Ms. snowdropのサバイバルな夏の夜と朝 * hier et aujourd'hui

c0345705_06490787.jpg




それは昨夜のこと……湖水地方の絵葉書のネコを眺めていたところだったから、
フランス窓の向こうの生き物、てっきり野良ネコだと思ったの。
でも、いつもの寅さん、いえトラ猫さんよりおっきいなぁ、
尾っぽも、ぶっといなぁと思ったら…

It was hier, last night…because I had been seeing my postcard of cats,
at first I thought it was a stray cat.
But it was bigger than the regular members that patrol in our garden…



a0332314_14503294.jpg













a0332314_14505775.jpg















ラスカルそっくりのアライグマ!!!!!
いちばん映りのいい写真を、カメラのなかで画像処理してみました。↓

Oh, it is not a cat but a raccoon just like Rascal !!!!!!!
Here are several photos image-processed in my camera.


f0374041_21443896.jpg


f0374041_21454736.jpg















































ラスカルよ小(さ)庭へ何をしに来たる ― ケヤキにたかるセミを喰らひに!

Rascal the Raccoon,
what are you doing in our garden?
― I am eating several cicadas
around your zelkova serrata !






Rascal the Raccoon (animation, 1977) ,
story by Thomas Sterling North (1906-1974)




わが名はラスカル?
わが名はオスカル♪
(My name is Oscar♪Takarazuka Revue)


記事はここで終るはずでしたが…

c0345705_13345231.jpg

(ヴェランダで。2015年)



ここからは今朝の話。
朝まだき、洗濯へ行こうとフランス窓を開けたら…
(昭和モダンの小さなお家の洗濯機は、庭にあります)
ダイニングに蝉が飛び込んできたの!
天井の照明にパニくる蝉、明かりを消すと、冷蔵庫の扉に!
子供の時、捕虫網で蝉を採ったこともないsnowdrop、
ビニール袋をそおっとかぶせたら…つかまえちゃった!掌中の蝉!!
庭へ逃がして、ほっと一息。
新聞を取りに玄関へ回ったら、ドルチェな空!

And Aujourd'hui
in the morning twilight,
snowdrop opened the French window to go out to do the laundry
(because the washing machine is outside), when,
a cicada flied into the dining room and rest on the refrigerator !
snowdrop, who had never caught the cicada since her childhood,
covered it with a shopping bag. Ça y est ! A cicada in my hand !
She set it free in the garden. Phew…!
Then she went and get the newspaper…
Wow ! What a dolce sky !


f0374041_06192000.jpg




ネウマ譜にぽつりと一つ全音符 電線四(し)本の上(へ)の朝の月
one whole note
on neumatic notation
the pale morning moon
in four power lines



f0374041_06144762.jpg


「ネウマ譜」の画像検索結果

(google search)

FM「古楽の楽しみ」(AM 6:00-6:55)、今日は何の曲でしょうか ♩♩

snowdrop enjoys the ancient music (FM broadcast) every morning.


おまけ ♪ Bonus
ますむらひろし『アタゴオル玉手箱』♪ ATAGOUL by H. Masumura


f0374041_14282286.jpg



↓猫のヒデヨシが歌っているのはビートルズ・ナンバーです♪
↓Hideyoshi(Cat)sings The Beatles’ I've Got A Feeling” Ev'rybody had a good time♪”


f0374041_14295852.jpg



もひとつ、おまけ * Bonus
Actor Mansai Nomura to handle 2020 Tokyo Olympics, Paralympics ceremonies!


f0374041_07290742.jpg


(All Rights Reserved)


お気に入りの夏ショット&私の花火写真! 【PR】










[PR]
Commented by hillfigure at 2018-07-31 10:28
こんにちは〜!
2枚目の画像が見れませんでした〜(∩_∩;)
窓辺に立つ可愛いアライグマさんは
ベランダに来てたのですか?
野生動物の餌ずけは行けないのでしょうけど
ふと何かあげたくなっちゃう衝動に狩られますね〜(^▽^;)
角砂糖をあげたら洗面器で洗って溶けちゃって
不思議そうな顔してたラスカルみたいに。
セミさんは天ぷらにすると美味しいですよ(←ヾ(゚▽゚;)ウソウソ・・・)
アタゴオルは猫の森というメルヘンチックな猫漫画の
ヒデヨシというデカ猫が
セミ天定食というのを注文してたのをふと思い出しました(o^-^o) ♪
セミさんがお家の中で歌い始めるとかなり響きますから
無事お外に出してあげれて良かったですd(^∇゚*)ネッ
Commented by pikorin77jp at 2018-07-31 14:36
とっても話題が豊富な今朝ですね。アライグマちゃんはみれましたよ、とっても可愛い 窓から覗いてる、、でもほかのが私も見れないのが何枚か、、、cocoaさんの蝉定食にビックリ! (笑)
Commented by snowdrop-uta at 2018-07-31 15:12
*cocoaさん、
教えてくださってありがとうございます!いかがですか?
1階のアライグマの尾っぽも、2階のベランダの蝉も見えるようになりましたか?
それに、「アタゴオル」シリーズ、思い出させてくださって嬉しいです。追記しました♪ (=^・^=)
セミの天ぷら、実は『昆虫記』のファーブルが家族と一緒に食べたんだとか!
西洋人はセミや虫の声が騒音としか聞こえないので、
苛立ったファーブルが発案したんですって。
ファーブルたちには固すぎたようですが
高温でこんがり香ばしく揚げると結構イケるとか。
そういえば、東南アジアにも昆虫を食べる文化がありましたっけ。
数年前、セミが2階の寝室に飛び込んできて鳴きわめいた時は頭が割れそうになりました。
コウモリがベッドの上を走ったこともあります。
住宅地にあるとは思えない我が家です。(^^;)
Commented by snowdrop-uta at 2018-07-31 15:16
*pikoさん
おかげさまで波乱万丈な朝でした~
アライグマ君のぶっとい背中と縞々の尾っぽも、ご覧になってくださいね。
新体操するセミも!
猫って、セミを口の中で鳴かせたりするそうですが(大島弓子の猫エッセイ漫画)、野生を残しているんでしょうね。。。
Commented by merbleu-21 at 2018-07-31 18:27
こんにちは。

なんともsnowdropさんのお家は自然がいっぱいですね!
カタツムリにてんとう虫さん、アライグマが出現するかと思ったら蝉さんも。
私の家は本当にどんどんスキマ自然がなくなって行く住宅地にあるので、なんだかびっくりです。でも、そういえば、オートドアになっているエントランスを抜けていろいろな動物が飛び込んだりしているという注意書きがあったのを思い出しました。
虫さんにはめっぽう弱いので、セミの天ぷらにはびっくりです。
萬斎さん、五輪の開会式の総括監督、一気に期待感が大になります。
Commented by snowdrop-uta at 2018-07-31 20:51
*merbleuさん
住宅地の端っこで、庭の向こうには元は里山が広がっていたんです。
むかしはキジもタヌキもやって来ました。
今は山を削って住宅地にしてしまったので、蛙の合唱も聴けなくなりました。
たまにイタチは見かけますが、行き場をなくしてさまよっている感じで
胸が痛みます。
だから、好奇心旺盛な元気そうなアライグマに会えて、とっても嬉しかったです。
虫といえば、ムカデは困ります!ここ数年増えた蜘蛛も厄介で…ヤモリが活躍してくれますが。
セミの抜け殻、子供のときのお人形遊びで怪獣を演じてくれましたっけ。
萬斎さんの「蚊相撲」が大好きです。五輪が待ち遠しい!

Commented by pintaro23 at 2018-08-01 10:51
いわさきちひろ・ベアトリクスポターの絵は永遠に愛されるものですね。
幼稚園時代のキンダーブック(大判の薄い絵本)「光のくに」だったかな?の絵が、いわさきちひろさんだったので、ずっ~と覚えていました。
子供の表情が豊かで可愛くて、ほんわかします。

アライグマが出現とは!しかもしっかり、こちらを見つめていますね。凄いわ~
可愛いけど爪が鋭く、田畑を荒らしたりするそうですね。

昨夜22時過ぎにジージーとベランダの壁にとまって鳴き出した蝉がいました。
夜になっても30℃とか気温が下がらないからでしょうね。
Sabio
Commented by snowdrop-uta at 2018-08-01 18:32
*Sabioさん
いわさきちひろとベアトリクス・ポター、どちらもほんわりしますね♡
それぞれ画家と植物画家を目指して写生の訓練を積んでいるせいか
安心して見ていられます。
いわさきちひろが表紙を飾っていたのはきっと『ひかりのくに』ですね!
やわらかな心をもつ子供には、こんな表情豊かで色のきれいな絵を最初に届けてあげたいです。

このアライグマは人を警戒することをまだ知らないようで、
何度も伸びをしたり、こちらを見つめたり…おかげで何とか撮れました
かわいい顔に似合わず、爪が鋭いのですか!蝉も災難ですね~

夜、ガラス張りのダイニングで電気を点けていると、ケヤキの蝉がガラス窓にぶつかってくるんです。ちょっと可哀そう…
街で花火を上げる夜は、ドーンと鳴るたびにジャジャッジャッと大騒ぎです。
Commented by Iolite-Spica at 2018-08-02 21:26
こんばんは。
お家でアライグマが現れるなんてすごいですね。
私も、アライグマ=ラスカル世代です(*^_^*)
Commented by milletti_naoko at 2018-08-02 22:45
いわさきちひろさんの絵、ずいぶん久しぶりに見ました。
おやゆび姫の絵でしょうか。色使いもきれいですね。
昔とても好きで、小学生だか中学生の頃に
まねして絵を描いたりしたことを、なつかしく思い出しました。
蝉の鳴き声は少なくともイタリアのわたしの周囲では、
夏の風情ある歌声として聞いている人が多いように思います。
Commented by snowdrop-uta at 2018-08-03 06:59
*naokoさん
いわさきちひろ、私も真似して水彩画を描きました。にじみや、たらしこみなど…
この旅ではアンデルセンのオーデンセも訪ねました。
街角にブロンズ製のおやゆび姫のオブジェがあったんです。
それで帰国後、家にあったちひろの絵葉書を旅のアルバムの扉に貼りました。

さすが音楽の国、イタリアですね!
蝉の声を騒音ではなく歌声と聴く人たちが日本以外にいると知って
とっても嬉しいです。
関西では「しぇみしぇみ」、南仏では「シカシカ」と鳴きますが
イタリアでは「チカチカ」でしょうか?(鳴き声から名前がついたようなので…)

Commented by snowdrop-uta at 2018-08-03 07:01
*藍さん
「ラスカル世代いまは昆虫愛世代」(字余り)ですね!
この家に住んで数十年、アライグマは初めて見ました。(^O^)
by snowdrop-uta | 2018-07-31 07:00 | 鳥獣虫魚に寄す(animal) | Comments(12)

*雪ごもりした小鳥がまねる百の鳥の歌…* (All Rights Reserved)