春を告げる花 * la fleur qui annonce la venue du printemps

f0374041_13360530.jpg

短冊形の写真に隠れているのは…(答えは記事の後半に*2月撮影)* Qui est caché dans cette photo en forme de tanzaku




浪花のお城の梅林で、与謝野晶子の『梅花集』の歌の短冊を見かけました。晶子先生に背中を押してもらって、拙い梅の歌を詠みました。

Au jardin de prunier du Château d' Osaka, j' ai trouvé des tanzaku (petite carte verticale utilisée pour écrire un poème) qui portent des tanka sur la fleur de prunier de YOSANO Akiko. Je voudrais suivre son exemple et composer mes tanka maladroites. 
https://fr.wikipedia.org/wiki/Akiko_Yosano


f0374041_13333755.jpg


緑萼枝垂


み空よりこぼるる星か白梅のしだるる枝はみな天をさす snowdrop
les étoiles du ciel?
des brindilles de prunier
avec des fleurs blanches,
elles toutes indiquent
le ciel comme leur origine




f0374041_13351540.jpg

緑萼



一もとの梅匂ふなり山国の日は橇に乗り遠く去れども 晶子

un prunier embaume
même si des jours à un pays montagneux
sont passés
dans le lointain
sur un traîneau
(tanka de Akiko, traduction de snowdrop)



f0374041_13490061.jpg



梅の香は 昔をとこの袖の風 をみなは刹那 をとめにかへる snowdrop
un parfum de la fleur de prunier
sur le vent des manches d' un homme du passé,
il change
sur le moment
une femme à une jeune fille du passé



f0374041_13343612.jpg



紅梅を透して見れば池の端 孔雀の色す春の夜明に 晶子

au travers
des fleurs rouges de prunier
le bord d' une mare
est en couleur de paon
à l' aurore du printemps
(tanka de Akiko, traduction de snowdrop)



f0374041_13365492.jpg

八重海棠

「与謝野 晶子 フランス」の画像検索結果

帽子の晶子さかい利晶の杜HP
http://www.sakai-rishonomori.com/en/


暗きより暗き閨にぞ香の通ふ見えぬ光の添ふ梅ならん 晶子


晶子の歌は
和泉式部の和歌をふまえているようです。二人とも情熱の歌人でした。


「和泉式部」の画像検索結果
Izumi Shikibu
(Encyclopædia Britannica)



暗きより暗き道にぞ入りぬべきはるかに照らせ山の端の月 和泉式部


「ももさえずり 平家納経」の画像検索結果

平安時代の経典に描かれた月

c0345705_15293668.jpg

月の桂



野に生ふる白梅の蕊(しべ)びつしりと少女の頬のうぶ毛にも似て snowdrop
des étamines
des fleurs de prunier sauvage
sont denses
comme le duvet
des joues de jeune fille


f0374041_13393791.jpg


八重野梅


梅の枝胡弓の棹に似たるをば娘抱けり房州の汽車 晶子
une jeune fille
tenait dans ses bras
des brindilles de prunier
comme l' archet de la kokyu vièle
dans un train de la province Boshu (Awa)
(tanka de Akiko, traduction de snowdrop)


f0374041_13382439.jpg



梅東風(うめごち)に夢見ごこちのみつばちはつかのま憩ふうぐひすの宿 snowdrop
étant ivre
du vent d' est de prunier
une abeille
re repose un moment
dans une auberge de rossignol



f0374041_13360530.jpg


「鴬宿」にやどる蜜蜂abeille dans Auberge de Rossignol



くれなゐのしだれの枝に風吹けばただ袖とのみ見ゆる梅かな 晶子
quand le vent souffle
sur des brindilles de prunier pleureur
avec les fleurs rouges
elles ont l' air
des manches d' Anciens

(tanka de Akiko, traduction de snowdrop)


f0374041_15302898.jpg


春鹿の盃に隠れているのは…? ロゼワインの底に鹿が沈んでいます。^^

Qui est caché au fond d'un verre de Cerf PrintanierC'est un cerf qui s' enivre au vin rosé.


梅は「春告草」とも呼ばれます。

春はきぬ誰が告げしか ふりかへり見れども見えず 見えねど香る  snowdrop


a0332314_15344187.jpg
a0332314_15350795.jpg


うぐいす餅
と紅梅餅*Mochi cake in the shape of a nightingale and a red plum flower
守田蔵氏の撥鏤菓子切り*Bachiru pick made by MORITA Kura(photo in 2016)

(All Rights Reserved)







Commented by pikorin77jp at 2018-03-17 20:52
こんばんは! なんと綺麗な梅の写真。。。 咲き誇っていますね。ボケも入ってとっても綺麗だと うっとりしながら 見せていただいています。今日はおじいちゃんの記事にコメントありがとうございます。おじい様 戦地から 薔薇の便せんで、、、これはとっても素敵なお話、、、 おばあ様に出すために こっそり戦地にもっていかれていたのでしょう。やはり コピーより写真ですよねコピーは単なるコピー。写真には 魂も入ると思います。 無理しないで 自分のできる範囲内で 撮らせていただこうかなと思います。ありがとうございます。
Commented by 1go1ex at 2018-03-17 21:21
数日前、家の近くの梅林に行ってみたのですが、梅はもうほとんど終わりかけていました。
もう1週間、早く行けばよかった!
こちらで咲き誇る美しい梅の写真を何枚も見せていただいて、うれしくてたまりません。
与謝野晶子の歌って、あまり読んだことがないのですが、割と古風というか、王朝風な歌が多いのですね。
Commented by snowdrop-uta at 2018-03-19 06:23
*pikoさん
ほめてくださってありがとうございます。
じつはカメラを新調してから狙ったところにピントを合わせにくくなってしまって
この日の写真も、ベソをかきたい気分で撮ったんです。
祖父の手紙、叔父からカラーコピーさせてもらいましたが
やっぱり写真に魂を入れるべきだったと思います。
「おじいちゃん」はきっとそれが分かっていてご依頼なさったのですね。
ぴこさんならきっと入魂のお写真が撮れると思います。
Commented by snowdrop-uta at 2018-03-19 06:30
*1go1exさん
毎年咲く花も、今年の花は一期一会ですね。
梅を見送っていたらもう桜の開花便りが…時が移る速さといったら!
ピントの甘い梅ですが、観梅気分を味わって頂けたなら嬉しいです。
与謝野晶子は源氏物語の現代語訳も手がけていて、古典をふまえた歌も多いです。
フランス旅行中にはコクリコの歌も!

Commented by snowmarch321 at 2018-03-20 23:25
本当に見事な梅の花ですね。
梅が馥郁と香ると言いますが、このお写真を見ていると本当に馥郁と感じれられて来ますね。
1枚目のお写真にかくれんぼしている小さな子、見つけました。みつばちマーヤですよね?
懐かし区思い出すたのでつい書いてしまいました。。
みつばちマーヤって。
今はみつばちハッチの方が通りが良いでしょうか。

コメント欄を閉じていて失礼しています。
これから、また開けるつもりです。
どうぞよろしくお願いいたします。
Commented at 2018-03-20 23:37
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by snowdrop-uta at 2018-03-21 08:48
*snowmarchさん
コメントをどうもありがとうございます。
「馥郁」ということば、大好きです。拙い写真から香りを感じてくださったようで嬉しいです。

はい、マーヤですよ!ハッチもマーヤも、小さい頃からsnowdropのお友達です。
マーヤの本はいまも書棚にあります。子供むけに翻訳したのを昔、叔父夫婦がくれました。
フランスではマーヤの方が通りがいいです。^^

丁寧なお知らせをどうもありがとうございます。 おたがいマイペースでぼちぼちゆきましょうね。
Commented by milletti_naoko at 2018-03-21 18:01
梅の花、どれも本当にきれいですね。snowdropさんや与謝野晶子の美しい歌との相乗効果で、香りや色がさらに存分に楽しめる気がします。学校で学んだものや、教えたものを知るばかりで、こんな歌もあったのかと改めて発見、いろいろないい歌を作っているのだなと思いました。
Commented by snowdrop-uta at 2018-03-22 07:00
*なおこさん
海の向こうまで梅の香りが伝わったようで嬉しいです。
与謝野晶子、国語の先生が『みだれ髪』から沢山紹介してくださったのを思い出します。
人生の色んな時に、色んな場で、色んな題材で営々と歌を詠む大切さを教えてくれます。そういえば
「金色のちひさき鳥のかたちして銀杏ちるなり夕日の丘に」という晶子の一首を思いながら
スクロヴェーニ礼拝堂(ジォットの壁画で有名)の歌を詠みました。帰国後、写真を見ながらでしたが…
by snowdrop-uta | 2018-03-17 18:15 | 花草木に寄す(plant) | Comments(9)

*雪ごもりした小鳥がまねる百の鳥の歌…* (All Rights Reserved)