青い実、赤い実… * blue berry, red berry…

フォト


今度こそ、アイスクリームにウェハース?いえいえ、これは朝ごはんのヨーグルト。
snowdropはアイスクリームもシャーベットもほとんど食べなくなりました。

The ice cream and wafer? No, it's yoghurt (in my petit déjeuner).
Snowdrop rarely eats cold things such as ice cream or sorbet now.

お祖母ちやん手製の昭和のアイスクリン 卵のいろと たまごの味と
my grandmom's
handmade ice cream
in the Showa period…
with egg-colour
with egg-taste



f0374041_15274947.jpg



冬の朝でもひんやりしたヨーグルトを食べようと思えるのは、このエッセイを思い出すから。

「信州では、六月から七月にかけて果樹がみのり、私はこの期間に次々にジャムを作った。(…)一茶が詠んだ「雪五尺」の雪の季節になると、(…)白い朝の世界で白いヨーグルトに、夏や秋のかたみのような色の美しいジャムを混ぜて食べるのだ。(…)暑かった初夏、やわらかい秋の陽光をそれぞれ思い出しながら(…)
 天からの賜物のような色彩を食べるという巧まざる演出を思いついたのも、色彩の欠乏のためであろう。スエーデンや越後の婦人たちのように織ることのできない私にとり、食うことで辛うじて色彩へのつながりを保っていたようである。(…)」 ― 太田愛人「雪」


Every time snowdrop eats yogurt in winter morning, she remembers an essay of OTA Aito's.

”In Sinshu, various trees bear fruits from June to July, when I made various jam one after another.(…)in the season of "five feet of snow" by Issa, in the white morning world, I eat white yogurt mixed with colorful jam like the souvenirs of the summer and autumn(…)recalling the hot summer and the autumn filled with mild sunlight(…)Eating the colours like gifts from Heaven, this idea must have been born from the lack of the colours in winter. As I cannot weave a colorful cloth like the women in Sweden or Echigo, I can barely keep the connection with the colours by eating(…)” ― Snow by OTA Aito, translated by snowdrop



f0374041_09503460.jpg


「苺さん、いつも頂いてばかりでごめんね。なんの贈りものもできなくて…」
「蜂さん、私のジャムであなたが喜んでくれる、それが何よりの贈りものよ」
(snowdrop意訳)



ドイツで求めたイーダ・ボハッタおばちゃまの絵本、ドイツ生まれのおじちゃまに…
ベッドのなかでは、一番読みやすい言葉はきっと一番初めに覚えた言葉でしょうから。

This picture book is selected for you, who was born in Germany.
The mother language should be the easiest to read in your bed.
If you are still KO, not too hard work, OK?



f0374041_09453687.jpg



黒苺はトゲだらけ、ちくっと刺したら血が出ちゃう
だけど果実はとっても甘い
ときどき君もちくっと刺すね やんちゃな子供がやるように
その一時は痛いけど、すぐにうっとりしちゃうんだ
(snowdrop抄訳)



ルーアンのホストファミリーの朝の食卓に、マダム手作りのすぐりジャムの大瓶がありました。
見た目も食感も、自家製の海苔の佃煮を思わせました。フランス版「ごはんですよ!」

I have seen a bottle of handmade gooseberry jam on the table of my host family in Rouen.
Both the appearance and mouthfeel were like those of the laver boiled in soy sauce. ”On mange!”


パンにジャム ごはんに海苔は 東西のおふくろの味 よい一日を! 


Jam on bread in France
Nori on rice in Japan

both are
mom's home cooking
Bonne journée!



f0374041_09450181.jpg


苺と黒苺の出てくる絵本は左下↑(The above two poems are from Die braven und die schlimmen Beeren.)


ドイツの小さな絵本はあと三冊、それにイースターの中型本が一冊残っていますが…
春までおあずけ!だから、またね。私のだいじなお友達。。。

The other three books and Easter special one are put on the bookshelf until spring…, so that
Wiedersehen morgen, nächsten Monat, nächster Frühling, nächsten Weihnachten,…mein ewiger Freund!



フォト

voici ta chouette, mon ami!
et voilà, ton petit déjeuner
avec du yoghurt? (sourire)
(All Rights Reserved)











[PR]
Commented by liebekatzen at 2018-01-27 06:51
スイスからこんばんは☆
そちらは早朝ですね(笑)
ドイツ語も上手に翻訳されるのですね!
とても驚きました。
そちらも素敵な週末をお過ごしくださ~~い♪
Commented by pikorin77jp at 2018-01-27 10:31
好きな絵本にかこまれての朝食。素敵な絵になってます。
おばあ様のアイスクリン、復元できないのでしょうか?
Commented by snowdrop-uta at 2018-01-28 07:06
*liebekatzenさん
おはようございます&こんばんは。
スイスのドイツ語圏にお住いのliebekatzenさんにおほめ頂いて
とっても嬉しいです。
にゃんか変?と思われる所があったらぜひ教えてくださいね。
こちらは曇り空、エスキモーベッドがほしい冷え込みです。

Commented by snowdrop-uta at 2018-01-28 07:07
*pikorinさん、祖母の昭和のアイスクリン、
簡単な器械を使っていた記憶があるんです。
それが手に入れば、自分でも作れるかもしれません!
Commented by pikorin77jp at 2018-01-28 10:13
私の母が かき氷みたいに 手でぐるぐる回して作るアイスクリーム機をもっていました。私には もう魔法のマシンのように思えて そばでじっとアイスクリームができていくのを見ていました。
Commented by snowdrop-uta at 2018-01-29 06:14
*pikoさん、ひょっとしたら同じタイプのアイスクリーム機だったかもしれませんね!
これよりもう少し素朴なタイプだったと思うのですが、記憶がおぼろで…
http://img-cdn.jg.jugem.jp/66b/2645452/20170714_1600561.jpg
アイスクリンは祖母から、キヨブタはテレビから、自然薯掘りはジュン君から聞き覚えた言葉です♪
Commented by happysweet1205 at 2018-02-01 15:36
こんにちは
先ほどいただいたURLでお写真を見ました。
赤い鳥さん とっても綺麗ですね!
こちらにはいない鳥さんです。
こんなカラフルな鳥さん 撮ってみたいです。
Commented by snowdrop-uta at 2018-02-01 20:16
*happysweetさん
URLだけでなく、拙ブログにまでお越しくださってありがとうございます。
雪ごもりの今日、はぴさんのツルウメモドキの朱色が目に飛び込んできて…
とっさに、ネットで見覚えのある
猩々紅冠鳥(ショウジョウコウカンチョウ)そっくり!と思ったんです。

そちらにはカワセミがいるんですね!鳥の楽園!!
あこがれのウソも、サンコウチョウも、いつかこの目で見てみたいです。
by snowdrop-uta | 2018-01-27 06:28 | 四季の食卓(table) | Comments(8)

*雪ごもりした小鳥がまねる百の鳥の歌…* (All Rights Reserved)