2018!




Commented by pikorin77jp at 2018-12-10 18:33
これが 谷崎さんの奥様ですか。
『鍵』という小説には 美しい妻がでてきますよね。(京マチ子さんだったかな)  この奥様がモデルかしら、、、 と思いました。
Commented by snowdrop-uta at 2018-12-10 19:46
*pikoさん
写真の松子さんは、谷崎さんの三人目の奥様なんです。『細雪』の幸子のモデルです。
京マチ子さんは『鍵』や『痴人の愛』に出ているんですね。
『鍵』は映画も原作も知らなくて…画像をググってみましたが、妖艶ですね!
Commented by snowdrop-uta at 2018-12-10 21:10
*pikoさん
追伸です。『鍵』の着物はありませんでしたが
棟方志功の版画の挿絵が図録に載っていました。
ちなみに『痴人の愛』のナオミのモデルは
谷崎の最初の妻の妹、せい子です。
Commented by snowyspring-2 at 2018-12-11 12:50
こんにちは。

銀色の匙を掬いて辿るのは過ぎにし琥珀の夢の続きか

           snowy spring 拝


        
Commented by snowdrop-uta at 2018-12-11 20:57
*snowy springさん、お歌をありがとうございます。
この日の珈琲はブラックで頂き、匙はケーキを取り分けるのに使いました♪
(2人で2種類のケーキを取って、”半分こ半分こ”しました)

銀いろの匙でお菓子を分かち合ふ 美味しさ2倍幸せ2倍

銀(しろかね)の匙で分けたるモカ・ロール 君の琥珀の夢へ届けむ

よい夢を…☆彡
snowdrop拝
Commented at 2018-12-12 19:20
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by snowdrop-uta at 2018-12-12 20:44
*鍵コメさん
ご連絡をありがとうございます。
入りましたよ!コメ欄が見つからなかったのでここでお知らせします。
また訪問させて頂くのを楽しみに…

ようやくクリスマス前らしい寒さが…あたたかくしてお休みくださいね。

by snowdrop-uta | 2018-12-10 15:45 | 本棚から(book) | Comments(7)

*雪ごもりした小鳥がまねる百の鳥の歌…* (All Rights Reserved)