人気ブログランキング |

雨とささがに * Artisane Araignée


f0374041_19520345.jpg




秋いろに染められてゆく桜もみぢにしき縫ひとる水晶の雨

le feuillage de cerisier  colorisé par des pluies automnales 
cette tapisserie  est constellée  de cristaux de la pluie


「鍋島徴古館 バッスルドレス 」の画像検索結果


小袖地のバッスル・ドレス(鍋島徴古館HPよりお借りしています)*Bustle made of kimono material (c.1890s)



f0374041_09472027.jpg





あきさめの糸を明け暮れつづれ織り しづく玉貫くささがにのわざ


des fils  des pluies automnales  tissant le matin et le soir

à faire des tapisserie de gouttes d'eau   l' araignée est l' artisane.




c0345705_10382525.jpg

(2016年撮影)
蟹のお干菓子 星空の主菓子

a0332314_11504140.jpg


蜘蛛は古語で、ささがに(細蟹)といいます。
クモ=小っちゃなカニ。似ていませんか?

Voici un araignée. Le petit crabe en l' ancien japonais.
L' araignée ressemble au crabe, n' est ce pas?



c0345705_10250961.jpg

雨霽(あまばれ)の弓張月を捕りてんげり (古語)
つかまえた! 朱い三日月 雨あがり(現代語)
attrapé! le croissant rouge  après la pluie

(All Rights Reserved)




Commented by 1go1ex at 2017-10-21 17:49
私のあまり好きでない蜘蛛も、snowdropさんの写真で拝見すると芸術品のようにきれい!
蜘蛛の巣は、レース編みかと見間違えました。

「水晶の雨」「あきさめ」「明け暮れつづれ織り」「朱い三日月」など、心を掴まれる表現がちりばめられています。
日本語の美しさにうっとりしてしまいます。
俳句もお上手なんですね。
Commented by snowdrop-uta at 2017-10-22 05:37
* 1go1exさん
おほめくださって、ささがに君も喜んでいると思います。
こんなレエスがあったら、朝な夕な取り出して眺め入ることでしょう。
昔の人も、露を貫(ぬ)いて取っておきたいとよく歌っています。

日本語って、ひらがなとカタカナと漢字を使って遊べるのが楽しいです。戯れているうちに思いつく言葉もあります。
俳句だなんて過分のお言葉を、どうもありがとうございます。キャプションに毛が生えて575に乗っただけです。
Commented by snowdrop-uta at 2017-10-22 08:56
* 1go1exさん、追伸です。記事末尾に古語の戯れうたを…
Commented by pikorin77jp at 2017-10-24 14:01
snowdropさん こんにちは。
もう見事な蜘蛛の巣に圧倒されてしまいます。
雨の雫を受けて 蜘蛛の巣三枚 どれも素敵なお写真ですね! バッスル・ドレスというものを初めてしりました、、、昔 映画で見たような 微かな記憶もあります。裾の白い玉は真珠なのでしょうか? 今のようにイミテーションなどない時代ですから 白い玉が何でできているのか、、真珠だったら凄いですよね。大玉すぎるから 違うのかしら、、私 真珠が大好きなんです。^^いずれにしても 豪華なドレス。お菓子もとっても可愛いですね! また 素晴らしいものを紹介してくださって ありがとうございます。snowdropさんの知的なこのお部屋が 大好きです。

Commented at 2017-10-24 16:00
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-10-25 06:23
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by snowdrop-uta at 2017-10-25 06:24
*pikoさん、お越しくださってありがとうございます。
ささがにクンの力作の巣、snowdropもファインダーを覗いて圧倒されました。
コンデジもびっくりしたのか、容量が大きすぎてブログにインストールできないんです。
圧縮したり、トリミングしたりして載せることができました。

真珠みたいな玉飾り、おそらくガラス玉に塗料をつけて、真珠に似せたのだと思います。
バッスルドレス、部分図で分かりにくいでしょうが、スカートの後ろ部分にふくらみのあるスタイルのドレスで、鹿鳴館時代に流行しました。ルノアールの絵にも出てくるんですよ。昨年来日したダンスの絵です。
https://artmoscow.files.wordpress.com/2015/05/renoir1.jpg?w=625&h=404

じつは、「海と真珠」を下書き中です。同じ蜘蛛の巣とは思えない写真が撮れたので。。。
Commented by snowdrop-uta at 2017-10-25 06:38
*鍵コメさん
夕べは優しい雨が降りました。今日は晴れてくるようです。
尽きせぬお話、しみじみ拝聴しました。不思議な縁(えにし)の糸、きっと何らかのかたちで、これからもつながってゆくと思います。
お越しくださってとても嬉しいです。
Commented by lecielbleut at 2017-10-25 22:51
こんばんは。

蜘蛛の糸の芸術品が小さな真珠をちりばめたネックレスのようで、美しさにうっとりします。
弓張月〜美しい言葉ですよね〜私もかつてハンドルネームに使っていたことがありました。懐かしいです。
Commented by snowdrop-uta at 2017-10-26 18:32
*lecielbleutさん、コメントをありがとうございます。
こんな細やかな意匠の真珠の首飾りがあれば、黒のドレスに合わせてみたいです。
弓張月のハンドルネームも素敵ですね!繊細で、凛としていて…
ブログ歴が長くていらっしゃるのですね、せんぱい。
Commented at 2017-10-27 18:11
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented at 2017-12-05 22:10 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by snowdrop-uta | 2017-10-21 06:08 | 鳥獣虫魚に寄す(animal) | Comments(12)

*雪ごもりした小鳥がまねる百の鳥の歌…* (All Rights Reserved)