きのうは母の日 * HIER * À la fête des Mères

c0345705_18141773.jpg
 


室生寺の石楠花(シャクナゲ)はリラ色だけではありませんでした。(4月撮影)

Des azalées du Murou-ji sont non seulement mauve mais aussi rouge, jaune, etc.




f0374041_16141229.jpg



赤いシャクナゲの庭に遊ぶ白羊…
これは、お寺で出会った男性の亡きお母様の形代(かたしろ)です。
未年(ひつじどし)のお母様と、いつもご一緒なのですね。
私も一緒に撮らせて頂きました。

Voici un mouton regardant des azalées rouges.
C' est
le substitut de la mère défunte(née au Mouton)d' un homme.
Il est toujours avec sa mère, ce mouton.



f0374041_17053160.jpg



室生寺の庭から…”月の夢” のようなシャクナゲ
azalé
e d' or comme Rêve de la Lune au Murou-ji

シャクナゲはツツジの仲間です。

フランスの友の庭から… "リラの夢" という名のツツジと、忘れな草
http://doudou.gheerbrant.com/?p=24535
Azalée prénommée Rêve de lilas (Dream of Lilac) et myosotis (Forget-me-not )
Merci beaucoup, grillon!








母よ母よいづこに魂(たま)を遊ばせる ”リラの夢”?…"リラの薔薇"?…

est ton songe,
ma mère, qui aima France,
dans des Rose lilas ou
dans des
azalées Rêve de lilas
dans un jardin en France ?


c0345705_17251964.jpg



5月の靭公園から…”ライラック・ローズ(リラ色のバラ)” という名の薔薇。 
Rose named Lilac rose * Utsubo Park, Osaka

そして
樗(楝) (おうち)あるいは栴檀(せんだん)。英語ではペルシアのリラ
(着物姿の母に似た花です)
Persian lilac like snowdrop' s mother in kimono mauve



f0374041_17081444.jpg




おまけ*Bonus
「たそがれ」という名の薔薇*Rose prénommée Crépuscule

うすむらさきの薔薇は、どれも謎めいた美しさをたたえています。
その多くが、青い薔薇になれなかった品種だからかもしれません。

Chaque rose mauve est mystérieuse.
C' est parce que elle est souvent la rose qui ne put pas devenir celle bleue?



f0374041_17023271.jpg




今年もローラさんがキャロラインお母さまのために素晴らしいお菓子を…

今年のフランスの母の日は5月20日、あるいは5月27日だそうです。
そこで遅ればせながらリッチリンクさせていただきました。
気づいた方はラッキーですね♡




Special thanks to Caroline and Laura, wonderful mother and daughter!

(All Rights Reserved)


新緑写真&お気に入りのお出掛けスポット!【PR】





[PR]
トラックバックURL : https://ramages1.exblog.jp/tb/29787546
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by pikorin77jp at 2018-05-14 21:32
こんばんは!石楠花もこんなに色があるのですね。室生寺の石楠花 綺麗です。私も未歳生まれです。そのお母さまは 私よりひとまわりかふたまわり上の方かな、と数えてしまいました。 もしかして同じ歳だったり、、、
リラの薔薇、、、雨上がりでしょうか、、、瑞々しいです。リラの薔薇とは  リラ色の薔薇、という意味があるんでしょうか?
Commented by milletti_naoko at 2018-05-14 22:14
シャクナゲの花、どの色も模様や色に個性があり、それぞれに美しいですね。お友達の庭、こんなに小さいかわいらしいツツジがあるのですね。名前は色から来ているのでしょうか。ツツジにバラと、リラの色を思わせる花が多く、そういう名を持つ花があることも興味深いですし、どの花もとてもきれいです♪
Commented by snowdrop-uta at 2018-05-15 06:13
*pikoさん
山の石楠花はリラ色ばかりですが、お庭の石楠花はカラフルで驚きました。
その男の方はご年配とお見受けしましたから、おそらくふたまわり上の方でしょうね。
雨上がりで日差しが弱そうだったので撮影に行きました。微妙な色が出しやすいし、涼しいので。
lilac (ライラック、リラ) には、「リラ色の」という意味もあります。
本文を分かりやすく手直ししました。ナイスな疑問、ありがとうございます。^^
Commented by snowdrop-uta at 2018-05-15 06:20
*naokoさん
シャクナゲやツツジ、こんなに色々あるとは知りませんでした。
友人の庭には青いツツジもあるんです。イタリアにもあるのでしょうか?
「リラの夢」は優しいリラ色に由来する名前だと思います。
そちらにも野茨やオールドローズが咲き始めましたね。うっとり拝見しています。
Commented by hillfigure at 2018-05-15 08:29
おはようございま〜す!
リラつながりのお花尽くしですね、どのお花もとってもきれい(*´ω`)
中でも月の夢のやわらかい黄色と
可愛らしい姿で集散するシックな色合いのペルシアリラのが目をひきました♪
それにしても。。。とってもキューとな形代ですね〜( *´艸`)クスッ♪
こんなかわいい形代なら私も憑依してこの素敵なお庭を眺めたいにゃ〜(∩∀`*)キャッ
Commented by snowdrop-uta at 2018-05-15 18:40
*cocoaさん
リラつながりについて来てくださってありがとうございます。
「月の夢」ってsnowdropのつけた呼び名なんですけど、
きれいな黄色を味わうよすがになったら嬉しいです♪
栴檀(楝)の花、遠くて小さくて、ピントや色味を合わせるのが大変でした。
キュートな形代、そう呼んでもらえて、羊さんも喜んでいると思います。(*^^*)
Commented by 1go1ex at 2018-05-15 20:24
ライラックローズ、きれいですね!
露をまとった開きかけの姿、
周囲の、色の濃い蕾も美の極致です。
開ききったバラよりも、開きかけのバラや蕾の方が
趣がありますね。
拙ブログでもバラの写真をたくさんupしていますが、
こんなに美しいのは一枚もありません。
Commented by 1go1ex at 2018-05-15 20:27
拙い句を一句

  母の日や中年男子の手にも花

義弟(57歳)が母の日に義母の部屋(有料老人ホームです)にカーネーションをアレンジしたものを持って来ました。
とてもセンスの良い、紫がかったカーネーションの組み合わせでした。
日頃はろくに喋らない、無口な人です。
花屋さんでカーネーションを求める女性たちの行列に加わったのかなあと想像しました。
Commented by snowdrop-uta at 2018-05-16 15:32
*1go1exさん
ライラック・ローズ、雨で少し傷んでいて
この一輪がいちばん綺麗でした。
また晴れの日が続いたら、残りの莟が開くことでしょう。
1go1exさんもバラを撮っておられたのですね!
きれいですよ!どんな公園かよく伝わってきます。

俳句も見せてくださってありがとうございます。
また日を改めてリコメさせて頂くのを楽しみに♪
(お菓子を一つとっておきたい気分と似ています)


Commented by snowdrop-uta at 2018-05-17 06:40
*1go1exさん
中年男子、って不思議な呼び方ですね。
花屋さんではにかむ少年の心を秘めた年配者、という感じでしょうか。
もともとお洒落な方なのでしょうか。
お母様のお好きな色なのでしょうか。
それとも、花屋さんで素敵な店員さん(女性?)に勧められたのでしょうか。

母のためむらさきにほふカーネーション君は選びき言葉すくなく

アイリスの紡錘(つむ)に心を許しますな百年眠る姫もありしを

短歌は長めなので、物語を詠みこみたくなるんです。^^
Commented by snowmarch321 at 2018-05-17 20:05
snowdropさんのお母さま、栴檀の花を思わせるような方でいらしたのですね。
Persian lilac…リラ繋がりの最後にお母さまのお花、偲ばれてのことなのでしょうね。。
栴檀の花を実際に見たことはありませんが、栴檀というと香り高く上品で慎ましやかな香りを思い浮かべます。

そのほかのリラ繋がりのお花の名前もどれも雰囲気があり素敵ですね♪


Commented by snowdrop-uta at 2018-05-17 21:10
*snowmarchさん
栴檀の別名は楝(オウチ)、「夏は来ぬ」の歌に出てくる鄙びた花でもあります。
♪楝散る川辺の宿の窓近く蛍飛び交い…
河原などでよく見かけますが、丈が高くて、薄紫の花になかなか近づけません。
チャンスがあれば、香りをかいでみたいです。
わが家族の間では、ママの木と呼ばれています。^^
花の名前を調べてゆくと、その花がいっそうゆかしく感じられますね♪
Commented at 2018-05-17 23:14
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2018-05-17 23:20
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by snowdrop-uta at 2018-05-18 15:17
*snowmarchさん
インドで子供時代を過ごしたなんて、まるで小公女セーラですね!
栴檀は双葉より芳し…きっと賢い女の子だったのでしょう。

お三時に、あぷりのお茶会をのぞいてみました。
とても読みやすい、きれいなブログですね。
栴檀と白檀、複雑な関係をよく整理しておられます。
じつは窓から見える楝の木があって、その実は毎年晩秋から冬にかけて、ムクドリやヒヨドリの餌になります。

白檀の扇、うちの母も持っていました。中国で求めたものもありましたっけ。
透かし彫りの扇と、風草(風知草?)とをからめた歌を詠んだこともあるのですが
草穂がsnowmarchさんのようにうまく撮れなかったので、ブログには載せませんでした。

ブログって、あわてんぼうにぴったりの遊び場かもしれない、とよく思います。

Bonne soirée!(あわてんぼう?いえいえ、けっこう早い時間から使うみたいです)

p.s. De rien!
Commented at 2018-05-25 10:45
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by snowdrop-uta at 2018-05-25 17:40
*鍵コメさん
ていねいなご説明をありがとうございます。
風知草のこと、よく知らなかったので、勉強になりました。
あのね、
詩歌の世界では勘違いの作品もOKみたいですよ。
それがいい作品なら、それでいいんです。
待宵草と宵待草みたいに…

せっかくだから、追記の薔薇のお菓子、おまけの「タソガレ」ともども、ご覧になってくださいね。
昨年の母の日にリッチリンクさせて頂いたブロ友さん達が、今年も素晴らしいお菓子の記事を作られたんです。
気づいた方にはきっといい事があります♡


by snowdrop-uta | 2018-05-14 20:25 | 花草木に寄す(plant) | Trackback | Comments(17)

*雪ごもりした小鳥がまねる百の鳥の歌…* (All Rights Reserved)