野の草のおかゆ * not a carrot but a radish…


f0374041_11253897.jpg
ピーター/ルナールの「にんじん」




今年の七草がゆ。赤いすずしろが手に入ったので、ハツカダイコンをかじるピーターラビットの器によそってみました。
でも、七草が見分けられませんね…おそろいのカップには、ピーターの好きなカモミールのお茶を♪ (1月7日撮影)

Snowdrop cooks every year the rice porridge with seven spring herbs.
A radish like those of Peter Rabbit…here is a Japanese radish (daikon).
And a cup of chamomile tea, without caffeine, with the colour of soba-cha♪



f0374041_11312151.jpg

「seven herbs」の画像検索結果


(illustration*google search)
https://en.wikipedia.org/wiki/Nanakusa-no-sekku


じつは、七草を下茹でする前に撮影しておいたんです。ニンジンみたいに赤いすずしろ♪
たんぽぽ模様のランチョンマットに、若菜摘みをする古人(いにしえびと)の面影を重ねて…

Snowdrop took a picture for you before boiling them♪
Do you tell seven herbs apart on the place mat with dandelion-pattern?



a0332314_09212477.jpg




禅寺の厨(くりや)をまねび ひと晩を浸(ひた)せし米を火に掛くる朝

learning ZEN temple’srecipe
snowdrop soaked the rice in water all night
and boiled about one hour
in the morning of Jinjitsu,
one of the five seasonal festivals



Img_1049_868x1024_2Img_0013_799x800_2
ma photo pinteresté par grillon en 2016♡


わが家のお節料理、一番奥の一皿と干菓子を除いて手作りです(2015-16年撮影)
ペアの海老の写真、ブロ友のgrillonがpinterestに上げてくれましたっけ
お餅も頂きました。七草粥はお腹を休めるための優しい献立なのですね。

Snowdrop prepares every year traditional festive food for the New Year. We eat mochi also.
The rice porridge with seven spring herbs on January 7th is good for our tired stomachs.



神棚 ↓(small indoor shrine)

f0374041_11341187.jpg


snowdrop's calendar (2018) representing a kitchen in the Meiji Period



今年は明治維新150周年、明治の瓦斯(ガス)にちなんだ暦を…お屋敷のお台所に、立派なお膳が並んでいます。↑

ついでに、昨年のクリスマスの朝の写真をもう一度。フィンランドのミルク粥とカレンダーです。↓



f0374041_22155705.jpg



Finnish calendar and milk porridge in 2017
Bonne alimentation, mon Jultomte (Santa Claus) !


(All Rights Reserved)








Commented by pikorin77jp at 2018-01-12 07:17
おはようございます! 
可愛い!! 七草がゆ とっても可愛いです。
ピーターラビットが食べにきそう。
それになんといっても
明治のお屋敷のお台所  凄く素敵です!見入ってしまいました。
こんな画像snowdropさんのところにこないと なかなかみることができない画像です。
ありがとうございます。
Commented by snowmarch321 at 2018-01-12 16:18
あけましておめでとうございます。
ご挨拶をしていたでしょうか?
遅くなってしまいすみません。

七草粥をよそったピーターラビットの器も、ランチョンマットも可愛いですね。
和の器も風情があって素敵ですね。
なんとなく、お母様のご趣味とsnowdropさんのご趣味の違いも窺われるような気がして。
うちでも母とわたしでは好みが違うんです。

赤いすずしろ、本当にピーターラビットのニンジンにピッタリ♪

今年もどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by snowdrop-uta at 2018-01-12 20:00
*pikoさん
コメントをありがとうございます。
わが家の七草がゆ、気に入って頂けて嬉しいです!
ピーターラビット、スズシロに惹かれて来てくれるかしら…
100年前のお台所、
おくどさんや円い柱時計に時の流れを感じます。
明治の特集番組などで台所が映るといいなと楽しみにしています。
Commented by snowdrop-uta at 2018-01-12 20:12
*snowmarchさん
改めまして新年おめでとうございます。
きっとsnowmarchさんの所と、snowdropの別宅とで挨拶を交わしていたと思いますよ。
わが家の気まぐれなしつらえ、おほめくださってありがとうございます。
母はぱっと華やかなものが好きでした。
snowdropは落ち着くものが好きですが、母好みの品に元気をもらうこともあります。

ピーターが喜びそうなすずしろ、お店で一生懸命選びました♪

今年もどうぞよろしくお願いいたします。お互い体にきをつけて、ぼちぼちゆきましょう。
Commented by pintaro23 at 2018-01-13 10:36
初めてコメントさせて頂きます。
いつもご訪問&イイネを有難うございます。

ピーターラビットと仲間たち、私も大好きです。
幼稚なモノやアニメには興味がありませんが、英国好きということもあり、ピーターラビットの世界には品さえ感じます。
何人かのブロガーさんがピーターラビットについて書かれていて、思わずコメントしてしまう次第です(笑)
英国周遊で湖水地方を旅した時、ベアトリクスポターの家にも行きました。
外国の物語らしく、ちょっと残酷なお話のあるんですよね。

このようにピーターの器に盛り付けると、七草粥も洋風に映りますね。
お正月用の羽子板のお皿も素敵です✨ 私も持っていますが、年に一度使うだけの貴重品です(笑)
これからもよろしくお願い致します。

Sabio
Commented by snowdrop-uta at 2018-01-14 07:00
*Sabioさん
こちらこそ、いつもご訪問&イイネをありがとうございます。
じつは以前、姉妹ブログ(ももさえずり*紀行編)でイイネを頂いたこともあって…
そこから数えると、思っていたより長いお付き合いだったのかもしれません。
このたび思い切って初(?)コメントをさし上げて良かったです。

湖水地方のポターの家、Sabioさんもいらしたのですね!
snowdropはアナログカメラ時代に訪ねました。
絵本のなかの湖も、庭も、インテリアも、実景そっくりでした。
青いチョッキも着ていない、ピーターになる前の野兎の絵や、
細密な植物画にも魅せられました。きれいごとでない自然の厳しい美しさ…
そもそも第1話から、衝撃の残酷さですものね!

Sabioさんの羽子板のお皿、こんなに素敵なのがあるのね、と嬉しくなりました。
こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願いいたします。
Commented by teineinakurasi at 2018-01-14 17:40
snowsorp-utaさん、こんばんは^^
七草がゆ、ピーターラビットの
赤いすずしろ、が入ってなんて夢のある七草がゆなんでしょう^^
ピーターラビットのお皿に入れるとかわいいですね。
おかゆを作る前に、七草のお写真を撮ると
それぞれに植物の特徴がよくわかっていいですね♪
私も来年はそうしてみます^^
フィンランドには、ミルク粥があるのですね。
お腹にやさしいおかゆは疲れた胃腸をいたわってくれますね。
Commented by snowdrop-uta at 2018-01-14 19:53
*sakuraさん、こんばんは。^^
sakuraさんのお家の七草がゆ、
ほんのり焼けたまあるいお餅が入っていて、
とっても美味しそうでした♪
テーブルには手作りの餅花がゆれて…♡
オリジナルな和のしつらえ、和みます。

今年は赤いスズシロが嬉しくて
茹でて刻む前に、写真を撮ることにしました。
ミルク粥は、フィンランドのユースホステルで毎朝頂きました。
バターも入っていて、ボリュームがあるんです。
風邪を引いたりした時は、やっぱり日本の白がゆと梅干が恋しくなります。
by snowdrop-uta | 2018-01-12 06:18 | 四季の食卓(table) | Comments(8)

*雪ごもりした小鳥がまねる百の鳥の歌…* (All Rights Reserved)