f0374041_13554253.jpg


カウチ(寝椅子)で読書  📚  reading on a couch


左の一組の文庫本は、仲の良い男女の歌人がそれぞれ別の年に、別の出版社から出した本です。
カバー挿画を手がけたのは、ともに酒井駒子さん。まるで姉弟本のようですね。
この二人の歌人が架空の恋人に成り代わって詠んだ、相聞歌集もあります。→ 📚

右のもう一組の文庫本はともにアメリカ人の詩集です。両者に交流はありませんでしたが…

The left pair of books were published separatedly.
The authors are harmonious tanka-poets (Higashi Naoko/Homura Hiroshi).
The jackets of these two books were illustrated by one painter, Sakai Komako.
The right two were respectively written by E. Dickinson and R. Frost.






とあるブログで教えていただいたサイモン&ガーファンクルの「夢の中の世界」、ここに
「君はエミリー・ディキンソンを読み、僕はロバート・フロストを読む」という歌詞が♪(動画の1:05~)
男女それぞれが自分のお気に入りの詩集を、一つのカウチで読んでいる場面。
まるで小説のワンシーンのようです。想像をめぐらせてみましょう。。。

In The Dangling Conversation, lovers are reading his/her favorite book separatedly on a couch.
And you read your Emily Dickinson
And I my Robert Frost(…)
Like a poem poorly written
We are verses out of rhythm
Couplets out of rhyme(…)
Simon & Garfunkel - The Dangling Conversation



「Emily Dickinson」の画像検索結果「robert frost」の画像検索結果

ディキンソン(左)の詩は繊細、フロスト(右)の詩はシンプルです。(google search)


* snowdropの深読み *
歌詞のなかの「I(僕)」は地方出の真っ直ぐな青年。彼女に猛アタックし同棲を始めて数年、
いまだ韻を踏む一対の詩句のような恋人同士になれないことを悲しんでいる。
いっぽう、「you(君)」は内向的で知的な女性。
韻を踏む一対の詩句のような男女などありえない、と初めから醒めている。それでいて…

According to snowdrop's imagination…
while ”I” is a straightforward provincial who loves the outdoor
and regrets that they are NOT the lovers like verses in rhythm,
"you" is an intellectual introvert who does not believe in such lovers.



c0345705_21205435.jpg


「僕」「私(君)」に代わりてsnowdropの詠める
in place of "I(♂)" and "you (=I(♀))"


江は碧 山青くして 愛燃える はずやつたのに 。。。ちらほら咲きや

(based on Du Fu's quatrain) a river is green, a mountain is blue, and
red flower-love should have been in full bloom。。。but only here and there


春はきらひ黄いろい森に隠れませうあなたから?― あなたとともに

I hate spring, I will hide in a yellow woodfrom you? ― with you



a0332314_11050166.jpg



そんな二人はいつの日か、こんな子供用品店を訪ねたりしたでしょうか。
愛から生まれたもののために…

And yet they are to visit a children's clothing shop like this
for their fruits of union ?



f0374041_14163170.jpg





「ファミリア」(「キアリス」のモデル)の扉を開けるのは次回です♪
お隣の大丸神戸店で求めたチョコレートは4月に記事にします♡
スローなsnowdropですみません…

This pretty shop familiar is to be introduced next time. 🐻
Snowdrop's chocolate will be revealed in April this year.



f0374041_14170377.jpg




ヴァレンタイン・デイのチョコレートを探した大丸神戸店

DAIMARU KOBE where snowdrop bought her chocolate

(All Rights Reserved)











# by snowdrop-uta | 2019-02-17 06:24 | 大阪兵庫めぐり(Osaka, Kobe) | Comments(4)


(google search)


君知るや雅歌は地上の愛の歌やまとの歌をともに咲かせむ (2016年)


(Do you know The Song of Songs is the love song on the ground?
Let’s make bloom Japanese poems together! ) 

旧約聖書の雅歌はラブ・ソング集です ♡ もうすぐヴァレンタイン・デイ ♡ ♡


c0345705_10231827.jpg
























神戸ムスリムモスクから山の手へ数分歩くと、シナゴーグ(ユダヤ教礼拝所)があります。
キリスト教では日曜日が祝日ですが、
ユダヤ教では、金曜の日没から土曜日の日没が祝日です。
金曜の夜には会食が催されると、後から知りました。(全て撮影許可を頂いています)

A few minutes' walk from Kobe Muslim Mosque brings you to a synagogue.
While the Lord's Day in Christianity is generally Sunday,
the Sabbath in Judaism from Friday's sunset to Saturday's sunset.



c0345705_08260756.jpg










入口にはキッパと呼ばれる帽子とニンニクが用意されていました。なぜニンニクが?

By the entrance to the dining room, there were kippah and garlics.


「わたしたちにとっての特別のひとときは金曜日だった。<ヘデル>からの帰り、わたしは祖母の家に立ち寄った。祖母は窓際にいて、そこから私を呼んだ。『エリエゼルや…おいで、坊や、待っていたよ』祖母はかまどから出したばかりの、熱々の、編み上げて焼いた小型パンをわたしに差し出した」(エリ・ヴィーゼル著、村上光彦訳『そしてすべての川は海へ』)


f0374041_16483318.jpg
























厨房にはオーブンへ入れる前の三つ編みパン、ハラーが寝かされていました。酵母(たね)入りのパンです。
たね無しのパンは、ペサハ(過越祭)の土曜日に出されるのでしょうか。

They are "challah (loaves of white bread containing eggs and leavened with yeast)".
Unleavened breads will be served for Passover (pesach) ?



f0374041_16032922.jpg



宴まつ午後の窓べに光あふれシャローム(平和)といふ挨拶おもふ

a synagogue's window
on Friday afternoon
were filled with light
which reminds me of
a greeting, Shalom (Peace)




f0374041_16212488.jpg




旅先でも入ったことの無かったシナゴーグ。
「シナゴーグ」は、ギリシャ語の「シュナゴゲー(集会所)」に由来します。
一方、ギリシア語の「エクレシア(教会)」も、原義は「集会」です。ここから
ラテン語の「エクレシア」、イタリア語の「キエーザ」、フランス語の「エグリーズ」、
ドイツ語の「キルヒェ」、英語の「チャーチ」へと派生しました。

It was my first visit to the synagogue.
The synagogue derives from Greek "συναγωγή" (gathering).
And Greek "ἐκκλησία" means "assembly of citizens",
from which derived Latin "ecclesia", Italian "chiesa", French "église",
German "Kirche", English "church", etc.



f0374041_16210135.jpg



























この八枝形の燭台(ハヌッキヤー)は映画やニュース等で時々見ます。
ドイツのローテンブルクで見かけた蝋燭店(?)を思い出しました。

This hanukkiah (candle tree) reminds me of a candle shop (?) in Germany.



「ももさえずり 星の形の花 ローテンブルク」の画像検索結果


Rothenburg(2004年撮影)


リトアニア日本領事館の杉原千畝氏が発給した「命のビザ」により
ナチスの迫害から逃れて日本に辿り着いたユダヤ人難民の多くは、
神戸に数か月間滞在したそうです。ここのシナゴーグは
そんな歴史も目撃してきたのでしょう(礼拝所の史料は戦災で焼失)。

This synagogue should have witnessed the Jewish refugees who reached Kobe
thanks to thousands of visas issued by Chiune Sugihara (wiki) during the war.



f0374041_16234719.jpg




緋色の布には七枝形の燭台(メノラー)が刺繍されています。王冠や秤、植物も…。

The embroidery of menorahs, crowns, plants, etc.
There was no time allowed for quetions on Friday.



f0374041_16315113.jpg




ヘブライ語聖書でしょうか。
金曜のディナーの準備がおありでしょうから、質問や閲覧は遠慮しました。
神戸はさまざまな宗教施設のるつぼです。ジャイナ教寺院まであるとか!!

Variuos religious buildings are seen in this port town, Kobe.


三宮神社の境内からセントモルガン教会をのぞむ*from Shinto shrine, St. Morgan Church


f0374041_16361642.jpg
























水仙いろの内装のモスクもあります*There is a mosque also in Kobe.






わが家の植木職人さんの一人はイスラエル出身です*One of gardeners of our house is from Israel.


庭師らの一人の細身のイスラエルびとと交はせる「平和」の挨拶(シャローム)(2015年)


With a slender Israeli among Japanese traditional gardeners exchanged I greetings
“ Shalom
peace on you!





f0374041_20025341.jpg




 All Rights Reserved 













# by snowdrop-uta | 2019-02-11 06:44 | 大阪兵庫めぐり(Osaka, Kobe) | Comments(4)

タルトってどんな洋菓子なのかしらん…子供のころに夢みたお菓子 !? ↓

what is the tart?
here is the torttu,
the very tart
that I imagined
in my childhood!


f0374041_21023209.jpg





snowdrop、インスタ・デビュー? …ナンチャッテ
この写真は、神戸にある北欧カフェ markkaさんの
フォトジェニックなしつらいの力を借りて撮りました。

ルーネベリのタルトはフィンランドのカップ&ソーサーで(右)、
セムラはスウェーデンのお皿で注文しました(左)。

あら、タルトってこんなお菓子だったかしら?
タルトを知らなかった幼い日、想像したお菓子とそっくりです!

Snowdrop has started Instagram?
Thanks to a Scandinavian style cafe in Kobe, marukka,
I could take the above photogenic photo.
Their Finnish and Swedish tableware suit these cakes!
 


f0374041_06320310.jpg



雑誌「北欧雑貨と暮らす」で紹介されています。
markkaさんのHP(ルーネベリのタルト)はこちら →
🏠



ルーネベリのタルトは、フィンランド国歌()の詩人ルーネベリの
奥さんが創作した、スパイスクッキーや洋酒の入ったケーキです。
クリスマスに余ったクッキーや、夏にどっさり煮たラズベリーのジャムが
こんなに滋養たっぷりのオリジナル・スイーツに…
Tamuraさんが丁寧にこさえた、しっとりスパイシーなお菓子、北欧の浅い春の味です。

Runeberg's tart (Runebergin-torttu) is the original cake
in connection with Runeberg, a poet of Finnish national anthem().
The poet's wife used the spice cookies of Christmas, rum or sherry, and rasberry jam
to create this original and nutritious cake.
The cakes reproduced by Ms.Tamura call Scandinavian early spring.




f0374041_21381560.jpg



フィンランドでルーネベリの国歌を歌ってくれた友から贈られた暦(2月)
友が暮らす湖水地方のVirrat村のオリジナルカレンダーです(snowdropの私物)

Finnish calendar from my friend who sang for us their national anthem



やまとの立春の翌日、2月5日はルーネベリの誕生日です。
フィンランドの人たちはこのタルトを食べて国民的詩人を偲びます。
フィンランドのカレンダーにも「ルーネベリの日」が載っています。↑

Today is the first day of the spring in Japanese calendar.
And tomorrow, February 5 is Runeberg's birthday
when Finnish people eat Runeberg's tart.
Runeberg Day (Runebergin päivä)is on Finnish calendar !




f0374041_15011151.jpg


ポルヴォーの秋(1997年)*Polvoo, 1997



ルーネベリが晩年暮らしたのが、フィンランド第二の古都ポルヴォーです。
snowdropが訪ねたのは、今からおよそ20年前の秋の午後でした(上)。

J.L.Runeberg lived in Polvoo, the second oldest city.
Snowdrop visited this town about twenty years ago.
🍁 

いまの季節はきっとこんな感じ…春はまだまだ遠くに(下)。
(北欧の旅の帰りにヘルシンキの空港でもとめた雑誌から。
フィンランド語は分からないのですが、写真が素敵で♡)

Polvoo in February is like this? (Finnish magazine in 1997)



f0374041_21372353.jpg



ポルヴォーの冬(1997年の雑誌*snowdropの私物)*Polvoo in Advent



雪ふかき国は春をまちかねてお花のようなお菓子を焼くの

people living in
snowy countries
wait for the spring
so impatiently that
they bake flower-like cakes



f0374041_13475944.jpg

























(↑このカレンダー、本、絵ハガキはすべて snowdropの私物です)

4月のカレンダーを見ながら読書*まだ湖の氷の上を歩けるんですね!

April of Finnish calendar, where two persons still walk on the ice!!







竪琴をかなでる神のものがたりカレワラを読む立春の朝


Kalevala,
the epic poetry
which tells
old and wise Väinämöinen created the kantele
… I read it on the first spring day



f0374041_07033501.jpg




セムラはスウェーデンの謝肉祭最終日のお菓子。フィンランドではラスキアイスプッラと呼ばれます。
「セムラの日」にクリームたっぷりのお菓子を食べて、四旬節(精進期間)に備えたのです。
イギリスやフランスの「パンケーキ(クレープ)の日」と同じですね。今年は3月5日(火)です。

Semla (Scandinavian Lenten pastry, Laskiaispulla)is equal to
the pancake or crepe in England, Ireland, or France.
Pancake Tuesday is March 5 this year.





セムラ(ラスキアイスプッラ)、北欧でも1月からお店に並ぶそうです。
一見シュークリームのようですが、カルダモンの香るふっくらパンです。
トッピングの甘みを抑えたクリームと、アーモンドペーストのハーモニー♬
お料理上手なTamuraさん!12月のサフランパンも食べてみたいです。

Ms. Tamura bakes the Lussekatt also
every year, around December 13 (St. Lucy's Day) !!!!!!!!!!!!
I would like to show you it next December !!!!!!!!!!!!!



FIKA TIME 🍵

f0374041_21044131.jpg



店内はカフェメニューのみ撮影可。このアングルは許可をいただきました。


↓雑誌の別の頁に、このお皿(左↑)を見つけました。リンドベリのアスターです。

The above dish was on the below magazine's page, ASTER of Stig Lindberg.



f0374041_21110667.jpg







f0374041_21103778.jpg







































BGMは、優しい笑顔のOgakiさんがセレクトしたスウェーデン・ジャズ♪
アナログ・レコードのやわらかい音に包まれて、ヴィンテージ雑貨を眺めましょう。

Mr. Ogaki's collection of Swedish jazz (analogue record) is the soothing background music !




c0345705_20270159.jpg
























パール・ストリートには、こんな可愛い木の家のミニチュア!これならすぐお店が見つかります。
背後にそびえるお伽の国めいた建築はなあに?週末に「ももさえずり*紀行編」でご紹介します。

Here is a 3-D signboard of markka. How charming!
The mosque in the background is to be introduced in another blogue this weekend.



c0345705_20260372.jpg

















ミニチュアのお家の裏へ回ると、開店時間が表示されていました。
水木が定休日です。詳しくはmarkkaさんの店舗情報へどうぞ→🏠


(All Rights Reserved)








# by snowdrop-uta | 2019-02-04 15:14 | 四季の食卓(table) | Comments(6)

昨秋、若山牧水の短歌を英語とフランス語でご紹介しました(記事末尾)。あれからドイツ語もネットで探してみました。 (記事でも引用)


Wakayama Bokusui' s tanka is translated not only into French and English but into German. →  (to be mentioned later in this article)



f0374041_11123188.jpg




フランス語と英語では単数形の白鳥(しらとり)が ↑
ドイツ語では複数形の白鳥(はくちょう)です! ↓

Weiße Schwäne
seid ihr nicht traurig
so zu schweben
ungefärbt vom Blau des Himmels
vom Blau des Meeres

―Wakayama Bokusui
IN DER FERNE DER FUJI
WOLKENLOS HEITER
Moderne Tanka
Ausgewählt, übersetzt und mit einem Nachwort von
Eduard Klopfenstein ©
MANESSE VERLAG 



f0374041_16372071.jpg




フランス語/英語訳の歌集(左)に続いて、今年はドイツ語訳の歌集を入手しました(右)。
北斎の花鳥画による装丁が粋ですね!表題は「たえて桜のなかりせば」在原業平の和歌の一節です。
平安のドン・ジョヴァンニ、業平さま…次はイタリア語訳の歌集を探してみましょうか。

Snowdrop has got a waka-tanka anhology in German this year (right).
Do you find Hokusai's bird and flowers in the cover design ?
The red characters are the first part of Ariwara no Narihira's waka 🌸


「業平」の画像検索結果
(google search)
🌸 (tr. by snowdrop)
 if there were
no cherry blossoms

in this world,
my heart in spring
would be calmer


f0374041_10211686.jpg




二冊の本で共通して採られている短歌を見つけました。「馬追虫の…」長塚節の味わい深い一首です。
「うまおい」ってどんな虫?秋に鳴く「スイッチョ」です。
英語だと katydid(ケイティディッドゥ)、お馬に乗った紳士のようですね!
フランス語なら sauterelle(ソトレル)、こちらも軽やかです。
ドイツ語は Grashüpfer(グラスヒュプファー)、草の匂いが感じられます。
ちなみに、英語の grasshopper(グラスホッパー)はバッタです。

One tanka on a katydid by Nagatsuka Takeshi is on both these books.
The word "katydid" or "sauterelle" sounds lighter than Japanese "uma-oi"(SUITCHO).

Please listen to SUI…TCHO♪





けれども、この独特の声は歌のなかに出てきません。この歌のポイントは
「髭そよろに」
ふつうの日本語では「髭そよろ」となるところですが
「に」という助詞は「場所」を表すので、歌が理屈っぽくってしまいます。
また、重みのある「に」を繰り返すと、そのつど息継ぎしたくなり、
一陣の風のような秋の軽やかさが伝わらなくなってしまいます。
「うまおいのひげのそよろに来る秋は」と一息に読みましょう。
馬追虫の髭のように長い一節ですが!なんて繊細なお髭!

The above typical sounds, however, do not appear in this tanka.
The coming autumn is depicted delicately by the feelers moving with a breeze.
Its length is implied by the expression "umaoi no hige no soyoro ni"
when being read without taking a breath.
(A postpositional particle "no" connects smoothly these words.)


f0374041_13242735.jpg



























馬追虫の髭のように長い蔓草(2016年)*looong creeper like a katydid's feeler



「思ひみる」とは…
meditate(英)、contempler(仏)、bedenken(独)
いずれも「見る」というより「しみじみ思う」という意味です。
meditation(メディテーション、瞑想)という言葉は日本でもおなじみになってきましたね。
contemplerという仏語には、英語にもある「temple」(寺院)という単語が含まれています。
いずれもラテン語のcontemplari に由来するのです。
bedenken は denken(考える)に be-(十分に)という接頭語が付いて
「熟慮する」という意味になりました。いかにもドイツ人気質な単語です!

Omoi-miru (jp) = meditate(eg); contempler(fr); bedenken(de)
These foreign words share a sort of spiritual nuance.
For example, "contempler" includes "temple" (<contemplari, la),
and German prefix "be" means "well".



「漱石」の画像検索結果「proust」の画像検索結果「thomas mann」の画像検索結果



この時代の文化人の決めポーズは、皆この瞑想スタイルですね! (google search)

左から夏目漱石(英国留学した日本人)、マルセル・プルースト(仏)、トーマス・マン(独)

Soseki, Proust, Mann…all of them are meditating in photos ! And Bokusui also…?↓


「若山牧水」の画像検索結果




(All Rights Reserved)







# by snowdrop-uta | 2019-01-25 05:50 | 本棚から(book) | Comments(6)

f0374041_15125457.jpg



2018年11月、大阪市立中央公会堂は開館100年を迎え、館内を3日間公開しました。
特別室の漆喰塗の天井には、日本神話の一場面(天地開闢)が油彩で描かれています。
その下の半円形の小画面には、難波高津宮をひらいた仁徳天皇が…

高き屋にのぼりて見れば煙(けぶり)立つ民のかまどはにぎはひにけり  仁徳天皇



f0374041_11214335.jpg



















仁徳天皇陵(2018年10月)*Mausoleum of Emperor Nintoku(290-399), Sakai

去年の天候不順で松が枯れています…御陵は大き過ぎるので上空写真を。

This mausoleum is too huge for me to take a panoramic photo(NIKKEI)


f0374041_15414015.jpg



Osaka City Central Public Hall celebrated the 100th anniversary of the opening day
and opened the rooms to the public during 16-18 November 2018.
The ceiling of the special room represents Creation of Heaven and Earth by Japanese gods in oil painting.
A smaller semi-circular frieze shows Emperor Nintoku observing his country from a plateau.
His mausoleum is famous for the size like Khufu's Pyramid and for its typical keyhole-shape.



f0374041_05590489.jpg


日経新聞朝刊の連載小説の主人公は雄略天皇です。この長歌は万葉集の巻頭歌です。

Emperor Yuryaku (418-479) is the hero of a serial story in NIKKEI (morning).
His long poem quoted in this novel is the beginning of Man'yo-shu. (p.91)



f0374041_15122159.jpg




特別室のステンドグラス、いつも外から眺めていましたが
中から見るのは初めてです。

A semicircular stained glass of the special room from inside
and from outside.


f0374041_15110772.jpg


ネオ・ルネサンス様式の外観 * Renaissance Revival architecture


チーク材の扉には木工象嵌でバラを表しています。
公会堂の近くには中之島バラ園があります。

The marquetry of a teak door represents roses.
Nakanoshima Rose Garden is near this hall.


c0345705_12055769.jpg






f0374041_09244531.jpg








































食堂の扉の上には、果物を切り抜いた透かし模様板が嵌められています。

On a door of a dining room, various fruits are cutworked.


c0345705_12043266.jpg






















もう一つの食堂のステンドグラスも果物の意匠です。バラも見えます。

The stained glass in another dining room also is fruit(-and-rose)-design.


f0374041_19380488.jpg


























ヒノキ材の折上げ天井は日本独特の形です。

The coved ceiling of this dining room reflects a traditional Japanese style.


c0345705_12050040.jpg




創建当初のエレベータは現在は使われていません。階段を行きましょう。

The original elevator is not used today. Let's take the stairs.


f0374041_15445641.jpg








c0345705_12084354.jpg


















































手をつなぎ真朱(まそほ)の階段のぼったね今日踊り場で立ち止まってみる


we took red stairs
in our twenties
today, alone
I stop at the landing
of the same stairs




f0374041_20220754.jpg



今日は成人の日です。この二人は卒業式でしたが…(1990年代)↑

It is Coming of Age Ceremony today(January 14, 2019).
The above two were after their graduation ceremony in this hall(1990s).




c0345705_16290890.jpg




なつかしい薄紅色の着物、長い袖を切って
葡萄(えび)色に染め返してもらいました。
振袖と訪問着、それぞれの端切れを並べました。

My kimono has changed from pink to reddish brown.



Img_0288_800x592

中之島バラ園から中央公会堂をのぞむ(2014年)

Nakanoshima Rose Garden and City Hall

(All Rights Reserved)








# by snowdrop-uta | 2019-01-14 16:54 | 大阪兵庫めぐり(Osaka, Kobe) | Comments(8)

*雪ごもりした小鳥がまねる百の鳥の歌…* (All Rights Reserved)